GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
33%
44%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」を押井守監督がアニメーション映画化。西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪、サイバーテロなどに対抗するため結成された非公認の超法規特殊部隊「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。ある日、某国情報筋から、国際手配中の凄腕ハッカー・通称「人形使い」が日本に現れるとの情報が9課に寄せられる。隊長の草薙素子と9課の面々は人形使いの痕跡を追うが……。全米ビルボード誌のビデオチャートで週間1位を獲得するなど海外でも人気が高く、押井守の名を一躍世界に広めた代表作。ウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」(1999)など、後のハリウッドSF大作へも影響を与えたとされる。

1995年製作/80分/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

監督
原作
士郎正宗
脚本
伊藤和典
プロデューサー
水尾芳正
松本健
石川光久
エグゼクティブプロデューサー
宮原照夫
渡辺繁
アンディ・フライン
演出
西久保利彦
キャラクターデザイン
沖浦啓之
メカニックデザイン
河森正治
竹内敦志
銃器デザイン
磯光雄
作画監督
黄瀬和哉
沖浦啓之
美術監督
小倉宏昌
美術設定
渡部隆
撮影監督
白井久夫
編集
掛須秀一
音楽
川井憲次
音響監督
若林和弘
アニメーション制作
プロダクションI.G
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

映画レビュー

2.0当時、難解なテーマで消化不良でした

2021年4月16日
PCから投稿

「ブレードランナー」や「AKIRA」などの世界観を踏襲し、より推し進めた形で未来を描いたアニメ。

劇場版の「パトレイバー」に感動し、期待して観たのですが、肝心のストーリーが難解で、私にはまったく響きませんでした。
今やスマホやウェアラブル端末で実現した技術を、予言したかのような作品。

多くの海外のクリエイターに影響を与えた作品のようですが、好きではありません。

2016.5.25

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.0終盤のモタつきが悔やまれる

2020年12月27日
iPhoneアプリから投稿

丸腰落下から義体再生迄は映画史に残るタイトルバック。

だから広げた風呂敷を畳めない終盤のモタつきが悔やまれる。

終盤こそ尻上がりにシャープな大傑作エクスマキナ誕生には本作から四半世紀を要する。

また観るが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0一人の人間として生きるとき、その時感じる世間の冷たさや静けさ

saku_tuneさん
2020年8月11日
PCから投稿

本作は予告編や、前情報のみを頭に入れ作品をイメージすると
ハイレグ女性刑事がサイバーパンクの世界をベースに
ハイテク技術を使い、ドンパチやっていることがメインのアニメーションという印象を受けるかと思います。

しかしながら実際鑑賞してみると、その世界は
とても冷たく、静かな世界観でストーリーは進みます。

それは、サイバーパンクの世界観を用いた刑事物というよりは
サイボーグ化され、ネットワークで情報を共有できても
アイデンティティは各個人が持ち、他者とは簡単に意識は分かち合えない、
人間は個別であるということを再認識させるような、
哲学的な内容を感じさせてくれる作品です。

もちろん、マトリックス等のハリウッドアクションに影響を与えている
アクションシーンもとても良いのですが、
私としてはこの映画が持つ、とても冷たい、とても静かな世界観から感じられる
『人間関係とは何か』、みたいなところが好きです。

このような視点で見ていただくと、より一層楽しめるのではないかなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
saku_tune

4.0素晴らしい作品だとは思うけど・・・

よしさん
2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

脳の電脳化、身体のサイボーク化が当たり前になった未来。「人形使い」と呼ばれる凄腕ハッカーを、刑事である主人公が追う物語。

押井守の名前を世に知らしめた作品です。
映像の精緻さ、パトレーバーから引き続きの小倉氏が描いた街並み。そして「サイボーク化された人間」という設定と「アニメ」という表現方法により、魅力が最大化されたアクション。流石の一言です。
ただ、この映画は草薙元子の自我を求めるお話なのでしょう。「電脳化された知能」に対する不信。自我に対する不安。それに悩み、解消しようとした草薙の物語です。
それはそれで素晴らしいテーマですが、上映時間80分では表現仕切れないもののように感じました。
TVのように12話をかけてじっくりとストーリーを作らないと、この映画の結末は唐突感を感じざるを得ません。

押井監督は大好きな監督さんですが、「毒気が強すぎて制御し難い監督」と言う印象が強くあります。そしてこの作品は、以前の作品と比較して、押井色がストレートに押し出された作品のように感じます。
個人的な好みの話で恐縮ですが、私には「あたる達友引高校の面々」や「遊馬達第二小隊の面々」が程よく毒気を中和した、ビューティフルドリーマーやパトレーバーの方が、より良い作品だと感じています。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全33件)

他のユーザーは「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」以外にこんな作品をCheck-inしています。