新「チャーリーズ・エンジェル」、クリステン・スチュワートほか注目女優2人抜てき : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月31日 > 新「チャーリーズ・エンジェル」、クリステン・スチュワートほか注目女優2人抜てき
メニュー

新「チャーリーズ・エンジェル」、クリステン・スチュワートほか注目女優2人抜てき

2018年7月31日 11:00

左からナオミ・スコット、クリステン・ スチュワート、エラ・バリンズカ「蜘蛛の巣を払う女」

左からナオミ・スコット、クリステン・
スチュワート、エラ・バリンズカ
Photo by Tony Barson/FilmMagic/Getty Images、
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic/Getty Images、
Photo by Ricky Vigil M/GC Images/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズ製作によるリブート版「チャーリーズ・エンジェル」に、クリステン・スチュワートのほか、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカが起用された。リブート版は、全米大ヒット作「ピッチ・パーフェクト2」で長編監督デビューを飾った女優エリザベス・バンクスがメガホンをとる。

出演が決まったスコットは、英ロンドン出身。「パワーレンジャー」でバンクスと共演しており、米ウォルト・ディズニーが準備中の実写版「アラジン(原題)」では王女ジャスミン役に抜てきされている注目歌手で女優だ。同じ英女優バリンスカは、刑事ドラマ「バーナビー警部」に出演しているが、ほぼ無名の新人といえる。

米Deadlineによれば、監督のバンクスは、出演も兼ねるとのこと。姿を見せないチャーリー・タウンゼント探偵社のオーナーとエンジェルたちを仲介するボスレー役を演じるという。

脚本はバンクスと、「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「蜘蛛の巣を払う女」(クレア・フォイ主演)を手がけているジェイ・バスが共同執筆。バンクスと夫マックス・ハンデルマン(「ピッチ・パーフェクト」シリーズ)、エリザベス・カンティロン(「コンカッション」)が製作を務める。リブート版「チャーリーズ・エンジェル」は、2019年9月27日に全米公開が予定されている。

1976年から81年にかけて米ABCで放送された、美人探偵トリオの活躍を描く人気テレビシリーズの映画版「チャーリーズ・エンジェル」は、キャメロン・ディアスドリュー・バリモアルーシー・リュー主演で2000年に公開され大ヒットを記録。03年には同じキャストで続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」も製作された。

(映画.com速報)
チャーリーズ・エンジェル[Blu-ray/ブルーレイ] チャーリーズ・エンジェル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,305 ドリュー・バリモア主演で贈る、私立探偵“チャーリー”がセクシーな美女3人を部下に、難事件を解決していく痛快アクション!
ピッチ・パーフェクト2[Blu-ray/ブルーレイ] ピッチ・パーフェクト2[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 世界的ヒットを記録したガールズアカペラムービー「ピッチ・パーフェクト」の続編。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi