思い出のマーニー

ALLTIME BEST

劇場公開日

思い出のマーニー
20%
47%
26%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」(岩波少年文庫刊)を、スタジオジブリがアニメーション映画化。物語の舞台を北海道の美しい湿地帯に置き換え、心を閉ざした少女・杏奈が、金髪の少女マーニーと出会って秘密の友だちになり、体験するひと夏の不思議な出来事を描く。札幌に暮らす12歳の内気な少女・杏奈は、悪化するぜん息の療養のため、夏の間、田舎の海辺の村に暮らす親戚の家で生活することになる。しかし、過去のある出来事から心を閉ざしている杏奈は、村の同世代の子どもたちともうまくなじむことができない。そんなある日、村の人々が「湿っ地屋敷」と呼び、長らく誰も住んでいないという湿原の古い洋風のお屋敷で、杏奈は金髪の不思議な少女マーニーと出会い、秘密の友だちになるが……。「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューした米林宏昌の長編第2作。杏奈役はドラマ「GTO」や映画「男子高校生の日常」などで活躍する高月彩良、マーニー役はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした有村架純が、それぞれジブリ作品初参加でアニメ映画の声優に初挑戦。

2014年製作/103分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート

優秀アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2014 GNDHDDTK

映画レビュー

4.5近藤喜文の雫がそこにいた

カメさん
2021年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

夢の中の抽象さと、少女の心の傷をしっかりと具体的に描き、それらを両立させたまま物語は進む。その心のコントラストが素晴らしいと感じる。
宮崎作品のハツラツとした女の子ではなく、影があり、また奥ゆかしさがある。近藤喜文がかつて描いた雫がそこにいた。
物語が進むのではなく、1人の少女の心の変化を追っていく。宮崎・高畑の息がかかっていない本作。今までのジブリとは違うかもしれない。ただ、1人の少女の心の内面をしっかりと描けた素晴らしい作品だと感じる。
何よりも見終わった後に、杏奈の事をとても大事に思い、親身になっている自分自身に気付かされる。これは宮崎作品のキャラクターには感じなかった心情だった。
米林監督は魔法やファンタジーよりも、人間の心を描く作風の方が合っているとさえ感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

3.0誰かに愛されたいという少女達の叫び

Kikiさん
2021年5月9日
スマートフォンから投稿

1回目を見た時、なんか百合っぽいなと感じましたが、2回目を見た時印象が少し変わりました。

今作は、深く掘り下げると、寂しくて誰かを愛したい2人の少女の叫びの映画に感じる。

百合っぽく感じるのは何故だろうと考えた時、マーニーの声が大人びてるからのように感じました。
子供っぽかったら「大好き」という連呼する言葉も友達にいうような感じと、
親の愛情に恵まれなかった2人の(誰か愛したいという)叫びも伝わりやすかったと思う。

マーニーがアンナサイロに置き去りにしてって、アンナが許さない!って怒りに行ったシーン
「わたしを許して」ってマーニーが言っていた所、凄く勝手!と思ったけれど、
エミリに対する気持ちだったのかな…?
それだったら、マーニー全然アンナの事直視してないなと悲しく思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kiki

4.0不思議の国のマーニー

2021年3月28日
iPhoneアプリから投稿

体が弱く中2病っぽくなった主人公が、親に厄介払いされて田舎にいった際に体験した夢と現実の境目体験の話。

主人公が性格が悪く根暗なので、ジブリっぽくなくてそこは新鮮。
田舎に逃避したのに、その田舎内でも不思議な関係に逃避するという、物語の本筋とはズレるが、主人公の不適合性に悲しみを感じてしまう。

一体マーニーとはなんなのか。謎めいていて軽いミステリーにも感じるし、大人的な社会の辛さと子供的なジブリのファンタジーが混ざるとにかく一風変わった作品。
なかなか重い展開で気になるし、ラストに明かされる展開やオチも衝撃的で、切なさが混じる爽快感がある。

面白かったです。この真の良さがわかるという意味では間違いない大人向けのアニメでしょう。子供向けではない。

満足感があります。ジブリの中でもしかすると一番好きかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち

4.0諦めずに最後までみるべし

みみみさん
2020年9月25日
スマートフォンから投稿

だらだらしてるし途中はレズ展開?とも思わせる行動がありますが、最後は感動できました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みみみ
すべての映画レビューを見る(全342件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「思い出のマーニー」以外にこんな作品をCheck-inしています。