素敵なダイナマイトスキャンダル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
素敵なダイナマイトスキャンダル
素敵なダイナマイトスキャンダル
11%
42%
33%
13%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実母がダイナマイト心中を図ったという強烈な体験を持つ雑誌編集者・末井昭の自伝的エッセイを柄本佑主演、「パビリオン山椒魚」「南瓜とマヨネーズ」の冨永昌敬監督によるメガホンで映画化。母・富子が隣家の息子とダイナマイトで心中した末井青年。18歳で田舎を飛び出し、昼は工場勤務、夜はデザイン学校という生活から、看板会社への就職、そしてエロ雑誌の世界へと足を踏み入れる。表紙デザイン、レイアウト、取材、撮影、漫画と、あらゆる業務をこなしながら、編集長として「立て!男のエキサイト・マガジン」をキャッチフレーズに雑誌「NEW SELF」を創刊。カメラマンの荒木ら精鋭たちがメンバーとして集い、雑誌は軌道に乗るが、わいせつ文書販売容疑で発禁となってしまう。柄本が主人公の末井役を、尾野真千子が母・富子役を演じるほか、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳らが出演。

2018年製作/138分/R15+/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

映画レビュー

4.0猥雑で豊かな社会

2018年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

昨今はコンプライアンス遵守だったりとか炎上だったりとかで、過激な言動を慎まねばならない空気が万円している。まあ確かに、あけっぴろげにやることじゃないことも多々あるわけだが、社会全体はいかがわしいものに対して急速に厳しくなっている。

そんな今だからこそ、本作の怪しげな、猥雑な、それでいておおらかな時代の空気は新鮮でとても豊かに見える。そんな空気感だからこそ生まれる新しい表現もあるし、生きていける人たちもいる。猥雑なものもあって汚いもの目についてしまうけど、いろいろなことを許容できる社会と、キレイだけれどやってはいけないことだらけの社会とどちらが豊かな社会だろうか。

主人公の末井役を演じた柄本佑は、原作者本人も「他人と思えない」という通りの存在感あるパフォーマンスだった。彼のこれまでで一番良い仕事と言っていいのではないか。脇を固めるキャスト陣もハマり役ばかりだ。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

2.0時代が…

tunaさん
2020年5月30日
iPhoneアプリから投稿

懐かしい時代。作品時代はイマイチで残念だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0R15+ 1984年いきなり前貼り

2020年5月22日
PCから投稿

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

2.0末井昭の自伝なんかどうでもいいか

2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

テアトル製作だったり柄本佑主演だったりでなんとなく観賞。まあ観なくてもよかったかな。まず末井昭の生涯なんて興味もなければ観賞後に興味も沸かなかった。
写真時代なんかブスモデルが多いエロ本で買ったこともなかった。(もらったことはあった)。
このくらい破天荒な人はいくらでもいるんじゃないの。素敵でもなんでもないダイナマイトスキャンダルでした。しかも主題歌を末井昭自ら尾野真千子とデュエットして歌うという職権乱用。誰にも勧めません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん
すべての映画レビューを見る(全50件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る