そこのみにて光輝く
ホーム > 作品情報 > 映画「そこのみにて光輝く」
メニュー

そこのみにて光輝く

劇場公開日

解説

芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、綾野剛の主演で映画化。「オカンの嫁入り」の呉美保監督がメガホンをとり、愛を捨てた男と愛を諦めた女の出会いを描く。仕事を辞めブラブラと過ごしていた佐藤達夫は、粗暴だが人懐こい青年・大城拓児とパチンコ屋で知り合う。ついて来るよう案内された先には、取り残されたように存在する一軒のバラックで、寝たきりの父、その世話に追われる母、水商売で一家を支える千夏がいた。世間からさげすまれたその場所で、ひとり光輝く千夏に達夫はひかれていく。しかしそんな時、事件が起こり……。

スタッフ

監督
企画
菅原和博
製作
永田守
菅原和博
エグゼクティブプロデューサー
前田紘孝
プロデューサー
星野秀樹
アソシエイトプロデューサー
吉岡宏城
佐治幸宏
キャスティングディレクター
元川益暢
ラインプロデューサー
野村邦彦
原作
佐藤泰志
脚本
高田亮
撮影
近藤龍人
照明
藤井勇
録音
吉田憲義
美術
井上心平
編集
木村悦子
音楽
田中拓人
助監督
山口隆治

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 120分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート
優秀主演女優賞 池脇千鶴

インタビュー

綾野剛、初めて体験した「作品に愛される」ということ
インタビュー

いつしか日本映画界になくてはならない存在としてそこにいる、綾野剛。特に今年の活躍はめまぐるしく、1月から3月まではドラマ「S -最後の警官-」と「闇金ウシジマくん Season2」に出演、そして3月以降は毎月のように主演・出演映画──...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全129件)
  • 神話のような哀しさと美しさ なんと美しい物語。 神話みたいだと感じた。なんというか、ギリシア悲劇のようでもある。 のっけから暗くて重たい雰囲気が漂う登場人物たち。更に彼らは不幸、苦しみの連鎖に襲われる。物語が進むにつれ、不... ...続きを読む

    sannemusa sannemusaさん  2018年8月13日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 菅田将暉の 最後の行動が残念でならない。わかるけど…。 ...続きを読む

    はる はるさん  2018年4月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 希望あるラストはよいが3人でビール「達夫と姉ちゃかんぱーいーっ」て... 希望あるラストはよいが3人でビール「達夫と姉ちゃかんぱーいーっ」ていう場面以外はほぼ全編暗くつらい。 主演の2人の演技もすごいが他の作品とは一線を画する高橋和也の悪役ぶりすごい。菅田将暉はいつみ... ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2018年3月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

怒り 何者 銀魂 デスノート Light up the NEW world
怒り 何者 銀魂 デスノート Light up the NEW world
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「そこのみにて光輝く」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi