愛なき森で叫べ

愛なき森で叫べ
8%
27%
21%
25%
19%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愛のむきだし」の鬼才・園子温によるNeflixオリジナル映画。実在の猟奇殺人事件にインスパイアされて描いたサスペンススリラー。1995年、東京。愛知県から上京してきた家出少年シンは、若者たちによる自主映画の撮影に参加することになり、知人の妙子と美津子に出演を依頼する。彼女たちは高校時代、憧れのクラスメイトが交通事故死した事件からいまだに逃れられずにいた。世間が銃による連続殺人事件に震撼する中、引きこもりとなっていた美津子のもとに、村田という男から電話がかかってくる。「10年前に借りた50円を返したい」という村田に不審感を抱く美津子だったが、紳士的な彼に次第にひかれていく。しかし村田の正体は、冷酷な詐欺師だった。妙子の姉も村田にだまされていたことから彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始めるが……。作中には過去の園監督作を彷彿させるシチュエーションや同じ名前の人物が次々と登場。巧みな話術で人の心を操る詐欺師・村田を「新宿スワンII」の椎名桔平、家出少年シンを「キングダム」の満島真之介、美津子の父を「冷たい熱帯魚」のでんでん、母を元宝塚歌劇団の真飛聖がそれぞれ演じる。Netflixで2019年10月11日から配信。

2019年製作/151分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
園子温
エグゼクティブプロデューサー
坂本和隆
後藤太郎
プロデューサー
武藤大司
ラインプロデューサー
鈴木剛
撮影
谷川創平
照明
李家俊理
録音
西條博介
美術
松塚隆史
装飾
徳田あゆみ
衣装
田口慧
ヘアメイク
佐々木弥生
特殊メイク造型
梅沢壮一
造型
梅沢壮一
編集
増田嵩之
音響効果
渋谷圭介
音楽
加藤賢二
音楽プロデューサー
菊地智敦
キャスティング
下鳥真沙
助監督
松尾大輔
制作担当
山内遊
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5てんこ盛り園子温

Peinyoさん
2020年8月20日
iPhoneアプリから投稿

いろいろてんこ盛りですが、監督が楽しそうで何よりです!
こういう狂った役の椎名桔平はいいよね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Peinyo

1.5日本映画界を代表する鬼才です

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

策士と、彼に嵌められた人たちが翻弄され、赤軍の総括や嘱託殺人のように混沌としてゆく様子が描かれている。

人物は過剰だが、想定の内側にある。
奇矯を気取ってはいるものの、普通の悪人であって、意外な方向へは進まない。
さんざん狂乱は見せられるけれど、それが面白いと思えるほどわれわれは世間ずれしていないわけではない。
結局ペーソスを描くことができないゆえの過激度の深化。寒い。

基本的にこの監督の映画は「いつもより余計に回しております」ということであって、承認欲求は感じても才能は感じない。きっと桐島の前田涼也が大人になったらこんな映画ばっか撮るんだろうな。コドモっぽいです。

この監督がまとっているオレオレな巨匠感もマスコミの持ち上げ方もだいきらい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.0全員気持ち悪くて良い

2020年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.0なんだかんだと言って面白い

2020年2月22日
PCから投稿

園子温は魂を売ってしまったと世間に酷評されていましたが、健在でしたね。多少緩くは作ってはあるものの、
相変わらずの解体シーンは、冷たい熱帯魚と同じ美術さんですよね。
あ、同じ!と笑ってしまうw
しかし桔平ちゃんの怪演もさることながら、満島弟もよく頑張りましたね。
この二人がいたからこそ成立した作品と思います。
リアルとファンタジーを混ぜこぜにするから園子温は不気味な虹彩を放つので合って、
どっちかに寄ってしまうとダメなのかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
茉恭(まゆき)
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る