沖浦啓之

沖浦啓之
出身
日本/大阪

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

大阪出身。82年、作画スタジオ「有限会社アニメアール」に入社。84年、TVアニメ「星銃士ビスマルク」で作画監督としてデビューし、映画「AKIRA」(88)、「老人Z」(91)では原画を担当する。91年に拠点を東京に移し、「走れメロス」(92)で初めてキャラクターデザインを手がける。押井守監督作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」(95)のキャラクターデザイン・作画監督を経て、押井監督の脚本による「人狼」(99)で監督デビュー。リアルな作画・演出で一躍名を馳せ、同作は国内外の映画祭で高い評価を得た。原案・脚本から担当した、12年ぶりの監督作「ももへの手紙」(12)は文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞し、全米での公開も決定。その他の参加作品に「COWBOY BEBOP 天国の扉」(01)、「イノセンス」(04)など。

関連作品(映画)

沖浦啓之の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

沖浦啓之の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

沖浦啓之の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

沖浦啓之の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「沖浦啓之」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る