2重螺旋の恋人

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
2重螺旋の恋人
2重螺旋の恋人
7%
42%
43%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スイミング・プール」「8人の女たち」のフランソワ・オゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案し、性格が正反対な双子の精神分析医と禁断の関係にのめり込んでいく女性の姿を、官能的に描き出した心理サスペンス。クロエは原因不明の腹痛に悩まされ、精神分析医ポールのカウンセリングを受けることに。痛みから解放された彼女はポールと恋に落ち、一緒に暮らし始める。ある日、クロエは街でポールに瓜二つの男性ルイと出会う。ルイはポールと双子で、職業も同じ精神分析医だという。ポールからルイの存在を聞かされていなかったクロエは、真実を突き止めようとルイの診察室に通い始めるが、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに次第に惹かれていく。「17歳」のマリーヌ・バクトが主人公クロエ、「最後のマイ・ウェイ」のジェレミー・レニエが双子の精神科医を演じる。共演に「映画に愛をこめて アメリカの夜」のジャクリーン・ビセット。

2017年製作/107分/R18+/フランス
原題:L'amant double
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

出品

コンペティション部門
出品作品 フランソワ・オゾン
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2017 - MANDARIN PRODUCTION - FOZ - MARS FILMS - FILMS DISTRIBUTION - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU

映画レビュー

4.5オゾンの緊張感あるエロス+クローネンバーグ風味

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

知的

真逆な性格の一卵性双生児の医者に一人の女性、という設定がまずクローネンバーグの「戦慄の絆」を思わせるが、内臓をモチーフにしたようなグロテスクなオブジェや、悪夢のようなエロティックシーンなど、話が進むほどにクローネンバーグ風味を増していくことに驚かされた。

ただし、オゾン監督らしい女性の実存に迫るかのような硬質で即物的なセックス描写、謎をあえて残すスタイリッシュなサスペンスの演出は健在。オゾンのスタイルにクローネンバーグのテイストが予想外の化学反応を見せる。

現実と夢と幻覚の境界をあいまいにする編集手法は、格別に珍しいものではないが、このテーマには見事にハマった。

原題「L'amant double」、英題「Double Lover」に対し、邦題は雰囲気があり工夫したなとは思う(作中に印象的な2重螺旋の階段のショットもある)が、DNAを容易に想起させる点でややミスリードか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

3.07つの罠

レイナさん
2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿

7つ以上あると思うけど。
難しかったけど面白い。
SEXシーン多いから苦手な人は注意。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レイナ

3.5やっぱりオゾンは最高、裏切らない

2020年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

オゾンは現実と虚構と妄想を混ぜて翻弄してくるってわかってたから翻弄されないように観てたのに、見事に翻弄されてしまった!わかってても翻弄されちゃう。

オゾン映画のいいところは、ありがちな「観客を騙してやるぞ!」的なビックリ展開ではなく、ストーリーの捻りと演出の妙で自然に翻弄してくるかんじ、これが最高。

猫が要所要所でメタファーとして上手く使われていたのもよかった。最後のブローチとかね。美術館の展示品の使い方も上手い!邦題の二重螺旋はDNAのことなんやろうな。

そしてオゾン映画は基本エロチックやけど、今回その真骨頂というかんじやった。でも興奮するエロさではなく、痛々しいかんじのエロさ。これはマリーヌヴァクトの得意なやつね。

初見と2回目以降で見方が全く変わりそうなので、忘れた頃にまた観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トマトマ子

4.0オゾン流双子の調理法

2020年9月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

自分が双子(一卵性双生児)だったらどんな感じなのだろう?
もう一人自分と全く同じ遺伝子をもつ人間がいるのって不思議だろう。
それだけ特別で神秘的な存在なんだと思っている。
なので双子をテーマに取り扱うということは、オカルトでもSFでも何かちょっと異質な日常につながっていく感じにできるわけで。
それをオゾン風に調理するとこうなる、ってことで。
全部がスッキリしないでモヤっとした雰囲気を残した終わり方は、この監督ならではかなと。
エロさよりかは全体的な不気味な印象が勝つ。
エロシーンはあるけど、主演女優が素敵すぎて逆に感じさせない、のは気のせいか。
インテリアやファッションがかっこよい。
フランス映画よいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
本まぐろトロ子
すべての映画レビューを見る(全59件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る