天国でまた会おう

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
天国でまた会おう
天国でまた会おう
23%
59%
16%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第1次世界大戦後のフランスを舞台に2人の帰還兵が企てた大胆な詐欺事件を描くクライムドラマ。第1次世界大戦の終結目前。仏軍のプラデル中尉からの不条理な攻撃命令に従ったエドゥアールは、小心者の簿記係・アルベールの命を助け、顔に重傷を負ってしまう。良家の御曹司で才能あるアーティストであるエドゥアールは家族にも会いたくないと戦死を偽装。そんな彼をアルベールは手伝うことに。戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活をスタートさせる。そんな折、かつて彼らの上官だったプラデルが財を築いていたことを知った2人はある壮大な詐欺計画を企てる。エドゥアール役を「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤートが演じ、本作の監督を務めたアルベール・デュポンテルが相棒のアルベール役で出演。

2017年製作/117分/PG12/フランス
原題:Au revoir la-haut
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 STADENN PROD. – MANCHESTER FILMS – GAUMONT – France 2 CINEMA (C)Jerome Prebois / ADCB Films

映画レビュー

5.0やるせない物語に心揺さぶられる

2019年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

ピエール・ルメートルの小説に関連して、ルイ・レテリエ監督(「グランド・イリュージョン」)による「その女アレックス」の映画化を心待ちにしているのだが、アレックスより後に刊行された「天国でまた会おう」の映画化が先に実現した。クライムサスペンスと戦争物(正確には戦中より戦後の話が主体とはいえ)でジャンルは違えど、予測のつかない展開、心を揺さぶりつづけるストーリーテリングの巧みさは、さすがルメートルといった味わいだ(本作では脚本にも携わっている)。アルベール役で主演を兼ねたデュポンテル監督の映像による語り口も、流れるようなカメラワークも相まって流暢で鮮やか。アルベールによる回想の形式で進むのだが、もう一人の主人公エドゥアールの視点による回想も交わるなど構成も凝っている。

話せないエドゥアールの“通訳”になる少女役のエロイーズ・バルステールの愛らしいこと!映画初出演ながら自然な演技で魅せる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
高森 郁哉

3.5傷つき病んでしまった傷痍兵の悲しみに寄り添うファンタジー映画美術の独創性

Gustavさん
2020年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第一次世界大戦終結間際から約2年間を時代背景とし、独特なデザイン、映画美術で魅せる詐欺犯罪の復讐劇。限られた登場人物が複雑に、または運命的に絡み物語を構成するファンタジー映画の長短がハッキリした特徴を持つ。動機や過程の説明不足は、原作ありきの理由なのか判断出来ないが、どちらにしても分かりづらいのがもどかしい。それでも、脚本・監督・主演を兼ねるアルベール・デュポンテルの特に演出は、軽妙洒脱にして時に技巧の鋭敏さを持つもので感心するところが多い。また、父との確執を抱えたままで選んだ戦争で犠牲となり自暴自棄となる画家エドゥアール・ペリクールが描く絵が、同時代のエゴン・シーレに似た個性的で自滅的な画風なのが合っているし、彼が創作する多彩なデザインと色彩と形の独創性豊かな仮面の美しさやコミカルさは素晴らしい。20世紀初頭の時代再現の撮影もいい。
近代兵器によって人類史上最大級の犠牲者と傷痍軍人を出した第一次世界大戦の、今まであまり扱われなかった題材の関心度は高く、最後まで興味深く見学することは出来た。小説の映画化としては及第点だろうが、映画としての完成度では不満が残る。ただ、アルベールのように静かにじっくりと、傷つき病んでしまったエドゥアールのこころを探ることが、この作品の本質であり、彼の悲しみを少しでも理解できればそれでいいのではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

1.5正しくフランス映画

ケイさん
2020年8月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0現実を受け止める事ができるか…。

Aprilさん
2020年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

戦争時に事故で顔に損傷を負い、家族には戦死として正式な報告がされ、
他人として生きる選択をした青年。
苦しいながらも自分の楽しみを見つけ、あるコンテストに応募。
それがきっかけとなり、家族との距離を縮めていく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April
すべての映画レビューを見る(全57件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る