日本のいちばん長い日

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
日本のいちばん長い日
14%
52%
26%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクション「日本のいちばん長い日 決定版」を、「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人監督が映画化。1945年8月15日に玉音放送で戦争降伏が国民に知らされるまでに何があったのか、歴史の舞台裏を描く。太平洋戦争末期の45年7月、連合国軍にポツダム宣言受諾を要求された日本は降伏か本土決戦かに揺れ、連日連夜の閣議で議論は紛糾。結論の出ないまま広島、長崎に相次いで原子爆弾が投下される。一億玉砕論も渦巻く中、阿南惟幾陸軍大臣や鈴木貫太郎首相、そして昭和天皇は決断に苦悩する。出演は阿南惟幾役の役所広司、昭和天皇役の本木雅弘をはじめ、松坂桃李、堤真一、山崎努ら。

2015年製作/136分/G/日本
配給:松竹、アスミック・エース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

受賞

優秀助演男優賞 本木雅弘

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 原田眞人
優秀脚本賞 原田眞人
優秀主演男優賞 役所広司
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

映画レビュー

4.5【国家存亡時、身命を賭して日本を救おうとした様々な男達及び彼らを支えた女性たちの姿を鮮烈に描き出した、見応え充分の近代歴史大作。当時起こった事を”風化させない”意義ある作品でもある。】

NOBUさん
2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

 この作品の鑑賞後、世間の一般的な評価は、”岡本喜八監督の67年版と比較され、余り芳しくなかった”記憶がある。
 だが、私はこの作品をとても興味深く、そして時に涙を滲ませながら鑑賞した。
 作品内容に関しては、多くの方が詳細に語られているので、私が今でも記憶に残っている部分を記す。

■阿南陸軍大臣(役所広司:役所さんは、67年版では阿南大臣を三船敏郎さんが演じていたプレッシャーが凄かったと当時の資料で述べておられる。)
 私のそれまでの印象を大きく覆された人物である。
 大変な子煩悩で、家庭を大切にする姿が描かれている。妻綾子(神野三鈴)に対しても、優しい言葉を掛ける。いつも、柔和な表情を浮かべている。
 人望が厚かったことが、言動を見ていると良く分かる。
 そして、あの自決シーン。
 達観した表情で遺書をしたため、前のめりに息絶えるところでは、その前の彼の姿を観てきただけに、”陸軍大佐として、多くの部下を死なせてしまった”想いが感じられ、かなりグッときてしまったシーンである。
 そもそも、彼が陸軍大佐になったのは1945年4月、同士でもある鈴木貫太郎首相から請われてである。彼の役目は”本土決戦”を唱える陸軍の暴走を食い止めるものであったのだ。
(彼は陸軍急進派には”クーデターを支持する”風に見せたりしてもいる。)
 だが立場上、最終的には”自分も自決する覚悟”で大命を引き受けている。
 漢である。

■鈴木貫太郎総理大臣(山崎努)
 二・二六事件で、九死に一生を得、阿南と同じく1945年4月、固辞するも、昭和天皇の強い希望で、第42代内閣総理大臣に就任。
 あのような政治状況で首相を引き受ける事が、如何に覚悟がいったかを山崎努が飄飄とした演技で器の大きさを感じる人物を体現している。
 暴走している陸軍からの攻撃、及び終戦後も戦犯として処刑される可能性も大きかった筈であるのだから。

■昭和天皇(本木雅弘)
 67年版では松本幸四郎が演じたが、引きの画や後ろ姿でしか写されなかった。だが、今作ではしっかりと”憂いを帯びた”表情が映し出されている。
 それにしても、今でも脳裏に残っているが、本木雅弘演じる昭和天皇の表情、そして抑揚のない平板な声は”凄かった”。
 そして、天皇の身を心配する阿南陸軍大臣に対し、”もうよい、私には国体護持の確証がある。”という言葉の重み。
 さらに”わたくしは国民の生命を助けたいと思う”と語り、玉音放送の録音に向かう姿。

ー今作は、この3人が自らに与えられた使命を全うしようと懸命に努力する姿を高所、大所から描いている。-

■畑中陸軍少佐(松坂桃李)
 宮城事件を画策するも、阻止され椎崎中佐とともに、自決。

 彼ら、若手陸軍急進派も彼らなりの大義を持ってあのような行動に出てしまったことが良く分かる。(擁護する気は全くないが。)
 只、宮城事件失敗後、畑中と椎崎が芝生の上で正座し、皇居を仰ぎみて腰のピストルをこめかみに向け自決するシーンは、哀しかった。

<近代の国家存亡の危機に直面した日本を夫々の立場、思想で与えられた役割を全うしようとする姿を”登場人物40名を優に超える”陣容で描き出した近代歴史大作。当時起こった事を”風化させない”意義ある作品でもあるとともに、現在の政治家の方々に観ていただきたいと切に願う作品でもある。>

<2015年8月8日 劇場の大スクリーンで鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

5.0『皇帝のいる八月』

2020年4月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
観賞菩薩

4.5大変面白かった!

2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿

日本の心が見えました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
おっさん

3.5外来種の侵入前に

everglazeさん
2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1945年8月15日に流された玉音放送に至るまでの国政と関係者達を描いたリメイク作品。

終戦か継戦か。
これまで負けなしを誇った陸軍にとって、敗北を認めることは屈辱だし、長年鼓舞してきた部下達の洗脳を解くのも並大抵のことではないと…。
この対立と混乱は、開国か攘夷かと争った幕末を少し思い起こさせました。

割腹することを当然として、止めようとしないのも時代ですね…。

降伏したら、日本国は消滅するかも知れない…。強力な「外来種」が入り込み蔓延る前に、出来るだけのことをしておきたい。絶望して投げ出すことなく、必死に最善を尽くして下さったことで今日があるのだなと思いました。「国」とは何かとしばしば考えさせられます。

多様な感想が集まる映画作品もそうですが、歴史の事件も「ひとつの事実」でありながら、その解釈は国や立場によって全く異なります。ものの見方や捉え方は、「事実」を中心としてできた球体が時間の川に流れる4次元に存在するとつくづく思いました。

「和」を意識して撮ったと思われる映像がとても美しく、短いやり取りでも人物像が伝わりやすかったです。

日本史を学ぶ機会のなかった自分には初めて知ることばかりで、しかも半分くらいの台詞は繰り返し観ても聞き取れませんでしたが、脚色があるにしても大変勉強になりました。
さらっときれいめな?本作に比べ、旧作はずっとギラギラ熱いようなので、いつか是非観てみたいです。

「皆、国を思う情熱でした。」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
everglaze
すべての映画レビューを見る(全195件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「日本のいちばん長い日」以外にこんな作品をCheck-inしています。