Netflix「13の理由」キャストが初来日!東京観光を満喫 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月23日 > Netflix「13の理由」キャストが初来日!東京観光を満喫
メニュー

Netflix「13の理由」キャストが初来日!東京観光を満喫

2018年4月23日 15:00

Netflixの人気オリジナルドラマキャストが来日

Netflixの人気オリジナルドラマキャストが来日
[拡大画像]

[映画.com ニュース]Netflixの人気オリジナルドラマ「13の理由」の来日イベントが4月23日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、初来日を果たした主人公役のディラン・ミネット、友人役のアリーシャ・ボー、制作総指揮・脚本のブライアン・ヨーキー氏が出席した。

ジェイ・アッシャー氏によるヤングアダルト小説をドラマ化。自殺した女子高生ハンナ・ベーカーは、生前に肉声を録音したカセットテープを遺していた。同級生の少年クレイ・ジェンセンはテープを受け取り、恋心を抱いていた少女が自死へと至った“13の理由”をたどっていく。高校生活のリアルな描写とミステリアスな展開が話題を呼び、シーズン2の制作も決定している。

主人公クレイを演じたミネットとハンナの友人ジェシカ・デイビス役のボーは、昨日に東京を観光したそうで、ミネットは「2人で原宿、渋谷にも行き、(新宿)ゴールデン街にも行けました。本当に楽しかった。小さなバーに入ると、接客の方が美しい歌を歌ってくれて、仲良くなった。2時間くらい滞在し、非常に特別な時間でした」と興奮の様子で熱弁した。

さらにボーは、「日本に来ることが夢でした」としたうえで、「フードマーケットでは見るものすべてがおいしそうで、全部食べたかった。クレープはまだ試せていないんですが、夢のような味がするんでしょうね!」とジェスチャーを交えて語り、「歩行者天国にも行きましたが、いろいろな建物につい目が奪われてしまいました。1カ月くらい滞在していろんな日本食を楽しみたい、そんな気持ちです」とニッコリ。ヨーキー氏は「世界一クールなのは日本のコンテンツで、日本の若者が一番クール。そして私たちのクールなキャストを連れてこられて嬉しい」と話し、「ニューヨークでもよく見る無印良品。日本の店舗はどうなっているのか見に行きたい。家族に頼まれたダークチョコレートとミント味のキットカットを買います」と息巻いていた。

物語にちなんだ「高校時代の自分に言いたいことは?」という質問には、ミネットは「高校生のときって、みんな感情的に行動してしまう。言葉や行動は、思わぬ形で受け止められてしまうこともあります。周囲のことを考え抜いてから行動するべきだ、と言いたいですね」と明かす。ボーは「高校のときは孤独を感じるタイプでした。でも、それで良いんだよ、と言いたい。世界が終わるわけではないし、自分との時間を過ごすことでいろんなことを知れて、本や映画が親友になることもある」といい、ヨーキー氏は「自分の高校時代は、部屋でロックを聞きながら芝居を書いていた。その間、みんなはパーティー三昧。3つのことが言えます。1.長期的に見ると、高校時代に自分が人気者でなくても構わない。2.パーティーで楽しめる人はあまりいない。3.部屋で芝居を書いていることが、将来的には東京に来て、作品を気に入ってくださる多くの方に出会うことにつながる」と言葉を送った。

なおこの日は、日本人ゲストとして若槻千夏りゅうちぇるも登場した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi