「透明人間」全米ヒット受け、ユニバーサル「ドラキュラ」リメイクに着手

2020年3月14日 08:00

リメイク版「ドラキュラ」が始動
リメイク版「ドラキュラ」が始動

[映画.com ニュース] リメイク版「透明人間」(リー・ワネル監督)が全米でヒットしたことを受けて、米ユニバーサルが再びモンスター映画を復活させようとしていると、米ハリウッド・レポーターが報じている。

2012年、ユニバーサルはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に触発され、同社の往年のホラー映画を連続リブートする計画を発表。それぞれが同じ物語世界を共有する設定で、一連の作品を「ダーク・ユニバース」と命名した。だが、トム・クルーズラッセル・クロウ共演で「ミイラ再生」をリブートした「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」が批評面・興行面ともに期待を大きく下回ったことから、準備中だったハビエル・バルデム主演版「フランケンシュタインの花嫁」とジョニー・デップ主演版「透明人間」は製作中止に。ダーク・ユニバース計画はわずか1作で頓挫している。

その後、ジェイソン・ブラム率いるブラムハウスが、製作費わずか700万ドルで「透明人間」をリメイク。2月末にユニバーサルが配給した同作は全米No.1でデビューを飾り、全米興収はすでに9800万ドルに到達している。

同作の大ヒットを受け、ユニバーサルとファーストルック契約を結ぶブラムハウスは、リメイク版「ドラキュラ」の準備をスタート。「イーオン・フラックス」や「インビテーション」のカリン・クサマが監督し、フィル・ヘイニック・スパイサーが脚本を執筆しているという。

さらに、「アクアマン」のジェームズ・ワン監督も、ユニバーサル向けに往年のモンスター映画を題材とした新作をプロデュースすることになっているほか、ポール・フェイグ監督(「SPY スパイ」「ラスト・クリスマス」)、エリザベス・バンクス監督(「チャーリーズ・エンジェル」「ピッチ・パーフェクト2」)、ジョン・クラシンスキー監督(「クワイエット・プレイス」)らもそれぞれユニバーサル向けにモンスター映画の企画開発を行っているという。

現在ユニバーサルが準備を行っている企画は、比較的低予算で、それぞれがほかの作品と繋がりのない単独企画であり、映画監督の作家性を生かした作りになっている点がダーク・ユニバースと異なるという。「透明人間」は、5月1日公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • キラー・メイズ
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 死霊の罠
OSOREZONE

Powered by 映画.com