攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone

劇場公開日

  • 予告編を見る
攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone
17%
46%
35%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これまでも押井守や神山健治によってアニメ化されてきた士郎正宗の名作SFコミックを原作に、主人公・草薙素子が公安9課=攻殻機動隊を設立するまでの過程を描いた「攻殻機動隊ARISE」全4話の最終話。国外カルテルの利権をめぐるデモ活動の激化やニューポートシティで起きた警備隊による無差別発砲事件は、全て電脳ウィルス「ファイヤー・スターター」の感染が引き金になっていた。素子率いる独立攻性部隊は事態の制圧を図るが、事件の裏には「ブリキの少女」エマと「カカシの男」ブリンダJr.が潜んでいた。黄瀬和哉総監督の下、第4話監督として、シリーズ構成を務める冲方丁の代表作「マルドゥック・スクランブル」のアニメ化も手がけた工藤進が参加。テーマ曲は、豪華アーティストがコラボーレションした高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI#×ゴンドウトモヒコ×LEO今井)が担当。

2014年製作/58分/G/日本
配給:東宝映像事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

総監督
監督
工藤進
原作
士郎正宗
シリーズ構成
冲方丁
脚本
冲方丁
製作総指揮
石川光久
エグゼクティブプロデューサー
上山公一
松下卓也
横山真二郎
製作
河野聡
金子秀二
森下勝司
佐々木史朗
大田圭二
チーフプロデューサー
大河原健
古澤佳寛
川口徹
プロデューサー
阿部研吾
辰澤奈津子
西村知恭
スーパーバイザー
藤咲淳一
安永尚人
桂田剛司
鈴木綾一
絵コンテ
工藤進
荒川直樹
キャラクターデザイン
黄瀬和哉
サブキャラクターデザイン
新井浩一
メカニックデザイン
柳瀬敬之
常木志伸
総作画監督
新井浩一
作画監督
立石聖
西村郁
栗田聡美
桜井邦彦
美術監督
竹田悠介
益城貴昌
美術設定
加藤浩
荒川直樹
プロップ
荒川直樹
銃器設定
金子秀一
柳瀬敬之
立石聖
演出助手
渡邉徹明
メインキャラクター色彩設計
片山由美子
色彩設計
藤田裕子
色指定
境成美
3DCGI
オレンジ
3DCG監督
井野元英二
特殊効果
村上正博
村上寿美江
撮影監督
田中宏侍
モーショングラフィック
上村秀勝
新井青磁
編集
植松淳一
音楽
コーネリアス
音響監督
岩浪美和
エンディングテーマ
高橋幸宏
小山田圭吾
砂原良徳
TOWA TEI
ゴンドウトモヒコ
LEO今井
アニメーション制作
Production I.G
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

映画レビュー

3.5やはり課題は見せ方

2017年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

全編通じて言えることですが、内容の濃さに観客への伝え方、演出の仕方が追いついていないです。

電脳という概念は稀代の発明品なんですが、これをさらに生かしてくれるアニメーター、作品を期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジンクス

2.5行きすぎた情報化社会の危険性、肌で感じる作品。

2014年9月20日
PCから投稿

興奮

知的

難しい

【賛否両論チェック】
賛:息もつかせぬ電脳線の連続に、手に汗握る。時間も短めなので、それほど抵抗なく観られそう。
否:前作までを知らないと、訳が分からなくなること請け合い。

 世界観はかなり分かりにくいので、前作までの知識は必須です。電脳線のシーンは結構理解に頭を使うので、ちょっと疲れるかもしれません。
 敢えて観てみるというよりは、元々作品の世界観を知っていて、尚且つ好きな人向けといった感じの映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

5.0クオリティーの高い作品

2014年9月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

最初からトップギアで物語が進行し、とても内容が濃い60分間です。
話を理解するのに脳をフル回転させながら集中して観ました。
とても見応えのある素晴らしい作品です。
絵に関しては所々昔のアニメっぽい粗さがありますが、わざとなのでしょう。
CGを駆使して全てをクリアーに描くよりも味があって私は好きです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コスモタイガー2
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「攻殻機動隊」シリーズ関連作品