コンカッション

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
コンカッション

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウィル・スミスが引退したアメリカンフットボール選手の死とアメフトの因果関係を発見する実在の医師を演じ、第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた作品。ナイジェリアからやってきた医師ベネット・オマルは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を引退し、心筋梗塞で亡くなったマイク・ウェブスターの変死解剖に携わる。オマルはプレイ中の頭部への激しいタックルが原因である脳の病気「CTE(慢性外傷性脳症)」を発見し、論文を発表するが、NFLサイドはオマルの見解を全面否定。権力を使い、オマルと彼の周囲に圧力をかけていく。ウィル・スミスが主人公オマル医師を演じ、アレック・ボールドウィン、アルバート・ブルックスらが脇を固める。監督は「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」のピーター・ランデスマン。「オデッセイ」「ブレードランナー」のリドリー・スコットが製作。

2015年製作/122分/G/アメリカ
原題:Concussion
配給:キネマ旬報DD

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ウィル・スミス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0もう少し被害選手の葛藤が欲しかった

2018年6月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

アメリカ人はパワーを主体とするものが好きだ。
車しかり、スポーツしかり。
パワー通しのぶつかり合いも大好き。
プロレスしかり、NFLしかり、NHLしかり。

NFLなんて、他の国の人から見れば「なんでこのスポーツ異常に人気があるの?」なくらいアメリカでは大人気。人気なモノには金が集まる。金が集まるモノにはリスクがある。そんなリスクを取り上げたお話である。

ストーリーの流れには王道。巨大な権力に立ち向かうが色々な邪魔が入り、それでも頑張り的な。淡々と進み、淡々と終わります。

過去の実際映像も含め、実際こんな話がありましたよ的ですので内容は文句は無い。だが、今回はその内容をそのまま演技しました感が強く、別に医師オマルをウィル・スミスでも無く医師バイレスをアレックでも無くて良いのでは?感が強かった。途轍もない演技力が要らないのである。ウィル・スミスが、ゴールデングローブ賞がノミネートのみだったのには納得である。被害者の葛藤も薄いですし。

NFLに興味があり、裏話を観たい方には良いかもね。
ただスポーツ競技の裏話としたら、前に観た「疑惑のチャンピオン」の様に内容に新たな発見など無かった為この評価です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
巫女雷男

3.5富裕層の道具

ひろちさん
2018年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

米のフットボールリーグであるNFLは、年間総売上が1兆円を超えるだけでなく、米国民はその試合に人生や生き方、英雄やリーダーの在り方を投影しているらしく、米の風土が生んだ国技とも言えるのだろう。だが、その内幕は、選手を人間扱いせず、スター選手なら尚更、金を産む装置としており、経営に携わる者や医師は素人で、貧困ビジネスと変わりがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろち

3.5危険性を訴える事は貶す事だけじゃない

近大さん
2018年4月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

CTE=慢性外傷性脳病。
脳への激しい衝撃が原因である脳の病気。
アメフトに於けるその危険性を発表した医師の実話に基づく物語。

アメフトの元スター選手が変死した。
解剖を担当したオマル医師はその死に不審を抱き、試合中の脳への激しい衝撃が原因である事を発見する。

アメフトは全く見た事ないが、映画などでちらっと見る限りでも、選手同士が激しくぶつかり合う。
それがアメフトの醍醐味だろうが、その際の身体への衝撃は相当なもの。
特に、脳。
脳は頭蓋骨に覆われている以外、クッションとなるものが何も無い。
劇中でも説明されていたが、ビンの中の水に揺られた物の如く、頭蓋骨の中で脳が激しく揺られ、ぶつけられる。
そう考えると恐ろしい。
白熱のスポーツに潜む危険性。
別にアメフトだけじゃなく、その他のスポーツ、事故や日常生活にだって潜む。

オマルが論文を発表するや否や、NFLから大ブーイングが。
言ってみりゃ、アメフト界に喧嘩を売ったようなもの。しかも、アメフトはアメリカの国民的人気スポーツだ。
圧力や時に身に危険が及ぶ。
いや、実際に及んだ。

これは誤解だ。
何もオマルの発表はアメフトを陥れようとしてる訳じゃない。
アメリカの偉大なスポーツに敬意を払い、選手たちの為に危険性を呼びかけているだけなのだ。

ウィル・スミスが非常に抑えた真摯な好演。
いつもと違う喋り方とか仕草とか、相当役作りに凝ったであろう事が窺える。

作品自体は淡々と地味。
しかし、なかなか興味深く見れた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

3.5NFLだけでなく格闘技含むコンタクト競技のファンはこの映画を見る責任がある

ヒロさん
2018年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒロ
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る