チャーリーズ・エンジェル

劇場公開日:

チャーリーズ・エンジェル

解説

1976~81年にテレビドラマとして人気を博し、2000年にはキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結した映画版も大ヒットを記録した「チャーリーズ・エンジェル」をスタッフ&キャストを一新して再映画化。「トワイライト」シリーズなどで人気のクリステン・スチュワート、「アラジン」のジャスミン役でブレイクしたナオミ・スコット、イギリスの新星エラ・バリンスカが新たなエンジェルたちを演じる。国際機密企業チャーリー・タウンゼント社の女性エージェント組織=通称「チャーリーズ・エンジェル」のサビーナ、エレーナ、ジェーンのもとに、「新開発のエネルギーが兵器化される」という情報がもたらされ、それを阻止すべく3人は命を懸けた戦いに挑む。「ピッチ・パーフェクト」のエリザベス・バンクスが監督を務め、自らも出演。姿を見せないチャーリーに代わり、エンジェルたちに指令を出すボスレー役を務める。

2019年製作/118分/G/アメリカ
原題:Charlie's Angels
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0今の時代に「チャリエン」を作るということ。

2020年3月20日
PCから投稿

オリジナルのドラマ版と、ドリュー、キャメロン、ルーシーの映画二本(リブートのドラマも一瞬だけあったが)、どれを「チャリエン」とすべきかは議論すべきところではあるけれど、おそらく00年代の映画二本は、いまの時代では受け入れられないのではないかと思っている。ガール・パワーを打ち出し、アクションにも挑んだことは当時としても新しかったし、楽しませてもらったが、根本的なところで「女たちは可愛くてバカっぽいのが一番」というメンタリティからは逃れてはいなかったように思うからだ。

そして今回の新「チャリエン」は、完全に今の時代に向いている。極端なほどに。例えば数々の変装(コスプレ)シーンも男目線のお色気サービスに決して寄ろうとはしない。冒頭から「色仕掛け」を否定するところから始まっているのも、作り手側の決意表明だろう。そうやって枷を設けたことでプロットに無理が生じているのは確かだし(それでなくても穴だらけのプロットではあるが)、フェチ要素が減ってつまらないと感じる人がいるのもわかる。が、現代における「チャリエン」としては、この路線の方が、男の視線を前提とした時代よりもはるかに風通しがよく、痛快だと思う。ダメなところ、物足りないところはいっぱいあるけど、そのリベンジも含めてどうかこの体制でシリーズを続けて欲しい。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
村山章

4.0何も考えずに楽しめる

2022年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

映画に、リアルさとか臨場感を求める人には厳しいかもしれないが、キャラクターの魅力だけで充分乗り切れると思った。何なら、日本語吹き替え版でもう一度見直してみようとさえ思っている。それは、オリジナルのテレビシリーズをどの程度踏襲しているのかを確認したいからだ。

いちおう主役のクリステン・リッターはグッドシェイプを保ち、アクションスターにふさわしいムーブを披露している。あくまでもこの映画で大事な要素は「華やかさ」。リアルかどうかは二の次だろう。相棒のエラ・バリンズカとの絶妙な掛け合いは二人のキャラクターをバランスよく対照させて描いてある。新人エージェント役のナオミ・スコットはドジっ子に似つかわしくないクールなルックスですが、そこを上手に隠してコミカルな演技をきめている。さらに引退するボズレーのパトリック・スチュワートと、直接の上司のエリザベス・バンクスとの裏切りの展開も、映画を面白くする味付けにちょうどいい。

「007映画を悪役もひっくるめて全部女優でやっちゃおう」みたいな裏コンセプトがあるんだろうと思うが、映画の中にも不文律があって、例えば子供が殺されるシーンは映さないみたいな、観客が望まない映像は使われない。

凄腕の殺し屋と格闘して互角に渡り合う女エージェントがリアルかと言えば、リアルじゃないとしか言えない。『アトミックブロンド』では、その辺のバランスが実に巧みに描かれていて、芯の強い女エージェントがなりふり構わず必死で立ち回る姿に快哉を叫んだ。『アンロック』では、陰謀に巻き込まれたベテラン女エージェントが、機転を利かせながら生き残っていくプロセスに惹きつけられた。そのどちらも、シャーリーズ・セロン、ノオミ・ラパスというキャリアに裏打ちされた女優のバックボーンがキャラクターの色付けを裏打ちしていた。

きれいな女優がキック一閃で屈強な男をKOするなんて、アクション映画以外じゃありえない展開だが、この映画ではあくまでも華やかさとハードなアクションのちょうどいいバランスを模索した結果なのであって、見ていて呆れるほどの無茶は無いのだ。

極限までおしゃれに、スタイリッシュに冒険と命拾い、陰で糸を引く裏切り者、新人エージェントの悪戦苦闘、ライバル同士の友情の紡ぎ合い。見せ場の連続で、よく出来た映画だったと思う。それを撮り上げたエリザベス・バンクスは、監督としても大仕事を成し遂げたと言っていいだろう。残念なのは、コロナの影響で日本ではさほど話題にもならなかったこと。同じ顔触れで続編を期待するが、コロナ後の世界にエンジェルたちが活躍できる余地があるのだろうか。

2020.10.7

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

3.5チャーリーズエンジェル好きです

2022年8月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

チャーリーズエンジェル好きなので、贔屓してしまうのかもしれないですが、続編に期待してしまいます😀初々しい3人の成長した姿が見たいです😆アクションシーンも大迫力でしたし、過去作品へのリスペクトもあり、ドリューや監督の作品への愛が伝わってきます😄
興行不振ということで、続編は難しいのかもしれないですが、ぜひ続けてほしいです。先輩エンジェルとして、ルーシーとかキャメロン・ディアス、ドリューも登場してほしい😫😫

気になったところは、前作ではほぼ皆無だった殺人描写、この作品の中で1番難しいところだなと思いました。

全体的にコミカルな内容なだけにバイオレンス要素が入ると人の命を軽視するような雰囲気になりますし、かといってシリアスな作風にすると映画の良さがなくなるジレンマ。
漫画でいうとワンピースみたいな感じかな。

前作シリーズはうまいことド派手なスパイアクションとコミカルバトルでまとめてましたが、今回はなんか中途半端に人が死んじゃうシーンがちらほらあって、今ひとつ世界観に浸れなかったところで3.5点😩

痛快スパイアクションをひっさげて帰ってきてほしいです😆😆
チャーリーズエンジェルカモン😆😆

コメントする (0件)
共感した! 1件)
たかみく

3.0興行的には爆死した新チャーリーズエンジェル 。 そんなに悪くはなか...

2022年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興行的には爆死した新チャーリーズエンジェル 。
そんなに悪くはなかったです。エンジェルたちもそれぞれ魅力的でした。
どうしてあのテーマミュージックを踏襲しなかった?それだけで随分違ったのではないかと思う。
それとももう時代に合わなくなってしまったのでしょうか?続編に期待。でもないんでしょうね(笑)
BSフジ吹替版鑑賞

コメントする (0件)
共感した! 1件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全161件)