いちごの唄

劇場公開日:

解説

ミュージシャンで俳優としても活躍する峯田和伸のバンド「銀杏BOYZ」の楽曲からインスパイアされた人気脚本家の岡田惠和が、自らの脚本でつむいだオリジナルストーリーを映画化。岡田脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」などを手がけたテレビドラマ演出家の菅原伸太郎が長編映画初メガホンを取った。冷凍食品の製造工場で働く笹沢コウタの大親友・伸二は、2人が「天の川の女神」と崇拝していたあーちゃんを交通事故から守り、あーちゃんの身代わりとなって死んでいった。それから10年、コウタは偶然あーちゃんと再会する。伸二の「死」を背負いながら生きていたコウタとあーちゃんは、伸二の命日に1年に一度「逢うこと」を約束。毎年逢瀬を繰り返すコウタは、次第にあーちゃんに恋心を抱くようになる。俳優のほか、バンド「The SALOVERS」のボーカリストとしても活動する古舘佑太郎がコウタ役、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の石橋静河があーちゃん役をそれぞれ演じる。

2019年製作/114分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26

(C)2019「いちごの唄」製作委員会

映画レビュー

3.5大人の千日も清原香耶なら良かった

2019年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

清原果耶が演じたのは中学生時代のヒロイン・天野千日。苗字をもじって「天の川の女神」と、同級生のコウタたちが憧れて呼ぶ美少女、しかもある秘密を抱え憂いを帯びるミドルティーンを清楚に体現した。十年ぶりにコウタが再会する二十代半ばの千日役は、石橋静河。彼女をディスる意図はないと断っておくが、コウタ目線で“劣化”したと失望したのではないかと想像した。「デイアンドナイト」でファムファタールの片鱗を見せていた清原の演技力なら、過去を背負う二十代半ばの役も説得力十分に表現できたはず。ドラマでは主演作が複数あるが、そろそろ映画でも単独主演で観たい。

石橋静河の演技も悪くないが、「きみの鳥はうたえる」のように身体表現を活かせるキャラクターを、若くて動けるうちに多く挑戦するといいと思う。古舘佑太郎の過剰さは、父親・古舘伊知郎譲りなのか。二世俳優同士の二人が醸す空気感に最後まで馴染めなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
高森 郁哉

3.0まとまりが無い

2022年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

テーマは大雑把に言えば複雑な出自を持つヒロインと、発達障害気味で親友を無くした主人公の過去を乗り越える成長物語り。

このテーマに沿って肉を付け重厚な物語にするのが一般的だが、主人公とヒロインのキャラがなんせ薄い。
描き切れていない。
隣に住むパンク少女と被災した女子中学生のパートは切ってでもキャラ設定を描いた方がいいと思った。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コブラちゃん

4.0千日紅

2022年8月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

前情報なく配信で観ました。
コウタがほぼ一方的に話し続けるけど、あーちゃんの自然な受け応え、笑顔が素晴らしい。コウタは、不自然さを自然に演技している不思議な感じ。好きな作品です。

コメントする 1件)
共感した! 1件)
つもろう

2.5主人公って。。。

2022年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

古館祐太郎演じる主人公って、ちょっと言い方が悪いかもしれないが、
ちょっとした成長過程での障害を抱えてたりするのかも、と思い観ました。

最初は彼の演技が大げさなのか、と思ったのだが、
行動なんかが一般男性とはちょっと違うし、そもそも幼少期に施設で育ったというのもあるので、
やはりそうなのかと思った。

しかし、本編で全く描かれていないので、ちょっと誤解を招くのかなと思った。
もしかしたら、古館祐太郎の演技の癖で私がそう思っていたら飛んだ誤解だが。

ストーリー、あらすじは月並み。のめり込むことはなかったし、心が吸い寄せられることもなし。
ただ、ポイントポイントに有名な方々が出てくるのでそれを探すのが面白かった。

特に清原果耶、蒔田彩珠、恒松祐里が揃って出演しているの凄い。
今思うとよくキャスティングしたな、と思うと同時に、それほどカットが多くなかったので、
カツカツのスケジュールだったのかな。
となると、もうブレーク前夜みたいな状況で出演したのか。ある意味貴重な作品。

あとは岸井ゆきの演じる役どころが良かった。彼女もまた最近は色々出演している。

さて、今作は銀杏BOYZの楽曲がテーマに描かれているが、正直、銀杏BOYZや全身のGOING STEADYに関する映画や小説は何作品かあり、正直このテーマも、ただただファンの自己肯定感にならざるを得ないと感じる。ブルーハーツもそうだが、結構出きっている。
それほど気にはならなかったが、どこかで『またこの流れか』と思ってしまった。

あと、今作の石橋静河は前田敦子に似ている。あっちゃんでも面白かったかもね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
じーたら
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る