フランス映画祭2018、横浜で12作品を上映 フェスティバル・ミューズは常盤貴子 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月23日 > フランス映画祭2018、横浜で12作品を上映 フェスティバル・ミューズは常盤貴子
メニュー

フランス映画祭2018、横浜で12作品を上映 フェスティバル・ミューズは常盤貴子

2018年4月23日 16:00

横浜とフランスにゆかりの深い常盤貴子がミューズに「顔たち、ところどころ」

横浜とフランスにゆかりの深い常盤貴子がミューズに
[拡大画像]

[映画.com ニュース]6月21日から横浜で開催される「フランス映画祭2018」のラインアップ発表会見が4月23日、港区のフランス大使館で行われ、フェスティバル・ミューズを務める常盤貴子、ローラン・ピック駐日フランス大使、ユニフランス・フィルムズ・インターナショナルのイザベル・ジョルダーノ、林文子横浜市長、日産自動車の川口均氏が出席した。

フランスの最新映画を日本に紹介する映画祭で、オープニング作品には、大ヒット作「最強のふたり」のエリック・トレダノオリビエ・ナカシュ監督の「セラヴィ!」が選ばれ、第90回アカデミー賞で名誉賞を受賞したアニエス・バルダと現代美術家JRによるドキュメンタリー「顔たち、ところどころ」、フランソワ・オゾンの新作「Double Lover(英題)」、ミシェル・アザナビシウス監督が、アンヌ・ビアゼムスキーの自伝的小説を原作に、ジャン=リュック・ゴダールの恋愛模様を描いた「Redoubtable(英題)」など、バラエティ豊かな12作品を上映する。アニエス・バルダ監督、「セラヴィ!」の両監督をはじめ、今年も多彩なゲストが来日予定だ。

今年で26回目となる本映画祭の横浜での開催は、2005年以来13年ぶり。また、日仏交流160周年、リュミエール兄弟のオペレーターが横浜の地で、日本で映画を初めて上映してから120年、老舗映画会社ゴーモン創立120周年という記念すべき年でもある。関連イベントとして、ゴーモン社の作品に関する展覧会や特集上映、ジャン=バティスト・レメシエールが撮りおろした俳優の写真展示も行われる。


画像2

[拡大画像]

横浜出身で、NHK Eテレの「旅するフランス語」に出演するなど、横浜とフランスにゆかりの深い常盤は、「フランスが大好きで、フランス映画も大好き」と笑顔でコメント。フランス旅行の思い出を語り、とりわけ好きなフランス映画としてフランソワ・トリュフォー監督の「映画に愛をこめて アメリカの夜」を挙げた。そして、「異国情緒溢れる横浜だからこその雰囲気で、唯一無二の映画祭になるのでは」と開催を待ち望んでいた。

「フランス映画祭 2018」(http://unifrance.jp/festival/2018/)は、横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほかで、6月21日から24日まで開催。チケットは5月中旬発売予定。

▽上映作品
セラヴィ!
顔たち、ところどころ
子どもが教えてくれたこと
Double Lover
See You Up There
Redoubtable
メモワール・オブ・ペイン
REVENGE リベンジ
Jusqu'a la garde
とてもいじわるなキツネと仲間たち
マーヴィン、あるいは素晴らしい教育
ブラッディ・ミルク

(映画.com速報)
映画に愛をこめて アメリカの夜 特別版[DVD] 映画に愛をこめて アメリカの夜 特別版[DVD] 最安価格: ¥777 映画製作の舞台裏や、そこに関わるに人々の悲喜こもごもを描いた巨匠フランソワ・トリュフォー監督の傑作中の傑作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi