劇場公開日 2019年3月1日

  • 予告編を見る

「やるせない物語に心揺さぶられる」天国でまた会おう AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.848
22%
62%
14%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0やるせない物語に心揺さぶられる

AuVisさん
2019年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

ピエール・ルメートルの小説に関連して、ルイ・レテリエ監督(「グランド・イリュージョン」)による「その女アレックス」の映画化を心待ちにしているのだが、アレックスより後に刊行された「天国でまた会おう」の映画化が先に実現した。クライムサスペンスと戦争物(正確には戦中より戦後の話が主体とはいえ)でジャンルは違えど、予測のつかない展開、心を揺さぶりつづけるストーリーテリングの巧みさは、さすがルメートルといった味わいだ(本作では脚本にも携わっている)。アルベール役で主演を兼ねたデュポンテル監督の映像による語り口も、流れるようなカメラワークも相まって流暢で鮮やか。アルベールによる回想の形式で進むのだが、もう一人の主人公エドゥアールの視点による回想も交わるなど構成も凝っている。

話せないエドゥアールの“通訳”になる少女役のエロイーズ・バルステールの愛らしいこと!映画初出演ながら自然な演技で魅せる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
AuVis
「天国でまた会おう」のレビューを書く 「天国でまた会おう」のレビュー一覧へ(全48件)
「天国でまた会おう」の作品トップへ