スパイダーマン2

劇場公開日:

解説

サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演による「スパイダーマン」の続編。スパイダーマンとグリーン・ゴブリンの死闘から2年。大学生になったピーターは、スパイダーマンとして日夜ニューヨークの街を守りながら、学業とアルバイトを両立させるべく悪戦苦闘していた。忙しさのあまり、舞台女優として活躍する憧れの女性メリー・ジェーンとの心の距離は広がるばかり。ピーターの親友ハリーは自分の父を殺したのはスパイダーマンだと思い込み、復讐心を燃やす。そんな中、優秀な科学者ドクター・オクタビウスが実験中の事故により、伸縮自在の金属製アームを操る怪人“ドック・オク”に変身してしまう。前作のキャストに加え、新たな敵ドック・オク役で「フリーダ」のアルフレッド・モリーナが参戦。2005年・第77回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した。

2004年製作/127分/アメリカ
原題:Spider-Man 2
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
劇場公開日:2004年7月10日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 アカデミー賞(2005年)

受賞

視覚効果賞  

ノミネート

音響編集賞  
音響録音賞  
詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

TM & (C) 2004 MARVEL & (C) 2004 CPII All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0自己犠牲と‼️❓正義感と‼️❓愛と‼️❓

2024年1月1日
PCから投稿

テレビの録画、何度観ても、感動する🥲
それはヒーローを含めて無限大の力ではなく、限界で戦い、挑戦すること、それは悪役も同じ、みんな苦悩し、悪か善か運命の悪戯なのか、いや、違う、心の持ち方であると信じたい。
自分が主人公なら、悪と戦う勇気はあるが、命までは賭けようとは思わない。
その点、電車のシーンは感動的だ、みんなを見て、絵空事じゃなくて、そんな人達は多いと思う。
アクションだけで無く、全ての人物造形が、素晴らしいセンスだ、超感動である、悪魔のように繊細で天使のように大胆だ。
ヒーローとは超的な能力だけで無く、日々の超精進と、超謙虚と、超思いやり、で成り立つのだろう、大谷翔平のように、自分はこの映画と大谷翔平の爪の垢でも飲んで、思いやりとわずかな正義感とともしびの愛で、生きていきたいと思う、ありがとうございました😭😊

コメントする 2件)
共感した! 8件)
アサシン5

3.0見た。

2024年1月1日
PCから投稿

見た。普通。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
プライア

3.5MJが迷惑、

2023年12月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

混乱の元。
結婚式のくだりは、新郎がかわいそう。

叔母さんがしっかりしていたな。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
myzkk

4.5"ヒーロー"映画として傑作の一本。

2023年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、VOD

悲しい

興奮

幸せ

前提として
・3回目ぐらい
・前作『スパイダーマン』は視聴済
・サム・ライミ監督の他作品だとMARVEL作品を視聴済
・原作と思しきものは未読

前作よりも色々な面でパワーアップして帰ってきた『スパイダーマン』。

"ヒーロー"とは何か? の再定義がテーマの一つ。

蜘蛛の力を得たから人生が変わったのではなく、"スパイダーマン"というヒーローになったがゆえに人生が変わるのがピーター・パーカーであると再認識。

市民とスパイダーマンとの関係(特に子供との絡みが多い)が多く描かれていて、彼がヒーローとしてしてきた結果が終盤描写される。列車のシーンはまさに名シーン。
というか、今作は画になるシーンが本当に多い。名シーン多くない? 常にハイライトじゃん。

映像でいうと、CGの部分の違和感が解消されていた。じっくり観るとあるんだろうけど、それをカメラワークや編集でうまいこと隠してる。映像のパワーアップ。

最初は地獄のような対人関係から始まり、どんどんとピーターが精神的に追い詰められていく。追い詰められ方、冴えない青年の演出が非常に暗くてねちっこい。前作よりもキツイ。
だからこそ、ピーターが真のヒーローとして立ち上がる流れに、カタルシスを感じて最高だった。
シナリオも前作よりパワーアップしている。

あと、ヴィランが基本的にピーターと鏡写しのような存在になっているのは引き続き。
今作はドクターオクトパスことオットー・オクタビアス。知性や、科学に対する期待がまったく同じで、なおかつ科学で身体が変異した存在。"ヒーロー"か"怪物"と呼ばれるかは行動で決まる。

そういえば、MJがなぜ嫌われているのか。この理由はちょっとした私見だけど、一人だけ生々しい人間像だからなのではないだろうか?
"性格が悪い"があんまりしっくり来なくて、行動を見て行ったら利己的な決断をしようとしているイメージがある。こっちの方が得じゃん、みたいな。でもそれを全部取っ払ってピーターとくっつく彼女の決断は結構好き。
悪い性格というよりも、根が善人なキャラが周りに多すぎるのかも……?

個人的に物足りなかったのは、

・若干ダイジェスト感がある
・ピーターの頭の良さが戦闘に活かされていない
・スパイダーマン復活までの経緯をもう少し見たかった
・ドクオックとの最終決戦の盛り上がりが足りなかった

これらがあるが、そもそも2時間であの分量と濃さを凝縮しているのがやはりすごいし、その上でまだ観たいシーンがあるのは本当に面白い映画である証拠だと思う。

前作よりも様々な部分がパワーアップした、"ヒーロー"映画の傑作。
ちなみに、今回はメイおばさんとJJJがいい味出してる。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
NandS
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スパイダーマン」シリーズ関連作品