海炭市叙景

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
海炭市叙景
28%
31%
31%
4%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

90年に自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の連作小説を、「鬼畜大宴会」の熊切和嘉監督が映画化。谷村美月、加瀬亮、小林薫ら演技派俳優陣が結集する。佐藤の故郷である函館をモデルにした“海炭市”が舞台。造船所からリストラされた貧しい兄妹、立ち退きを拒否する老婆、妻の裏切りに傷つくプラネタリウムで働く中年男、事業と家庭に問題を抱える若社長、息子に避けられ続ける路面電車の運転士など、地方都市の憂うつと再生を繊細なタッチで描きだす。

2010年製作/152分/日本
配給:スローラーナー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2010佐藤泰志/「海炭市叙景」製作委員会

映画レビュー

4.0ご当地映画ではない、2010年を代表する意欲作

2020年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

夭折の作家・佐藤泰志の原作を映画化した、記念すべき第1作。
この後、「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」「きみの鳥はうたえる」とコンスタントに映画化され、それぞれ高い評価を得ているわけだが、その原点といって間違いない。
製作された2009年当時、ここまで地方、市井の人々の疲弊をリアルに描き切った作品はなかった。それゆえ、ご当地映画なるジャンルで括ってはいけない2010年を代表する傑作である。
今作で新境地を開拓した熊切和嘉監督はその4年後、「私の男」で更に大きく羽ばたく事になる。
全ての作品に関わる、シネマアイリスの菅原和博氏が次にどんな一手を放ってくるのか楽しみでならない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

3.0もっと太陽が見たい…

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

う~ん、暗かった…。
だって、太陽の光のシーン、あんまりないんだもん。
やっぱり、地域性なのかなぁ…。
函館って、こんなに暗いの?って、違うか―、この街の一部だよね。
街というより人かな。
オムニバス的だというのを知らずに見たので、あれ?
さっきのはどうなったの?って思っていたら、既に違う人たちの生活だった。
最終的に、路面電車で繋がった感だったけど、ちょっと強引かなぁ…。
函館の明るい部分を感じに行きたくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21

1.0だから何なんだ、と。熊切監督・・・。唯一良いところは、市電の運転手...

2020年5月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

だから何なんだ、と。熊切監督・・・。唯一良いところは、市電の運転手役の方がちゃんと運転していたことです。あれは役者じゃないのかな。本当にそれだけ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kazuyukichatani

4.0郷愁の函館

2019年12月31日
Androidアプリから投稿

函館に旅行したとき、街の賑やかな繁華街は地元民じゃないからと言われたものだが、そんな観光地の地元人間の生活の陰影を垣間見たようだ。
朝市、レンガ倉庫、路面電車、五稜郭、トラピスチヌ、洋館、教会、夜景、坂道。
石川啄木が気に入った街だから、これらが全てだろうと勘違いさせられそうになるが、実は地方都市の観光地のほうが、大都市より確かな陰影と路地がしのびより、かつより鮮明に見えてくるということだろうか。街が凝縮されたような分、切なさも凝縮され、やるせない思いが募る。
函館山から見えるの海峡の光は何を照らしているのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
十二滝わたる
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「海炭市叙景」以外にこんな作品をCheck-inしています。