そこのみにて光輝く

ALLTIME BEST

劇場公開日

そこのみにて光輝く

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、綾野剛の主演で映画化。「オカンの嫁入り」の呉美保監督がメガホンをとり、愛を捨てた男と愛を諦めた女の出会いを描く。仕事を辞めブラブラと過ごしていた佐藤達夫は、粗暴だが人懐こい青年・大城拓児とパチンコ屋で知り合う。ついて来るよう案内された先には、取り残されたように存在する一軒のバラックで、寝たきりの父、その世話に追われる母、水商売で一家を支える千夏がいた。世間からさげすまれたその場所で、ひとり光輝く千夏に達夫はひかれていく。しかしそんな時、事件が起こり……。

2014年製作/120分/R15+/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
佐藤泰志
脚本
高田亮
企画
菅原和博
製作
永田守
菅原和博
エグゼクティブプロデューサー
前田紘孝
プロデューサー
星野秀樹
アソシエイトプロデューサー
吉岡宏城
佐治幸宏
キャスティングディレクター
元川益暢
ラインプロデューサー
野村邦彦
撮影
近藤龍人
照明
藤井勇
録音
吉田憲義
美術
井上心平
編集
木村悦子
音楽
田中拓人
助監督
山口隆治
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート

優秀主演女優賞 池脇千鶴
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

映画レビュー

4.5佐藤泰志の心と同化してみせた奇跡的な作品

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、試写会、映画館、VOD

夭折の作家・佐藤泰志の原作を映画化する企画としては、「海炭市叙景」に続く2本目に製作されたのが「そこのみにて光輝く」。その後、「オーバー・フェンス」「きみの鳥はうたえる」「草の響き」と合計で5本の映画が存在するが、これが5本それぞれに佐藤の気持ちに寄り添った作風となっているため、メガホンをとった熊切和嘉、呉美保、山下敦弘、三宅唱、斎藤久志という監督陣には畏敬の念すら覚える。
その中で、比較するのも土台無理な話なのだが、「そこのみにて光輝く」という作品は、演出、カメラワーク、役者たちの息遣いなど含めて最も佐藤の心と同化してみせた作品ではなかっただろうかと、コロナ禍で全作品をつぶさに見直してみて改めて感じ入った。
綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉ら俳優陣の仕事ぶりも見事のひとこと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大塚史貴

3.5綾野剛と菅田将暉

tunaさん
2022年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2人はとても存在感ありました。
池脇千鶴がとてもいい感じでいい味出してました。とても良い顔してたと思います。
面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0池脇千鶴の代表作

2022年6月4日
iPhoneアプリから投稿

 2度目の鑑賞。
 綾野剛は安定の演技、菅田将暉も当時はまだ20代前半だったと思うが、凄い子が出てきたなあと思ったのが当時の感想。そして驚いたのが池脇千鶴、こんな役ができるんだ〜と驚いたが、今見てもいいですね、この映画から彼女は脱皮したように思える。
 千夏の家庭の辛い環境からの彼女の日常、女性としての悲しい状況の描き方が女性監督ならではなのか、千夏の描き方が丁寧に感じる。
 それにしてもあのエロ社長、もとジャニーズのアイドルだったのに、近頃すっかりあんなイヤな役が似合うようになったなあ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アンディぴっと

3.5重低音のように深く響く物語

2022年1月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人間模様を丁寧に描いている分、展開がゆっくりだが最後の20分で静かに一気に動き出す。

胸が締め付けられるラストだ。その時の池脇千鶴の表情が堪らない。

綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉の役者魂がスクリーンを超えてビシビシ伝わってくる。いい役者たちのシナジーが上手く生み出されている。
それを見事にまとめあげた監督の演出が素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミニ映画野郎
すべての映画レビューを見る(全179件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る