GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊のレビュー・感想・評価

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

劇場公開日 1995年11月18日
23件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ゴーストをハックする人形使いを探せ

・オープニングで義体の生成過程が示される
・アジアのノミの市の美術が素晴らしく、作品の世界観の大部分を担っていた
・BGMだけが流れ、雨の降る街並みの描写や戦闘準備の様子が長尺で流れる
・9課VS6課(外務省?)、外部かと思いきや敵は内部にいる
・プロジェクト2501、人形使い計画
・容赦ない草薙素子の人体破壊描写にしびれる
・最後はデータの人形使いとひとつになった少女素子がバトーの元を離れるカットで幕
・ひとつの事件がひとつの時間軸で動くので分かりやすい内容だった
・電脳世界で会話したり情報捜査するのが当時としては新しかったのかな
・緑色のデジタルエフェクトがカッコいい、電脳空間にいくことを「タイブする」
・透明になる光学迷彩、指先が複数に分かれてキーボードをたたく、同じ顔のオペレーターなどのSF表現もくすぐられる

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

95年に観てたら

もっと評価したかもしれない。目新しさや意外性を今観て感じないということは、現実がこの映画に追い付きつつあり、あまり差がなくなってきたということなのかもしれない。そう考えるとそれだけ先見性が高かったと言えるだろう。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年5月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日記を読んでいるような

評価:つまらない
、が地味でリアル。。

現実とは遠い架空の世界を垣間見ているような、気がする映画です。

ストーリーとか殆どありません、
ただ、特殊隊員の日常をそのまま切り取ってきたような映像です。

海外など自分が全く知らない場所に旅行に行くとワクワクしませんか?そんな気持ちが沸き起こってきます!

カタログ君
カタログ君さん / 2017年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テンポが悪く、意味不明な場面も多い

採点=40/100

機械の体を持った主人公の女性警察官が悪を倒していく話。

内容は最悪。テンポが悪く、意味不明な場面も多い。途中で眠くなる。しかも物語自体がひどく、到底 楽しめるものでは ない。
映像が美しいのは認めるが、これは映像をぼーっと眺める映画では なく、ストーリー映画である。映像だけが きれいでも満足できない。
金をドブに捨てたい人以外は見るな。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ツァラトゥストラ

海面に上がる心地、山を下る心地。

匂いまで伝わる繊細な画面、象徴的且つ寄り添う音楽、キャラクターの仕草や動作、声優の上質な演技に大脳を掴まれた。

作中に直接的に引用されている「コリントの信徒への手紙(13章) 」は12節までだが、素子の言葉はその後の節まで示している。
ならば13章の終わりまで到達するとみて、間違いないだろう。
意訳すると、「人生の最期に残るもの。それは、信仰、希望、そして愛。一番大事なものは愛だ。」

ネットワーク社会をインドラの網と解く本作は、自己否定の祝福であり他者肯定への祈りである。

たろっぺ
たろっぺさん / 2017年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1995年製作か~

原作は未読。それで米国実写を先に見ているというかなり特殊な状態での鑑賞。

いかにも押井守の好きそうな題材を当時としては先端の感覚で描いてるといった印象。込み入ったややこしい筋を会話のみで進行させ、ムードはハードボイルド。狙ったアジアンテイストとの融合も悪くない。

(実写化は意外とオリジナルに沿ってたのだなぁと。トータルでは酷い出来でしたが。ここ余談)
長さも含めて原石的な作品かと感じました。

散歩男
散歩男さん / 2017年7月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすが!

根本は単純なお話なのにセリフと倫理観と精神・ネットワーク世界が複雑に絡み合って重厚で味のある物語になっているのが最高でした。

さすが押井さんですね

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あまりに退屈で寝てしまった

おそらく2回観てるけど2回とも途中で寝落ちした。
あまりにも展開が遅く、何やら早口でぼそぼそとしたセリフがいけない。
キャラはそれぞれ個性が有るのかもしれないけど、貴重な時間を割いてまで観るべき映画とは思えない。

つかちん
つかちんさん / 2017年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画『マトリックス』にも影響を与えたアニメ映画の良作

士郎正宗氏による漫画が、監督・押井守氏の手によってアニメ映画化されました。その内容は何とも表現しがたい部分もあるのですが、興味深いの意味でおもしろさを感じました。
『マトリックス』の監督にも影響を与えたとかで有名です。

本作に続く話として、劇場版の「イノセンス」があります。
他にも話は別物になりますが、TVアニメ版「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」、またそれに続く2作品があります。

ただ、私にとって攻殻機動隊と言えば、まず最初に本作が頭に浮かびます。それほど本作は印象深い良い作品だったのだと思います。

ちあき
ちあきさん / 2017年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

高1の時の生物の教師が 初っ端から「生物とは何か?」という質問をし...

高1の時の生物の教師が 初っ端から「生物とは何か?」という質問をして 答えた生徒は片っ端から潰されるのだが 結局 その教師は答えは言わないままだった。その頃 まだこの話しは生まれてなかった この話しをその頃読んでたら もっと この質問に深く興味といい答が出たと思う まだあの教師はこの質問をしてるのだろうか?
大学に言って 医学部教授に同じ質問をしたら きっぱり「DNAだ」と言い切っていた 私は その答えの明確さに 全く釈然としなかったが生物学は既に実験観察から情報学にシフトしていた。その頃 この原作が生まれている。「情報も記録も幻に過ぎない」では この私 生物は存在しているのか 存在していると思っているだけなのか…タイトル 攻殻機動隊 から アクションものかと思いきや…
20年前の作品とは思えないのか 世界が近づいて来たのか

U-TA
U-TAさん / 2017年4月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ハリウッドリメイクを見た後、興味が湧き鑑賞。
…思ってたよりはわかりやすい。
そして、22年前っていう年月を感じさせない。
2017年の今でさえ、十分面白くて、最後まで観ていられる。

なんというか、個体としての定義をハリウッド版は過去に求め、オリジナル版は進化とか…未来、ではないな、今に求めたような印象。
比較と対比に依存せず、今、確立しここから進化しかしない自我を受け入れろ、と。
結末が180度違ってた。

まあ…小難しい話には間違いない。

作中にある先先端の技術、光学迷彩や、擬態化、公安何某かとかの設定が撒き餌の如く思えた。デコレーションは変わっても、物語の本質はそうそう変わるものではないのだなあと、改めて感じた。
それは偏に、人が人を描くという創作が飽和しているのかもしれないし、結局は帰結するのかもしれない。

これもまた、小難しい話である。

U-3153
U-3153さん / 2017年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

納得力がある作画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人、機械、建物、映像全体から存在感が物凄く伝わってきます。
リアルな表現とはまた別の、「こういう社会が本当にある!」と納得させられてしまう視覚表現でした。

原作も観ましたが、別々の話を、外務省の政治的な都合を軸にして1本の話にまとめてたのは見事です。
押井監督っぽい哲学的な話がメインとなっていましたね。

作画、内容、メッセージ性と、全てがほぼ完璧な作品です。

ジンクス
ジンクスさん / 2017年1月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SFアニメの金字塔

今春ハリウッド実写版が公開されるので,オリジナルを久しぶりに鑑賞。22年前の作品だが,その世界観は今なお斬新で古臭さは微塵も感じられない。驚異的な名作であることを再認識した。

M.Kotaro
M.Kotaroさん / 2017年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インターナショナル版が

好み

薫
さん / 2016年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

技術の発展と共にある人類の宿命というかエゴというか、それと同時に失...

技術の発展と共にある人類の宿命というかエゴというか、それと同時に失われていく人間を形成するもの…色々と考えちゃうな

柴左近
柴左近さん / 2016年3月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20151026 オリジナル版の方がいい!

リメイク版の2.0を先に観たけど、オリジナル版も観たくなり今回観てみました。正直、多少の古さは感じるものの、変にCGが入らないで構成された1995年版の方が個人的には好き。90年代半ばにこんなにクオリティの高いSFアニメ映画があったなんて驚きです。脚本・演出どちらも好みの作品です。

NANA
NANAさん / 2015年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めて見たときは衝撃だった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

10年前に一度見ていたけど、つい最近また視聴。

すごい、10年経ってるのに全然古くなってないし、
むしろ時代がついてきている…!?
マトリックスがはやった時代に攻殻機動隊が多大な影響を与えた、と話題になっていましたね。

攻殻シリーズはその後映画、今もテレビシリーズでずっと続いているようだけど、
私にとっては申し訳ないですが後は惰性でもうこれが全てです!!
バトーさんのイノセントとかも見ましたが、あー…見なきゃよかったー…ってなってしまいました。

内容についてはあまり触れませんが、
ストーリーの中盤で素子とバトーが真っ暗な海上
の船で聞いた言葉が好きですね。
なんかこの作品を表してるような気がします。

あと昔の香港のようなゴチャゴチャした町並みのシーンは強烈。
音楽と映像がずっと頭から離れない。
あのシーンの意味って正直ないけど、ずっと記憶に残っています。

音楽がすごく好きなので調べたら、今の大河「花燃ゆ」の音楽作ってる方でした。
花燃ゆのOPすごくいいですよね。

繰り返し繰り返しみても飽きない作品です。

とば
とばさん / 2015年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今観ても新しく思えるアニメーション!

内容は難しいのですが、とにかくアニメーション技術がすごい!リアル感に圧倒される事間違いなし!これが95年の作品だとは信じられないくらいで、今のアニメ作品の映像にも全く引けをとらない出来です!

本編時間が80分と短いので、すぐに終わってしまうのですが、内容理解と作品の世界感、そしてなにより、あのアニメーションにまた浸りたいと思い、すぐに見返しまいました。

一時アニメの長編映画を多く観ていたのですが、その中でも一番印象に残っている作品です。おすすめです!

つぶろん
つぶろんさん / 2015年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

朧と不安

漫画は昔から持っていて、よく読んでいたんですけど、映画で観たのは今回が初めてでした。これが一時代を作り、その後の作品に影響を与え続けているというのは、すごく納得できる出来でしたね。
なにせ醸し出す不安感が半端ないです。音楽もそうだし、頭上に覆いかぶさるようなジェット機の影もそうですけど、情報社会の自由さに相対するような圧迫感が常に映画の中にあります。この雰囲気は、確かに魅了されますね。
記憶という朧でしか自分を自分たらしむことのできない私たちの不安がテーマです。最後の素子に希望を見るのか、はたまた無限の閉塞感を見るのか、その辺は今後、自分の感じたものを探っていきたいと思います。自分の中にダイブだっ!

チャーリー
チャーリーさん / 2015年4月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かっこいい! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 結局人形遣いはデータ的な存在でしかないのに、草薙と融合など本当にできるのだろうか。融合したからと言って思い通りに子孫を残したりできるのかすごく疑問だった。もしかしたら説明があったかもしれないのだが、難しすぎて理解できなかったのかもしれない。最期、バトーの元から出て行ってしまう。ネットの世界は広大だというなら別にバトーの家で接続しててもいいんじゃないかな。車も好きなの選んでいいと言われてうらやましい。

 これまで何度か見て、その度に理解できたようなできないような、でもかっこいいからいいや!などと思っていたのだが、場面として出てこない対象を会話でやりとりしているのは、頭に入って来なくて、しかも面倒な内容なのですごく眠くなる。今回も途中2回眠気で中断した。

 未来のガジェットや戦闘場面などはたまらない。またそのうち見返すだろう。時々ものすごく見たくなるんだよな。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2015年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

23件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi