【ステイホーム週間】巣ごもりにぴったり! じっくり堪能したい“長尺”邦画5本

2020年5月3日 08:00

おうちで映画を楽しもう
おうちで映画を楽しもう

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、今年の大型連休は自宅で過ごしている映画ファンも多いはず。そこで、巣ごもりにぴったりな3時間超えの“長尺”邦画5本をご紹介。どれも見ごたえ、噛みごたえたっぷりの大作ぞろいなので、この機会にぜひ、じっくりご堪能ください。

■「愛のむきだし」(2008年/237分)R15+

「愛のむきだし」
「愛のむきだし」

昨年Netflixで配信された「愛なき森で叫べ」も話題を集める鬼才・園子温監督の代表作で、約4時間にわたり紡がれる異色のラブストーリー。敬虔なクリスチャン一家に生まれ育った男子高校生ユウは、神父である父に毎日「懺悔」を強要され、罪作りのため、盗撮を繰り返す……。ユウ役に映画初出演で主演を飾った「AAA」(トリプル・エー)の西島隆弘。満島ひかり、安藤サクラら、当時はまだ女優としてスタートを切ったばかりの逸材が、圧巻の存在感を放っている。長尺を忘れさせる、怒涛のストーリーテリング。倒錯的な愛憎、さらに洗脳というヘビーな題材を扱いながら、見終わると絶望的なまでの希望が胸に宿るモンスター映画だ。

■「ヘヴンズ ストーリー」(2010年/278分)

「ヘヴンズ ストーリー」
「ヘヴンズ ストーリー」

少女時代に家族を殺されたヒロイン、妻子を殺した犯人を「この手で殺す」と宣言する男性、当時未成年だったその犯人らの運命が、全9章から成る群像劇で交錯する。監督は最新作「護られなかった者たちへ」にも期待が寄せられる瀬々敬久。第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞&NETPAC賞をダブル受賞し、2011年から昨年まで、10年連続でアンコール上映が行われた。短絡的な正論に落ち着かず、見るたびに違った答えを提示する奥深さこそ、長年にわたりファンに支持される理由だ。復讐の果てに、人間は何をつかみ取るのか? あえて身構えず、時間の流れに身を任せながら“体感”することをおすすめしたい。

■「沈まぬ太陽」(2009年/202分)

「沈まぬ太陽」
「沈まぬ太陽」

原作は山崎豊子のベストセラー小説。日本が終戦から復興を遂げ、経済大国へと急成長した激動の時代に、巨大組織の荒波に翻ろうされる男の強い信念と不屈の精神を、海外ロケも敢行し壮大なスケールで描いた。国民航空の労働組合委員長を務める恩地(渡辺謙)は、職場環境の改善をめぐって会社側と争った結果、パキスタン、イラン、ケニアと過酷な海外転勤を強いられる。10年後、本社勤務に復帰した恩地を待っていたのは、自社のジャンボ機が墜落する未曾有の航空事故だった……。コロナ禍で働き方が大いに見直される現在だからこそ、本作が「組織で働くこと」と今一度向き合うきっかけになるはず。

■「日本誕生」(1959年/181分)

日本神話が描く“国造り”を皮切りに、日本武尊(やまとたけるのみこと)の数奇な運命を紐解くスペクタクル大作。円谷英二が特技監督を務めており、八岐大蛇(やまたのおろち)の躍動感あふれる動きをはじめ、さまざまな天変地異を表現する幻想的な映像マジックだけでも、大いに見る価値あり。音楽は「ゴジラ」の伊福部昭。まさに日本の実写ファンタジーの“はじまり”を示唆するダイナミックな作風をじっくりと味わいたい。小椎命、日本武尊を1人2役で演じる三船敏郎のカリスマ性もまばゆいばかり! 平成・令和のイケメンとは違う“圧”がもう……。

■「七人の侍」(1954年/207分)

「七人の侍」
「七人の侍」

日本が世界に誇る巨匠・黒澤明監督の言わずと知れた代表作。誕生から60年以上経った現在も、国内外の映画人に多大な影響を与えている。例えば、ポン・ジュノ監督は「パラサイト 半地下の家族」が第92回アカデミー賞の作品賞を受賞した直後に、来日記者会見を行い、「常に自分の作品が、『七人の侍』のような“クラシック”になってほしいという願望を持っています」と深い敬意を示した。また、ジェームズ・ガン監督(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ)は先日、外出を自粛している映画ファンに向け、おすすめのアクション映画のリストを自身のTwitterで発表し、その中にもしっかり「七人の侍」が含まれていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像41
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ヘンリー
  • インサイダーズ/内部者たち
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 口
  • 静かなる瞳
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「glee」リア・ミシェル、人種差別発言謝罪も元共演者から批判相次ぐ 企業提携も打ち切りに

    1

    「glee」リア・ミシェル、人種差別発言謝罪も元共演者から批判相次ぐ 企業提携も打ち切りに

    2020年6月4日 19:00
  2. 米ワーナー「黒い司法」を無料配信 ブラックアウト・チューズデーに賛同

    2

    米ワーナー「黒い司法」を無料配信 ブラックアウト・チューズデーに賛同

    2020年6月4日 08:00
  3. ホームレスが図書館を占拠!エミリオ・エステベス監督「パブリック 図書館の奇跡」7月公開

    3

    ホームレスが図書館を占拠!エミリオ・エステベス監督「パブリック 図書館の奇跡」7月公開

    2020年6月4日 08:00
  4. 「海底47m」続編舞台は古代マヤ遺跡! ジェイミー・フォックス&スタローンの娘が映画デビュー、7月公開

    4

    「海底47m」続編舞台は古代マヤ遺跡! ジェイミー・フォックス&スタローンの娘が映画デビュー、7月公開

    2020年6月4日 12:00
  5. 通常開催断念のカンヌ映画祭、オフィシャルセレクションを発表 河瀬直美、深田晃司、宮崎吾朗の作品が入選

    5

    通常開催断念のカンヌ映画祭、オフィシャルセレクションを発表 河瀬直美、深田晃司、宮崎吾朗の作品が入選

    2020年6月4日 10:00

今週