菅原文太

菅原文太
ふりがな
すがわらぶんた
誕生日
1933年8月16日
没日
2014年11月28日
出身
日本/仙台

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

宮城県仙台市出身。54年、旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団し、俳優としてのキャリアをスタート。57年に岡田眞澄らと日本初の男性専門モデルクラブ「ソサエティ・オブ・スタイル」を設立し、ファッションモデルとして活動する。翌58年、スカウトされて新東宝に入社し、「白線秘密地帯」で映画デビューを果たし、新人二枚目スターの一団「ハンサムタワーズ」の一員として売り出されたが、61年に新東宝が倒産したためメンバーとともに松竹へ移籍。そして67年、東映に移籍し、「関東テキヤ一家」(69)や「緋牡丹博徒 お竜参上」(70)、「懲役太郎 まむしの兄弟」(71)などを経て、「仁義なき戦い」シリーズ(73~74)の大ヒットで、東映を代表するスターのひとりとなる。その後も、「新・仁義なき戦い」シリーズ(74~76)や「トラック野郎」シリーズ(75~79)と主演作がヒット。80年代からはTVドラマにも出演し、その後はナレーターや声優も務め、ジブリの「千と千尋の神隠し」(01)では釜爺の声を担当した。晩年は、膀胱がんを患うなど体調を崩し、12年11月に俳優引退を宣言。それと前後して山梨県で有機農業に取り組むほか、政治的な発言で注目を浴びた。14年11月28日、転移性肝がんによる肝不全のため死去。享年81歳だった。01年に事故で他界した長男の菅原加織も俳優だった。

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

おおかみこどもの雨と雪妖怪大戦争(2005)仁義なき戦い仁義なき戦い 広島死闘篇仁義なき戦い 代理戦争仁義なき戦い 頂上作戦仁義なき戦い 完結篇県警対組織暴力新仁義なき戦いダイナマイトどんどん新仁義なき戦い 組長の首トラック野郎 御意見無用新仁義なき戦い 組長最後の日青春の門映画女優傷だらけの天使トラック野郎 爆走一番星トラック野郎 男一匹桃次郎トラック野郎 度胸一番星トラック野郎 一番星北へ帰る

Powered by Amazon

関連作品(映画)

菅原文太の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

菅原文太の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

菅原文太の写真・画像をもっと見る

関連記事

菅原文太の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「菅原文太」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る