神野三鈴

神野三鈴
ふりがな
かんのみすず
誕生日
1966年2月25日
出身
日本/神奈川
Facebook Twitter

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

1991年、NHK大河ドラマ「太平記」で女優としてのキャリアをスタートさせ、翌92年に「グリーン・ベンチ」で初舞台を踏む。以降、舞台を中心に活動する一方で、96年にはNHK連続テレビ小説「ひまわり」に出演。00年代に入ると、「太鼓たたいて笛吹いて」や「兄おとうと」「組曲虐殺」といった井上ひさしの舞台作品で活躍。12年、栗山民也演出の「組曲虐殺」とアントン・チェーコフ作・三谷幸喜演出の「三谷版『桜の園』」の演技が評価され、第47回紀伊國屋演劇賞の個人賞を受賞した。その後も、舞台「象」(13)、「カッコーの巣の上で」(14)、「三人姉妹」(15)などに出演。映像作品でも、TVドラマ「大空港2013」(13)や「おやじの背中」(14)、映画「駆込み女と駆出し男」「日本のいちばん長い日」(ともに15)などに出演する。

関連作品(映画)

神野三鈴の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

神野三鈴の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

神野三鈴の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

神野三鈴の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「神野三鈴」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「神野三鈴」さん以外にこんな人をCheck-inしています。