きみの鳥はうたえる
ホーム > 作品情報 > 映画「きみの鳥はうたえる」
メニュー

きみの鳥はうたえる

劇場公開日

解説

「そこのみにて光輝く」などで知られる作家・佐藤泰志の同名小説を、柄本佑、染谷将太、石橋静河ら若手実力派俳優の共演で映画化した青春ドラマ。原作の舞台を東京から函館へ移して大胆に翻案し、「Playback」などの新鋭・三宅唱監督がメガホンをとった。函館郊外の書店で働く“僕”と、一緒に暮らす失業中の静雄、“僕”の同僚である佐知子の3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑い合う。微妙なバランスの中で成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感とともにあった。主人公“僕”を柄本、友人・静雄を染谷、ふたりの男の間で揺れ動くヒロイン・佐知子を「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」で注目された石橋がそれぞれ演じる。

スタッフ

監督
原作
佐藤泰志
脚本
三宅唱
企画
菅原和博
製作
菅原和博
プロデュース
菅原和博
プロデューサー
松井宏
撮影
四宮秀俊
照明
秋山恵二郎
録音
川井崇満
美術
井上心平
衣装
石原徳子
メイク
石川紗織
小道具
平野藍子
音楽
Hi'Spec
助監督
松尾崇
ラインプロデューサー
城内政芳
アソシエイトプロデューサー
寺尾修一
キャスティング
神林理央子
スチール
鈴木淳哉
石川崇子
制作主任
小林大地

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 コピアポア・フィルム
上映時間 106分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

疲れを知らない青春の無為な日々がこの上なく魅力的に、みずみずしく描かれる
きみの鳥はうたえるの映画評論・批評

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」と、バブル末期に自死を遂げた佐藤泰志の小説を映画化し続ける函館のシネマアイリスは、現在の邦画界でもっとも瞠目すべき仕事をしているといってよい。新作「きみの鳥はうたえる」は、まず...きみの鳥はうたえるの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全45件)
  • 何者でもないから自由になれる この映画の3人は何者でもない。それが心地良い。主人公に至っては名前もわからずクレジットも「僕」表記である。何者でもないからこそ、何にでもなれる自由がある。 男2人、女1人の人間関係なのに、彼らの... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年10月30日  評価:5.0
    このレビューに共感した/2
  • クラブ音楽のBGMに馴染めるかどうか 故・佐藤泰志が80年代初頭に発表した小説の映画化で、当時の東京の話を、現代の函館に舞台を移して脚色している。原作にはビートルズのレコードが登場し、"And Your Bird Can Sing"... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年8月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/7
  • 淡い青春の物語を全体で表現している とても共感する部分が多かった ... 淡い青春の物語を全体で表現している とても共感する部分が多かった 声にならない感情がこんなにも伝わることはないだろう 石橋静河の演技は完璧だった ...続きを読む

    Rei Reiさん  2019年1月20日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

バケモノの子 バクマン。 3月のライオン(前編) 3月のライオン(後編)
バケモノの子 バクマン。 3月のライオン(前編) 3月のライオン(後編)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「きみの鳥はうたえる」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi