オーバー・フェンス

劇場公開日:

オーバー・フェンス

解説

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」の原作者・佐藤泰志の芥川賞候補作を、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太ら豪華キャスト競演で映画化。「苦役列車」の山下敦弘監督がメガホンをとり、原作者が職業訓練校に通った自身の体験を交えてつづった小説をもとに、それぞれ苦悩を抱える孤独な男女が共に生きていこうとする姿を描き出す。妻に見限られて故郷・函館に戻った白岩は、職業訓練校に通いながら失業保険で生計を立て、訓練校とアパートを往復するだけの淡々とした毎日を送っていた。そんなある日、同じ訓練校に通う代島にキャバクラへ連れて行かれた白岩は、鳥の動きを真似する風変わりなホステス・聡と出会い、どこか危うさを抱える彼女に強く惹かれていく。

2016年製作/112分/G/日本
配給:東京テアトル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

映画レビュー

3.5函館3部作の3本目 山下敦弘監督らしさが佐藤泰志と融合する面白さ

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

「海炭市叙景」は熊切和嘉監督、「そこのみにて光輝く」は呉美保監督、そして「オーバー・フェンス」は山下敦弘監督と大阪芸大出身の映像作家が3人続く面白さとともに、それぞれの個性が佐藤泰志という夭折の作家が放つ個性と対話を重ねたかのような融合を見せており、実に興味深い。オダギリジョー、松田翔太、蒼井優という日本映画界きっての実力派が佐藤の故郷である北海道・函館で撮影に臨んだというのも意義深い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

4.5かっこよかったー

2022年9月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

知的

オダジョの色気が凄い。あんなにダサい服を着ててもかっこいい。蒼井優のダンスは一流のダンサーレベルかそれ以上。他の役者さんもうまいうまい。脚本も丁寧でおかしなところが無い。最後の方の展開は心躍る感じでした。蒼井優が動物園で暴れるシーンはよく撮ったなーと思いました。オダジョの最後の方の自省の語りは、切なくそして普遍的だなと。人の心を壊しておいて平気な人たちにこの映画を見せたいですね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
かちゅ

5.0意外に笑えるシーン多し

2022年8月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
コブラちゃん

3.0観るなら最後まで。

2022年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Yohi
すべての映画レビューを見る(全113件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る