安藤サクラ、柄本佑との夫婦W受賞に歓喜「こんなお祭り騒ぎもうない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月11日 > 安藤サクラ、柄本佑との夫婦W受賞に歓喜「こんなお祭り騒ぎもうない」
メニュー

安藤サクラ、柄本佑との夫婦W受賞に歓喜「こんなお祭り騒ぎもうない」

2019年2月11日 00:15

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本で最も歴史のある映画賞「第92回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月10日、東京・文京シビックホールで行われた。

作品賞に当たる日本映画ベスト・テン第1位、読者選出日本映画監督賞、安藤サクラの主演女優賞と、故樹木希林さんの特別賞も合わせ“4冠”を達成した「万引き家族」。是枝裕和監督は英アカデミー賞に参加のため欠席したが、2004年「誰も知らない」以来の1位獲得に「こうなったら欲張って3度目を目指したい」と意欲のコメントを寄せた。

最も会場を沸かせたのが安藤と、「きみの鳥はうたえる」など3作品で主演男優賞に輝いた柄本佑との夫婦ダブル受賞。公の場でのツーショットは約5年半ぶりで、先に受賞した安藤は「先にしゃべると思わなかったからどうしよう、緊張しちゃって。でも、こんなお祭り騒ぎはもうないから」と感激の涙を流した。

対する柄本は、昨年10月に母の角替和枝さんを亡くし「直接報告することはできなかったが、今日も出てくる時に会場を伝えたのでどこかにいると思う」としみじみ。そして、「母親の口癖は『何もない日万歳』だったけれど、今日は『何もなくない日万歳』と言ってくれると思う」と喜びをかみしめた。

司会者が柄本に同時受賞のコメントを求めると、安藤が「そういうのはいいんです。男はドンと構えていればいい」と制し、夫を立てる一幕も。さらに、父の奥田瑛二から祝福の手紙が読み上げられるサプライズもあり、「安藤家も柄本家も、ワイロは渡していません」とおどけ、仕事のため途中退席した柄本を手を振って見送った。

孤狼の血」で助演男優賞の松坂桃李は、新人賞以来7年ぶりの受賞に「マネジャーが(出演の判断を)ゆだねてくれたのがうれしいと同時に、誰にも渡したくない、絶対にやり遂げてやると思った。7年分の重みをしっかりと受け止め、ひとつひとつ着実に、粛々とやっていきたい」とさらなる意欲。安藤と柄本に対しては、「2人とも心を許せる友だと思っている。夫婦っていいなあと思った」と称えた。

日本映画監督賞と日本映画脚本賞も受賞した「菊とギロチン」と、「鈴木家の嘘」で新人女優賞を射止めた木竜麻生は、「自分にも作品にも誠実に向き合っていきたい」と感涙。同じく「菊とギロチン」が初めての撮影だった寛一郎は、父の佐藤浩市から「おめでとう」とLINEが来たことを明かし、「新人賞はある種の期待値。これからも映画の中でまい進していけたら」と決意を新たにした。

第92回キネマ旬報ベスト・テンは以下の通り。
・日本映画ベスト・テン1位:「万引き家族
・外国映画ベスト・テン1位:「スリー・ビルボード
・文化映画ベスト・テン1位:「沖縄スパイ戦史
・日本映画監督賞:瀬々敬久菊とギロチン」「友罪
・外国映画監督賞:マーティン・マクドナースリー・ビルボード
・主演女優賞:安藤サクラ万引き家族
・主演男優賞:柄本佑きみの鳥はうたえる」「素敵なダイナマイトスキャンダル」「ポルトの恋人たち 時の記憶
・助演女優賞:木野花愛しのアイリーン
・助演男優賞:松坂桃李孤狼の血
・新人女優賞:木竜麻生菊とギロチン」「鈴木家の嘘
・新人男優賞:寛一郎菊とギロチン
・読者選出日本映画監督賞:是枝裕和万引き家族
・読者選出外国映画監督賞:マーティン・マクドナースリー・ビルボード
・キネマ旬報読者賞:立川志らく
・特別賞:樹木希林

(映画.com速報)
万引き家族 通常版DVD[DVD] 万引き家族 通常版DVD[DVD] 最安価格: ¥3,036 是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。
孤狼の血[DVD] 孤狼の血[DVD] 最安価格: ¥3,068 広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報