ゲド戦記

劇場公開日

ゲド戦記
4%
19%
42%
22%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アーシュラ・K・ル=グウィンによる世界的ファンタジー小説を原作に宮崎駿監督の長男宮崎吾朗が初メガホンをとったスタジオジブリの大作アニメ。世界で最も偉大な魔法使い「大賢人」と呼ばれているハイタカ(別名ゲド)は、世界に災いをもたらす源を探し出すために旅を続けていた。そんな中、ハイタカはエンラッドの王子アレンと出会うが、アレンは父である国王を刺し、国を出たばかりだった……。

2006年製作/115分/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第30回 日本アカデミー賞(2007年)

ノミネート

アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2006 Studio Ghibli・NDHDMT

映画レビュー

2.0アースシーの物語

2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

知的

寝られる

原作はアーシュラ・K・ル=グィンの、世界中で愛されている多島海アースシーシリーズ。
その3巻と4巻が主な下敷きとなっています。

呪い(のろい)や呪い(まじない)といった生々しい魔法が、大きな存在感を放つ世界。
優れたSF作家であり、社会学者の両親のもとに生まれて言語学にも精通したル=グィンの描く「物語に都合のよくない世界」を、ゲド(ハイタカ)やカラスノエンドウ、ドラゴンフライ、そして一推しでもあるカワウソといった生命感あふれるキャラクターたちが魔法と向き合いながら必死でもがき、生きています。
この説得力ある世界観、当映画作品に断片的に取り込まれた細部に興味を抱かれた方は、是非とも原作小説に手を伸ばしてください。
最初の一冊、影との戦いは、おとぎ話の枠を超えた大人の寓話としても楽しめる、ゲドの物語です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かせさん

5.0だから

2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿

オヤジと比べんなってっ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミスター

3.0夢か現か

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

全体としては悪くないけど、細かいところを気にし始めると腑に落ちなくて困ってしまう、そんな映画。「オズの魔法使い」のように、割り切って観ないときついな。
主人公も、悪役の魔法使いも、説明が不足していて、見る者が自分で解釈して納得しなければならない、そんな疲れる映画ありか? どうも好きになれないタイプの作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

3.5何も知らない状態で見たら

Ken@さん
2021年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

知的

難しい

タイトルは聞いたことはありましたが、内容はよく知らなかったため、どんな内容かを確かめるために、金曜ロードショーの録画で見ました。

ジブリ作品にしてはテーマが重く、人身売買や麻薬などの社会問題が取り上げられ、「生きるとは何か」「永遠の命とは何か」という生と死のメッセージ性が強く響きました。

賛否になっているみたいですが、個人的には色々考えさせられた映画だなと感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Ken@
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る