天国でまた会おう

劇場公開日

天国でまた会おう
23%
61%
14%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第1次世界大戦後のフランスを舞台に2人の帰還兵が企てた大胆な詐欺事件を描くクライムドラマ。第1次世界大戦の終結目前。仏軍のプラデル中尉からの不条理な攻撃命令に従ったエドゥアールは、小心者の簿記係・アルベールの命を助け、顔に重傷を負ってしまう。良家の御曹司で才能あるアーティストであるエドゥアールは家族にも会いたくないと戦死を偽装。そんな彼をアルベールは手伝うことに。戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活をスタートさせる。そんな折、かつて彼らの上官だったプラデルが財を築いていたことを知った2人はある壮大な詐欺計画を企てる。エドゥアール役を「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤートが演じ、本作の監督を務めたアルベール・デュポンテルが相棒のアルベール役で出演。

2017年製作/117分/PG12/フランス
原題:Au revoir la-haut
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 STADENN PROD. – MANCHESTER FILMS – GAUMONT – France 2 CINEMA (C)Jerome Prebois / ADCB Films

映画レビュー

5.0やるせない物語に心揺さぶられる

AuVisさん
2019年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

ピエール・ルメートルの小説に関連して、ルイ・レテリエ監督(「グランド・イリュージョン」)による「その女アレックス」の映画化を心待ちにしているのだが、アレックスより後に刊行された「天国でまた会おう」の映画化が先に実現した。クライムサスペンスと戦争物(正確には戦中より戦後の話が主体とはいえ)でジャンルは違えど、予測のつかない展開、心を揺さぶりつづけるストーリーテリングの巧みさは、さすがルメートルといった味わいだ(本作では脚本にも携わっている)。アルベール役で主演を兼ねたデュポンテル監督の映像による語り口も、流れるようなカメラワークも相まって流暢で鮮やか。アルベールによる回想の形式で進むのだが、もう一人の主人公エドゥアールの視点による回想も交わるなど構成も凝っている。

話せないエドゥアールの“通訳”になる少女役のエロイーズ・バルステールの愛らしいこと!映画初出演ながら自然な演技で魅せる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
AuVis

3.0父親

ミカさん
2019年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

父親のメタファーが、まるで国家の様に思える作品でした。国家とは、エドゥアールの父親の様に冷酷で、戦争とは、国家の息子(国民)が顔を無くす、つまり個と感情を殺しながら、生きる事を表しているのではないでしょうか。

戦争絶対に嫌です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

4.0戦争ありきの悲劇

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

第一次世界大戦の帰還兵2人の悲喜劇を描いたお話だ。
もとはと言えば、休戦連絡を受けたのにもかかわらず
戦争をしかけたあの隊長のおかげで、悲劇は始まったのだ。
戦争をしたいと言う人間もいるのだなと言うことを最初に
描かれていてそれはとても 恐ろしいことだと観ていて
思った。
あのまま休戦していたら、彼らの人生はまた違ったものに
なっていただろう。
最近戦争を題材にした作品をよく観るが、戦争によって
いくつもの悲しみ苦しみの物語がたくさんあって
戦争が終わっても、心の中で戦争はまだ終わってない人が
沢山いるのだろうなと思うと心がきりきりする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ともちん

5.0今年のベスト映画になりました。

yukaさん
2019年8月28日
Androidアプリから投稿

友達と会う前になんか観たいなって思い、時間がたまたま合ったからって理由で観ました。

私は戦争映画は苦手なんだけど戦争後の2人の人生を主に描いて、2人の素晴らしい友情と孤独な少女との関係から複雑な親子愛、ラストも涙なくしては見れなかった。

映画のキーとなるアイテムのひとつに仮面がある。初めは顔を隠すためだけどだんだん感情を表現する為になり、最後は人生をしめくくる為になった。
この映画に出てくる仮面の展覧会を銀座まで見に行った。少しだけ映画の世界に近づけた気がした。

原作があるみたいだから、読んでみようかな。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yuka
すべての映画レビューを見る(全48件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る