きみの鳥はうたえる : 映画評論・批評

きみの鳥はうたえる

劇場公開日 2018年9月1日
2018年8月14日更新 2018年9月1日より新宿武蔵野館、ユーロスペースほかにてロードショー

疲れを知らない青春の無為な日々がこの上なく魅力的に、みずみずしく描かれる

海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」と、バブル末期に自死を遂げた佐藤泰志の小説を映画化し続ける函館のシネマアイリスは、現在の邦画界でもっとも瞠目すべき仕事をしているといってよい。

新作「きみの鳥はうたえる」は、まず原作の舞台となった1970年代の東京を現代の函館に置き換えた脚本(新鋭の三宅唱監督が自ら手がけている)が秀逸である。佐藤泰志の作品には、アメリカン・ニューシネマ的な敗者の自己憐憫、70年代的な鬱屈した青春像へのこだわりが強く感じられる。しかし、三宅唱は、あえて、そこに固執することなく、今を生きる、もっともアクチュアルな青春映画の可能性を再定義しようと試みるのだ。

主人公の僕(柄本佑)は失業中の静雄(染谷将太)と共同生活をしている。僕は同じ書店に勤める佐知子(石橋静河)と付き合い始め、三人は夜ごと、酒を飲み、クラブで踊り、ビリヤードに興ずる。

画像1

この映画では、ひと夏という季節を背景に、徹夜で遊び呆けた三人が、明け方、薄明の澄んだ大気に包まれるように街中をふらつくシーンが何度か現れる。ネオンが煌めき、始発の市電が走り始める函館の街の情景の美しさと、ただ、彼らがだらだらと歩行するシーンが際立って印象に残るのだ。日本の青春映画で、疲れというものを知らない筋肉の弛緩や、泡沫のように一瞬で過ぎ去っていく無為な日々が、これほど生き生きと魅力的に、みずみずしく描かれたことはなかったのではないか。

三宅唱は、とりとめのない身振りや表情、断片的に飛び交うダイアローグを通じて、この三人の間で醸し出される親和力、関係のゆるやかな変容を繊細に掬い取っている。その力量はなまなかではない。

柄本佑の一見、ノンシャランで軽佻浮薄なようで、暴力性を秘めた豪胆で太々しい存在感は圧倒的だ。カラオケで絶唱し、クラブで一人踊っている石橋静河が、時おり垣間見せる困惑と歓喜に満ちた表情がすばらしい。

高崎俊夫

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全43件)
  • エンドロールまで作品 原作が読みたくなった。 最後、佐知子が誰を選ぶのか。 ...続きを読む

    you youさん  2018年11月19日 03:01  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 難解だが面白い 別のレビュアーさんが「映画らしい映画。シネコンにはかからない方の。」と言われていた通り。すべてを画面で納得させる映画で、客にストーリーを理解させようという意志が全くない。いや、そもそもストーリー... ...続きを読む

    uttiee56 uttiee56さん  2018年11月18日 00:35  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「やっぱり誠実じゃないんだね」 原作は未読。しかしその構成力はかなりの完成度の高さを窺える。純文学の映画化というカテゴリとしては秀逸なストーリー構成だと唸らせれる。 展開も不規則なスピードで進み、緩慢と唐突が変拍子で畳み掛けら... ...続きを読む

    いぱねま いぱねまさん  2018年11月13日 17:05  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi