クワイエット・プレイス
ホーム > 作品情報 > 映画「クワイエット・プレイス」
メニュー

クワイエット・プレイス

劇場公開日

解説

「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。ブラントが主人公となる一家の母親エヴリンに扮し、エヴリンを支える夫のリーをクラシンスキーが自ら演じ、夫婦共演も果たした。聴覚障害を持つ娘役は、自身も同じ障害を持つ「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズ。音に反応して人間を襲う「何か」によって人類が滅亡の危機に瀕した世界で、「決して音を立ててはいけない」というルールを守り、生き延びている家族がいた。彼らは会話に手話を使い、歩くときは裸足で、道には砂を敷き詰め、静寂とともに暮らしていた。しかし、そんな一家を想像を絶する恐怖が襲う。

作品データ

原題 A Quiet Place
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

今“みんなで見る”なら「音を立てたら、即死!」1番正しい《1800円の使い道》この超大ヒットホラー 劇場以外《体験不可》映画.com、映画好き、全米が、クオリティ絶対保証!

他のイベントでは絶対に得られない「緊張感」「一体感」「没入感」をこの秋、劇場で体感しないか? 世界中でスマッシュヒットを記録したサバイバルホラー「クワイエット・プレイス」が、9月28日にいよいよ日本上陸。「音を立てたら、即死」する世界で生き延びようとする家族を描いた本作、はっきり言って緊迫度が異常――まさに“息もできない”ほどの圧倒的なスリルに飲み込まれる。友人や恋人、仲間と一緒に心拍数上昇――映画.comは、本作を“今、みんなで映画館で見るべき映画”として、強く推す!特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
クワイエット・プレイスの映画評論・批評

全米大ヒットを飛ばしたこのホラー映画が気になっている人は、もうキャッチコピーをご存じだろう。「音を立てたら、即死。」。並外れた聴覚を持つ凶暴オヤジの暴走を描いた「ドント・ブリーズ」(2016)を連想させるコピーだが、本作はあのような閉...クワイエット・プレイスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全225件)
  • 設定を巧みに機能させ、異色の家族ドラマにまで高めた傑作 ネタバレ! ホラー映画で「〜してはいけない」というNG事項が突きつけられることはよくあるもの。本作の「音を立ててはいけない」という設定もまさにそれだろうと舐めてかかっていたら、とんでもない返り討ちをくらった... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年9月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/19
  • 「ドント・ブリーズ」の着想の発展形 圧倒的な敵は盲目だが異常に鋭い聴覚を持つ。音を立てると瞬殺されてしまう。これは2016年の傑作ホラー「ドント・ブリーズ」のアイデアを発展させたような設定だ(製作時期が近いので偶然似たのかもしれな... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年9月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/14
  • これホラーなんすかね? ホラーにしてはなんか中途半端な印象です。 エイリアンや遊星からの物体X、ドントブリーズのほうが怖かった。 ...続きを読む

    コウメ コウメさん  2018年10月18日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi