百花

字幕メガネマーク 音声ガイドマーク

劇場公開日:

解説

菅田将暉と原田美枝子が親子役で主演を務めたヒューマンドラマ。プロデューサー、脚本家、小説家として数々の作品を手がけてきた川村元気が2019年に発表した同名小説を、自ら長編初メガホンをとって映画化した。

レコード会社に勤める青年・葛西泉と、ピアノ教室を営む母・百合子。過去に百合子が起こしたある事件により、親子の間には埋まらない溝があった。ある日、百合子が認知症を発症する。記憶が失われていくスピードは徐々に加速し、泉の妻・香織の名前さえも分からなくなってしまう。それでも泉は、これまでの親子の時間を取り戻すかのように献身的に母を支え続ける。そんなある日、泉は百合子の部屋で1冊のノートを発見する。そこには、泉が決して忘れることのできない事件の真相がつづられていた。

出産を控える泉の妻を長澤まさみ、事件と深い関わりを持つ男を永瀬正敏が演じる。

2022年製作/104分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0菅田将暉と原田美枝子の歩調の合わせ方、繊細な掬い取り方に感嘆

2022年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

数多くのヒット作、話題作をプロデュースしてきた川村元気の長編初監督作。
1シーン1カットという撮影手法を採用した理由などは、
ぜひ本サイトのインタビュー記事などをご覧ください。

ここでは、川村監督の意図、狙いに応えようとした俳優部の奮闘に焦点を当てようと思います。
川村監督と歩調を合わせながら、脚本の行間から滲み出てくるものを掬い取ろうと
繊細に、繊細に親子を演じた菅田将暉と原田美枝子のパフォーマンスは素晴らしいものがあります。
また、泉(菅田)の妻に扮した香織(長澤まさみ)のひと言に胸を射抜かれたのは、筆者だけでないはず。また、泉と香織が母・百合子を施設に預け、バスで帰るシーンでは川村監督ですら予期していなかった奇跡的な光景を確認することができます。ぜひ、皆さんも確認してみてください。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
大塚史貴

5.0日本映画

2023年1月11日
スマートフォンから投稿

過剰な演出がなく淡々と進むストーリーが

ボクにはリアルに感じました。

やるせないけど、憎めない愛を感じで
ボディーブローのようにじわじわ来ました。

俳優様たちもすごい。

とても好きな作品になりました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
スピリットくん

2.5終始台詞回しがセンスない佳作(59点)#2022.67

2022年12月2日
iPhoneアプリから投稿

後日書きます

コメントする (0件)
共感した! 1件)
サスペンス西島

2.0昼ドラみたいな映画

2022年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

認知症と不倫と母子のストーリー。
不倫が入った映画、苦手なんですよね、それがあってより絆が深まる家族とかの話ならいいのですが。

なんだか昼ドラみたいでしたが、役者は上手でした。
上手だったのでなんだか気の毒です。

子供がタイトルから素敵な映画だとおもったらしく見ることに。
テーマもよく分からなかったです。
二人で良く分からなかったねと、子供は見たことすら覚えていない様子です。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ころん