コレット

劇場公開日

コレット
10%
59%
29%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1890年代のベル・エポック真っただ中のパリを舞台に、フランスの文学界でいまなお高い人気を誇る女性作家シドニー=ガブリエル・コレットの波乱と情熱に満ちた人生を描いたドラマ。主演は「つぐない」「プライドと偏見」のキーラ・ナイトレイ、監督は「アリスのままで」のウォッシュ・ウエストモアランド。フランスの片田舎で生まれ育ったコレットは、14歳年上の人気作家ウィリーと結婚し、それまでとは別世界のようなパリへと移り住む。芸術家たちが集うサロンで華やかな生活を送る中、コレットの文才に気づいたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に小説を書かせる。そうして彼女が執筆した「クロディーヌ」シリーズはベストセラーとなるが、コレットは自分が作者であることを世間に認められない葛藤に苦しめられることになる。保守的で男性優位な当時の社会にあっても、ありのままの自分を貫き才能を開花させていったコレットを、ナイトレイが演じた。

2018年製作/111分/PG12/イギリス・アメリカ合作
原題:Colette
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

映画レビュー

3.5オードリーを見出したコレットのコスチューム劇

2019年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

難しい

文才に恵まれた妻が夫のゴーストライターを務める。信じがたい状況が罷り通っていた時代の鬱積と閉塞感を、キーラ・ナイトレイ演じるコレットが表現する。まさに、性差別撤廃が叫ばれる現代と過去との間に、大きな時間の隔たりはあるものの、状況そのものは未だ変わってない部分があることを、この映画は描こうとしている。そういう意味でタイムリーだが、翻って、夫の、男性側の内面にも同等に深く切り込めば、埋めがたい性差の溝をもっと垣間見せられただろうにとも思う。そんな不満をカバーするのは、コレットの意識改革に伴い変化していくコスチュームの存在だろう。フェミニンからエレガントへ、さらにジェンダーレスへとシフトしていく衣装が、ヒロインの内面の変化を如実に現して、見応え充分。あのオードリー・ヘプバーンを発見したマダム・コレットだからこそのコスチューム・プレイ。そう受け取ると面白いかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

2.5色んな夫婦の形…

ケイさん
2021年6月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケイ

4.020世紀前半のフランス女性の自立

SpicaMさん
2020年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

名前しか聞いたことのなかったフランス人の女性作家の伝記作品。
美しい風景、セットと品の良い映像。特にファッションが素敵。
主演女優をはじめとしてキャスト全員がぴったりとはまっていた。
女惚れのする女像。こんな女性がいたんだ、素直にカッコいい生き様だなぁと感動した。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

3.0ゴーストライター

kossyさん
2020年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 最近、なぜかゴーストライターものが多いな~と思いつつも、女性の権利が認められない時代だからこそこうなったのだと改めて知らされた。それでも夫の浮気なんかはコレットに容認されているし、自由社会の中の不自由といった感じ。

 パリでのクロディーヌの公演がちょっとした山。パリであってもやっぱり同性愛についてはまだ不寛容の時代だったのか、許せないならモノを投げつけるんじゃなくて途中退席してもらいたい。あのシーンでは夫のウィリーもちょっと見直したんだけど・・・

 せっかくのベルエポックも全て英語で喋っていたので雰囲気の良さが半減。セックスシーンが散りばめられて芸術性を高めていたのに、フランスっぽさが感じられなかった。ただ、多彩な衣装だけは良かった。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る