シー・ユー・アップ・ゼア(英題)
ホーム > 作品情報 > 映画「シー・ユー・アップ・ゼア(英題)」
メニュー

シー・ユー・アップ・ゼア(英題)

劇場公開日

解説

第1次世界大戦後のフランスを舞台に2人の帰還兵が企てた大胆な詐欺事件を描くクライムドラマ。第1次世界大戦の終結目前。仏軍のプラデル中尉からの不条理な攻撃命令に従ったエドゥアールは、小心者の簿記係・アルベールの命を助け、顔に重傷を負ってしまう。良家の御曹司で才能あるアーティストであるエドゥアールは家族にも会いたくないと戦死を偽装。そんな彼をアルベールは手伝うことに。戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活をスタートさせる。そんな折、かつて彼らの上官だったプラデルが財を築いていたことを知った2人はある壮大な詐欺計画を企てる。エドゥアール役を「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤートが演じ、本作の監督を務めたアルベール・デュポンテルが相棒のアルベール役で出演。「フランス映画祭2018」(18年6月21~24日/横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい)上映作品。

作品データ

原題 Au revoir la-haut
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 キノフィルムズ
上映時間 117分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全3件)
  • 予備知識なしで。 『天国でまた会おう/See You Up There』2017仏。 原作小説:ピエール・ルメートル。 死と背中合わせで帰還した兵士2人の奇妙な友情。 監督・主演のアルベール・デュポンテルの名演技... ...続きを読む

    miharyi miharyiさん  2018年9月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 名もなき被害者たちの悲しさが胸に迫る 第一次世界大戦の終了間際に、顔に重傷を負ってしまった青年が、戦後、パリで企てた前代未聞の詐欺についての物語 主人公の青年エドゥアールは、戦争で顔に重傷を負ってしまったため、そのほとんどが仮面を被... ...続きを読む

    とえ とえさん  2018年6月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 是非見て下さい。 ありきたりですが、いい映画でした。 ...続きを読む

    key keyさん  2018年6月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「シー・ユー・アップ・ゼア(英題)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi