ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
15%
53%
27%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1995~96年に放送され、社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を、新たに4部作の劇場版として構成する「新劇場版」の第1部。原作・総監督はTV版に続いて庵野秀明。新作パートの画コンテに「日本沈没」の樋口真嗣、「交響詩篇エウレカセブン」の京田知己など、豪華スタッフ陣が参加。14歳の少年・碇シンジは、10年ぶりに再会した父ゲンドウが司令官を務める特務機関NERV(ネルフ)に呼び出され、人型決戦兵器エヴァンゲリオンに搭乗し、使徒と呼ばれる謎の敵と戦えと命令される。

2007年製作/98分/日本
配給:クロックワークス、カラー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

総監督
監督
摩砂雪
鶴巻和哉
エグゼクティブプロデューサー
大月俊倫
原作
庵野秀明
脚本
庵野秀明
主・キャラクターデザイン
貞本義行
主・メカニックデザイン
山下いくと
新作・画コンテ
樋口真嗣
京田知己
画コンテ
鶴巻和哉
庵野秀明
作画監督
松原秀典
黄瀬和哉
奥田淳
もりやまゆうじ
貞本義行
メカニック作画監督
本田雄
特技監督
増尾昭一
演出
原口浩
作監補佐
大塚八愛
田代雅子
高山朋浩
デザインワークス
高倉武史
okama
渡部隆
海老川兼武
佐藤道明
鷲尾直広
石垣純哉
柳瀬敬之
黄瀬和哉
小松田大全
小林浩康
松原秀典
本田雄
庵野秀明
あさりよしとお
きお誠児
出渕裕
色彩設計
菊地和子
美術監督
加藤浩
串田達也
CGI監督
鬼塚大輔
小林浩康
撮影監督
福士享
編集
奥田浩史
音楽
鷺巣詩郎
テーマソング
宇多田ヒカル
総監督助手
轟木一騎
原作協力
GAINAX
脚本協力
薩川昭夫
榎戸洋司
吉川良太郎
櫻井圭記
演出協力
静野孔文
原画協力
平松禎史
翻訳協力
兼光ダニエル真
ネガ編集協力
三木幸子
中野千尋
アニメーション制作
スタジオカラー
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 日本アカデミー賞(2008年)

ノミネート

アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0改めて見るとやっぱり面白い

2020年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

久しぶりに観て、やっぱり面白いなあと感じた。「序」に関しては真っ当に少年の葛藤のドラマとして完成度が高くて、クライマックスのヤシマ作戦に行くまでの主人公の葛藤と戦いの盛り上がりがシンクロしている。誰も信用しない内気な少年が色々な人とのふれあいを通じて、恐怖を乗り越え、日本中の電力を預かり、敵を殲滅する。少年は一人で戦っているわけではなく、みんなの力で困難を乗り越えていき、成長していくという構造。ボーイ・ミーツ・ガールの要素もあり、すごく王道感がある。(これ以降、異様な方向に行くのだが。それもまたすごく面白いのだけど)
アクションシーンはTVシリーズから大幅にブラッシュアップされてすごくかっこよくなったし、展開を圧縮している分、テンポよく物語が進むのでTV版より見やすいかもしれない。動かないシーンも構図が綺麗で見惚れる。改めてすごい作品だなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

3.0シンエヴァ観るために

みなさん
2021年5月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

興奮

映画館営業再開したらシンエヴァ観に行くか、と思って重い腰をあげて過去映画を見返しました。とりあえず序はだいぶ記憶に残っていたのでついていけた。シンジくんの主人公らしからぬウジウジが目につくけど逆にそこからものすごいど根性発揮するのが凄いですね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.0良さがまだ理解出来ない

2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

シン・エヴァンゲリオンの興行収入のニュースで興味が湧いたので、Amazonプライム・ビデオで鑑賞。使徒が何者かの説明はなくいきなり使徒たちとの戦いに主人公が立ち向かうストーリー。劇場版の次回作を見ないと理解出来ないのかも。使徒との闘いのシーンは巨神兵との闘いを思い起こされた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あっちゃんのパパと

3.555点→75点

2021年4月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

知的

難しい

寝られる

《2021.4月19日時点》

映画評価:75点

いよいよ新劇場版四部作が完結するという事で、
映画館に行く前の[復習]として再視聴しました。

このレビューを読んで頂く前に
軽い自己紹介にお付き合い下さい。

私は映画タイプの中でも、
基本的にアクション映画や特撮映画、ロボットモノ等は苦手です。
またシンジの様なウジウジした後ろ向きな主人公は嫌いです。

これを踏まえても
この作品はとても素晴らしいと評価出来ます。

地球を滅ぼそうとする未知の生命体である
《使徒》
この使徒との戦いを半ば強制的に巻き込まれる少年、それがシンジです。

使徒に対抗出来るのはエヴァンゲリオンのみ。
そのエヴァンゲリオンに適合出来るのはお前しかいないから乗って戦え。断るなら地球は滅びてお仕舞いですけど?シンジくんどうする?って所から
スタートするストーリーです。

そうなんです!とても理不尽なんです。

これだけの理不尽を押し付けられたら、
そりゃシンジじゃなくてもウジウジもするし、
乗りたくないと泣きわめきますよ。

それでも彼は乗るんです。
現実から目を背けず逃げないんですよ。
これのどこが情けないのか?

少し前までただの中学生ですよ?
凄くないですか?
今の私からは彼を《尊敬》しています。

この『序』では、
シンジが自らの意思でエヴァンゲリオンに乗り、
闘おうと決意するまでが描かれています。
たくさんの葛藤が垣間見えます。

四部作の最初だけあって、
この作品からエヴァンゲリオンを知っても
楽しめるし、1つの映画としても完成されていたと思いました。

むしろテレビ版の知識がある方が
見辛いのかもしれません。

忘れてしまった方が
新劇場版を観るという点においては
楽しめるのかもしれませんね。

この時点でアスカは出ないの~?
ってなる人は、
尚更忘れて観て下さい。混乱しますよ!

新劇場版《序》には未だ出ていないし、
今後の新劇場版なりの登場シーンに、
必ず意味があるはずです。

そして、もう1つ
この作品を見てもエヴァンゲリオンが何なのか、
何で使徒が攻めてくるか、
綾波レイって何者かなんて一切わかりません。
ってか何も教えてくれません。

この作品を通して、
各々が想像し、感じていくしかないです。
ひょっとして最後まで観たら解るのかもしれないですけど、自分で考察していくしかないです。
むしろ私はそれが楽しいです!

是非、一緒に楽しみましょう!
ご拝読ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《2014.8月22日時点》

映画評価:55点

【TV版】

この10日間でアニメ版、旧映画版と観てきて今回は新劇場版「序」を観ました。

驚愕!

凄く見やすいです
20年前のエヴァンゲリオンではシンジの声が女性寄りだったり、ミサトも顔がミサトなのに月野うさぎの声寄りだったりと個人的に鑑賞しずらかった部分も多かったのですが

それが改善されている!
ミサトの声なんか、30歳後半にも聞こえる様になりました(苦笑)

あとは、やっぱりグラフィックの進歩

昔の全体的に暗くムーディーな雰囲気が一新され、誰でもストーリーに入りやすい明るい雰囲気となりました

内容自体も、アニメ版の余計な部分(ファンに怒られそうだが)が少なくなり、ライトユーザーにも親しみやすくなったと思います

【2015.12.6記入】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まぁと@名作探検家
すべての映画レビューを見る(全119件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「エヴァンゲリオン」シリーズ関連作品