鈴木家の嘘

劇場公開日:

鈴木家の嘘

解説

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつく。それはひきこもりだった浩一が部屋の扉を開き、家を離れ、世界に飛び出していったという、母の笑顔を守るためのやさしい嘘だった。監督、脚本は橋口亮輔、石井裕也、大森立嗣などの数多くの作品で助監督を務め、本作が劇場映画初監督作となる野尻克己。父・幸男役を岸部一徳、母・悠子役を原日出子、長男・浩一役を加瀬亮、長女・富美役を木竜麻生がそれぞれ演じるほか、岸本加世子や大森南朋らが脇を固める。2018年・第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品され、同部門の作品賞を受賞した。

2018年製作/133分/PG12/日本
配給:松竹ブロードキャスティング、ビターズ・エンド

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)松竹ブロードキャスティング

映画レビュー

4.0右へ左へ揺れながらも力強く前に進んでいく家族の肖像

2018年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

冒頭は怖いくらい深刻だ。なぜこんなことになったのか。何が原因なのか。どうしてこんな情け容赦のない事態が人生に起こり得るのか。あらゆる意味で観る者に動揺をもたらす場面だ。そこで見せる部分と、見せない部分とが、のちの構成に大きく反映されるとは思いもしなかった。かと思えば、冒頭の深刻さを抜けると今度は岸部一徳の飄々とした佇まいと、長男の不在にまつわる「嘘」をめぐって、映画はスラップスティックにも近いコメディの様相へと振り切れる瞬間がある。誰もが”答え”を求めて、すがるようにして右へ左へと振り子を揺らす。時にその演出が煩わしく、もどかしく感じられたのも事実だが、本作を観終わって感じるのは、その余白を経て大きな蛇行を描くように心の旅路を見つめたからこそ、この映画は他にはない深遠なものを、逃げることなく、ごまかすことなく、掴み取ったのではないかということだ。本作でデビューした野尻監督の今後が楽しみだ。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
牛津厚信

5.0若き才能とベテラン勢の理想的な融合。木竜麻生の主演作を切望

2018年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

幸せ

野尻克己の劇場映画監督デビュー作ながら驚くべき完成度。自身の体験を投影した脚本は、緻密な構成で悲劇と喜劇を二本分観たかのような別格の満足感をもたらす。

引きこもりの長男が自死し、残された家族の喪失感と後悔で切なくさせ、短期の記憶をなくした母のために無理筋な嘘をつくドタバタで穏やかに笑わせる。演出の絶妙なバランス感覚。地球のほぼ裏側のアルゼンチンという突拍子のなさ、ラテンの陽気さもいい味だ。

岸部一徳、原日出子、大森南朋ら演技派がそれぞれ持ち味を発揮しているが、とりわけ長女役の木竜麻生が素晴らしい。グリーフケアの集まりで手紙を読むシーンでの神がかった感情表現は涙なしには見られない。新体操の経験者であり、素敵なパフォーマンスでも魅せる。彼女が本格的に動ける年齢のうちに、そのスキルを活かした主演映画を観たいと切に願う。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
高森 郁哉

3.0家族に自殺され残された者をコメディにする意味

2021年12月4日
iPhoneアプリから投稿

コメディではないのかもしれない。

事実をなぞるとまるではたから見たらコメディのように見えるだけとか。

いやそんな事はないだろう。

まず私の持論から。

死体を見て慌てふためいて、取り乱して記憶喪失になるほどの母親を持つ子は、だいたいの場合自殺しない。

だいたいの場合 であって全員ではないが。

人は自分の幸福度を自分の尺度で測るわけで、ホームレスでもなく罪を犯したわけでもなく、衣食住足りていて死ぬ理由などない人、だけれども生きる理由がないと決めてしまった人は死に向かう。

私の知人だった人の中に数人、自殺した人がいる。

彼らはこの現世に自分を繋ぎとめる人間を持っていなかったように思う。
嫌いだなあ、というはっきりした言葉で言い表されるのではなく何かがあまり好まれないオーラを纏っていた。

自分の思う自分の人生と、違ってしまったと思うのか
ゲームのように、一旦クリアしてしまいたくなるのか。

生きるという事への執着が切れてしまう。

妹は確かに、彼にあんな言葉を言うべきではなかった。
死んでもらいたい訳ではなかったのなら。

人はその人の立場になってみなければ、到底わからない苦悩があるのだと、まだ幼い彼女はわからない。
まして、自分の言ってる事が正論であると信じて疑わないならば、言葉は鋭い刃物以上に相手に突き刺さり、
それが きょうだい しかも自分より下の場合、言われた側のなんとも言いようのない悔しさ混じりの憤りは、味わったものにしかわからない感情を生む。

と言った背景の中。

茶化してるように見え、え?って思うとその後すぐにそうではないのだというシーンを繋げる。

目を離すとすぐに死んでしまいそうになる息子とそれを追いかける父親はまるで トイストーリーのフォーキーとウッディだ。でもウッディーは何が何でも諦めずにフォーキーが持ち主にとって如何に重要であるかの生きる意味を説き続ける。
人間である父親は「もう駄目だ俺には無理だ」
って諦めてると言うのに。

(申し訳ない。我が家の車の中で見るDVDが今トイストーリーの1〜4を繰り返し再生されてるので、はからずも何度も何度も熟視する事になってしまっている)

(本当にトイストーリーは良く出来た物語です。
見れば見るほどその出来の良さに感服し、5を心から待ち望んでしまいます。)

大森南朋の役どころは目新しく、こんな演技するのねと思わせられたが、岸辺一徳や  岸本加世子、原日出子などの定番演技の中、私が知らなかった妹の木竜麻生だけが

最初から最後までずっと真剣であり続けているという役回りだ。
その筋を一本通す事でこの映画は成り立っていた。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
asica

1.0暗いし重い、

2021年9月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

概要の解説にあるような「記憶なくしたお母さん」のくだりにいくまでが長い。
風俗の話とかまではいらんやろ、と。

でもそこからはおもしろみもあり話もわかりやすくよかったと思う。

でもでも、それなのに「悩める人の会」みたいなやつであえて重い話を挟んでくるのも、興ざめにも感じた。
そのあとも重い家族のやりとりもあって、全体的にそこまで明るくユーモアを楽しむってかんじでもなかった。

ま、この作品自体がそういうもので、勝手に期待してた俺の受け取り方が違うのかもしれんけど、お母さんのためにがんばる家族を前向きにウソついて明るく楽しく描いたものかと思ってた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
けい
すべての映画レビューを見る(全66件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る