あなたはまだ帰ってこない

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
あなたはまだ帰ってこない
あなたはまだ帰ってこない
3%
45%
28%
21%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愛人 ラマン」などで知られる作家マルグリット・デュラスが1985年に発表した自伝的小説「苦悩」を映画化。1944年、ナチス占領下のフランス。若き作家マルグリットは夫ロベール・アンテルムとレジスタンス運動に身を投じていた。ある日、夫がゲシュタポに逮捕されてしまう。マルグリットは愛する夫を取り戻すため、ゲシュタポの手先であるラビエと危うい関係を築き、情報を得る。しかしパリ解放後も夫の不在は続き、マルグリットは心身ともにぼろぼろになりながら彼の帰りを待つが……。マルグリットを「海の上のピアニスト」のメラニー・ティエリー、彼女に近づくゲシュタポの手先ラビエを「ピアニスト」のブノワ・マジメル、マルグリットを支えるレジスタンス運動の仲間ディオニスをミュージシャンのバンジャマン・ビオレがそれぞれ演じる。

2017年製作/127分/G/フランス・ベルギー・スイス合作
原題:La douleur
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2017 LES FILMS DU POISSON - CINEFRANCE - FRANCE 3 CINEMA - VERSUS PRODUCTION - NEED PRODUCTIONS

映画レビュー

3.0ナチス占領下のパリを知る映画

2021年1月17日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーは私小説的な部分が多いので、拘束されている夫を待つ不安な気持ちがよくわかった。
それ以上に第二次世界大戦中にパリをドイツに占領され、ナチスがフランス人を管理していた様子に驚く。
レジスタンスの活動はあったにせよ、それは一部の人たちで多くのフランス国民が、その占領された状況に我慢していたことに驚く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
七星 亜李

3.5あきらめるのは無理

2020年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次世界大戦中のパリ、主人公(メラニー・ティエリー)の夫はゲシュタポに連れ去られてしまう。
二人はレジスタンスのメンバーだったが、主人公のもとにゲシュタポの手先が接触してくる。
夫の安否を聞き出すため、近付くことに。
果たして夫は生きているのか、ラストはこれでは終わらない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5【第二次世界大戦中、夫の帰りを只管に待つ妻の物語。だが、夫の生還後、妻の取った行動に”マルグリット・デュラスさん、如何に恋多き女性とは言え・・”と男性目線で思ってしまった作品。】

NOBUさん
2020年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

知的

難しい

ーマルグリット・デュラス:20世紀フランスを代表する女性作家。恋多き女性として、自分の少女時代のフランス領インドネシアでの経験を綴った「愛人/ラマン」は、世界的なベストセラーとなり、映画化もされた。(劇場にて鑑賞したが、非常に面白かった・・。)
 今作は、「愛人/ラマン」が刊行された1984年の翌年に「苦悩」というタイトルで刊行された、デュラスが”私の生涯で最も重要な作品の一つである”と語ったと言われる作品を映像化した作品である。-

■1945年4月
 ナチスに対抗する活動家である夫ロベールは政治犯として、ナチスに勾留されていたが、無事に彼女の元へ帰ってきた・・と言う”幻想シーン”から物語は始まる。

■1944年6月
 ・ナチス・ドイツは徐々に劣勢になっていたが、未だマルグリットの夫は捕らわれたままであった。夫の情報を得るために、ナチス側の警官で夫を逮捕したラビエと密かに会い、情報を得ようとするマルグリット。活動家の仲間であるディオニス達からは”軽率だ・・”と批判されるが、何度もラビエと会うデュラス。
ーラビエは、デュラス作品の”ファン”であることが、劇中描かれる・・-
 そして、夫ロベールの移送情報を貰い、通行手形までもらって夫に会いに行く。移送されるトラックからロベールが移送先を告げる叫び声が・・。

 ・ナチス兵が撤退し、”パリ解放”の歓喜の中でも、マルグリットの表情は暗い。夫が戻って来ないのだ・・。TVから流される、ナチスに捕虜になった人々が虐殺されているという情報。
ーマルグリットの心象を彼女を演じたメラニー・ティエリーの抑揚のない沈んだ声で表現したモノローグが延々と続く・・。歓喜に沸く人々を冷めた言葉で観察する言葉が印象的である。-

◆ここまでは、”戦争の勝敗に関係なく、妻は夫の無事な姿を待っているのだ・・、”というストーリーだと思って観ていた・・。

 ・その後も、マルグリットは”熱のためか”夫は死んだ・・と思いこんだような、暗いモノローグが続く・・。

 ・が、ある日、ディオニスが”ロベールの仲間が10日前に彼に会ったと言っている”と言う情報を齎すが、マルグリットの表情は沈んだまま・・。

 ・そして、”ロベールは生きているが赤痢にかかり、4日と持たない状態だ・・”と言う情報が入り、ディオニス達は決死の思い出ロベールを1945年5月7日に連れ帰る。    が・・、何故かマルグリットは夫に会いに行くわけではなく、相変わらず暗い表情を浮かべている・・・。
 ー何故、ロベールに会いに行かないのか????、マルグリット!-
 対照的なのは、ユダヤ人の娘を待ち続けていたマルグリットと同居していたセッツ婦人の姿。娘が5カ月前にガス室に送られていた事を知り、去る姿。

<夫の帰りを只管待つ間に、”愛は移ろい、瞬く間に終焉してしまう”様を描いた作品。
 戦後、夫と海に出掛けた際の、”夫との離婚、そしてディオニスとの関係性が語られる場面。”
 原作では、途中からディオニスとの関係が赤裸々につづられているが、映画ではそのシーンが”ディオニスがマルグリットを励ます”形で描かれていたため、劇中のマルグリットの終始苦悩する表情が少し理解しにくかったが、
 【貴女の苦悩とは、夫が帰ってきて欲しいという思いと、ディオニスと結ばれたいという思いの狭間での苦悩であったのか・・。
 それで、夫を逮捕したラビエとも、余り後ろめたさを感じずに会っていたのか・・!】
 と納得してしまった作品。
 怖ろしきかな・・、マルグリット・デュラスの業に塗れた愛の深さ・・。
 これが、創作ではなくマルグリット・デュラス自身が選んだ事実であるという事にも、男としては戦慄した作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5字幕を読む=小説を読む感じ・・・

kossyさん
2020年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る