劇場公開日 2018年3月17日

  • 予告編を見る

素敵なダイナマイトスキャンダルのレビュー・感想・評価

3.350
11%
40%
34%
14%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全50件中、1~20件目を表示

4.0猥雑で豊かな社会

2018年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

昨今はコンプライアンス遵守だったりとか炎上だったりとかで、過激な言動を慎まねばならない空気が万円している。まあ確かに、あけっぴろげにやることじゃないことも多々あるわけだが、社会全体はいかがわしいものに対して急速に厳しくなっている。

そんな今だからこそ、本作の怪しげな、猥雑な、それでいておおらかな時代の空気は新鮮でとても豊かに見える。そんな空気感だからこそ生まれる新しい表現もあるし、生きていける人たちもいる。猥雑なものもあって汚いもの目についてしまうけど、いろいろなことを許容できる社会と、キレイだけれどやってはいけないことだらけの社会とどちらが豊かな社会だろうか。

主人公の末井役を演じた柄本佑は、原作者本人も「他人と思えない」という通りの存在感あるパフォーマンスだった。彼のこれまでで一番良い仕事と言っていいのではないか。脇を固めるキャスト陣もハマり役ばかりだ。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.0昭和元禄。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

街は汚く、店は煙く、大人は胡散臭く、闇は暗かった頃。
昭和元禄を撮るに、常套のハイテンションを避け、飄々として律儀で神妙。
異物として分り易く響く湖畔のあの曲に結局泣いた。
だから微妙。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

2.0時代が…

tunaさん
2020年5月30日
iPhoneアプリから投稿

懐かしい時代。作品時代はイマイチで残念だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0R15+ 1984年いきなり前貼り

2020年5月22日
PCから投稿

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

2.0末井昭の自伝なんかどうでもいいか

2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

テアトル製作だったり柄本佑主演だったりでなんとなく観賞。まあ観なくてもよかったかな。まず末井昭の生涯なんて興味もなければ観賞後に興味も沸かなかった。
写真時代なんかブスモデルが多いエロ本で買ったこともなかった。(もらったことはあった)。
このくらい破天荒な人はいくらでもいるんじゃないの。素敵でもなんでもないダイナマイトスキャンダルでした。しかも主題歌を末井昭自ら尾野真千子とデュエットして歌うという職権乱用。誰にも勧めません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

2.0周りは怪我や病気の人ばかり!そしてメガネは必ず曇っている。

kossyさん
2020年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 けが人なんてのは“出口のない社会の底辺”というものを端的に表していると思うし、メガネが曇ってるのはそのまま末井のセンスを見誤っていたことを表していたのだろう。猥雑な社会にあっても、自らの信念を貫くところ、さらには母親がダイナマイトで自殺というトラウマなんてのも一切見せないところが偉い。ただの変態にも見えるが・・・

 映画の映倫マークがエンドロール後にどんと構えて登場するのも、物語とリンクしていて面白いし、70年代80年代の性表現の規制はこんなものだったという歴史的価値もあるかもしれません。しかし、エロはエロでしかなく、今でいうブラック企業の告発も最初だけだし、権力との闘いも中途半端。それなら大島渚が裁判で闘っていた記録の方が価値がある。どちらかというと、そうした闘争の陰で便乗して儲けた感が強いと感じた。

 結局は波乱万丈でありながらも、その流れを乗り切った男の物語。数奇な運命とも言えるけど、投資には失敗するも最終的にはパチンコ雑誌でまた波に乗る。ボーっと見てたら、単に成功物語にも思えてしまうし、母親(尾野真千子)のエピソードだけでも映画作品として通用するんじゃないかとも思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

3.0良い時代だ、

shinkatoさん
2020年3月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

間延び感あるものの時代描写はかなり良い。アラーキー笑笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shinkato

0.5内容が限りなく透明に近い、最低品質です

2020年1月14日
PCから投稿

あまりに程度が低いので、腹立ちを通り越して、あきれてしまいました。
延々と雑談を見せられている気分です。
時間の無駄です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0エロ雑誌

2019年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

母親が隣に住む男とダイナマイト心中したという経験を持つ主人公(柄本佑)、東京に出て職を転々とするがエロ雑誌で才能が開花する。
昔、見たことのある雑誌や写真家が登場して、とても懐かしい。
サブカルなんてかっこいい言葉のなかった時代だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5【”すえいどん”末井昭の破天荒な半生を柄本佑がきっちりと演じる。出演の役者さんたち、何人分かるかな?】

NOBUさん
2019年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

 ・母親が結核を病んで自暴自棄になったのか、隣家の息子とダイナマイト心中。
 ・デザインの勉強をして、恋人(前田敦子)も出来て・・。
 ・いつの間にか、エロ雑誌の世界で働く事に・・・。
 ・発売した雑誌が次々と発禁処分を受け、発刊、廃刊を繰り返し・・・。
 ・パチンコジャーナリストとして、一生を風靡し・・・

 <転んでも転んでも、へらへらしながら立ち上がる不可思議な男の物語>

<冨永昌敬監督の映画に対する気概を感じた作品。>

<2018年3月24日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5尾野真千子、、彼女の出演作品は必ず観ます。この映画の彼女の役は衝撃‼

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

尾野真千子、、彼女の出演作品は必ず観ます。この映画の彼女の役は衝撃‼

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.0「万引きしたら親父に言うぞ(店主)」

shimoさん
2019年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

4.0いい時代

いつこさん
2018年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

昭和後半って、なんか性に対して純粋?理性のまま?で、なんかいい。今のように厳しく制限された中、こそこそやってるって感じがしなくて、潔い。そんな旦那の仕事を、嫌な気もせず、手伝っちゃうような、できた作品に笑っちゃうような。愛人が当たり前にいるような。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

3.5時代の空気感

2018年12月11日
PCから投稿

末井昭さんがどういう方なのかという予備知識無しで観賞しました。
少しでもご本人について知識があればもっと楽しめたのに…
柄本佑さんと峯田和伸さんが当時の空気感にピッタリはまってて凄く良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

3.5接点のデジタル化

さん
2018年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

記憶からこぼれ落ちてしまったガラクタを、誰かが掃き集め、埃を払って届けてくれたような作品でした。

エロもサブカルも変わらない、とは思うものの、接点がすっかりデジタル化してしまった。
猥雑を追憶するのもたまにはいいのかもしれない。

コンビニのDVDエロ本に、そうじゃないんだよなぁ…なんて思う気持ちにはぴったりの一本でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪

4.5最低だけど、たまらん!

hhelibeさん
2018年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

見終わった後、この世界にもう少し浸っていたくて、映画館から家までSpotifyでサントラ聴きながら歩いて帰った(ほとんど弦楽器の不協和音なんだけど)。
いやーたまらん。最低だけど。最低だけどたまらん。

ストーリーは末井青年が結婚したり転職したり編集長になったり不倫したりするだけなんだけど、ディテールとか空気感がいちいちたまらん。
歩きながらポッケの小銭ばら撒く感じとか、湖での不倫デートのママス&パパスとか。メガネの汚れとか。
みんなちょっとずつ狂ってるのが、なんだかとても落ち着く。

あと、主題歌の「山の音」が素晴らしい。特に歌詞。
テーマ曲も映画にピッタリでかっこいい。菊地成孔はすごいなぁ。「荒木さん」役もとてもよかった。「エロマンチシズムで」とか言ってて。

柄本佑、よくわかんないけど異様に色気がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hhelibe

3.5昭和の勢い

morihideさん
2018年10月31日
iPhoneアプリから投稿

昭和の時代の勢いと猥雑さが入り混じった作品です。
今では感じられないパワーがあります。懐かしい。
映画としては、もう少しテンポ良くして語られてないエピソードを入れるなどして、昭和の高度経済成長を感じさせた方が良いと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
morihide

4.0あの時代の空気を知って欲しい気がするが…

2018年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「ローリング」で完全に化けた感じの冨永昌敬監督。今作は我が青春時代に「エロ&サブカル」を牽引していた末井昭の自叙伝の映画化。

主演の柄本佑が生まれる前の話だと思うが、彼が好きな世界であることは間違いない。

同時代を生きた人間にとってはたまらん作品だが、白夜書房や荒木経惟を知らない人にはどう映るのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
エロくそチキン

3.5そういう時代。

ハチコさん
2018年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

怖い

素敵とかけ離れた彼の生き様が時代を感じさせる。アラーキー役に笑った。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

1.5期待した私がバカでした

halukaさん
2018年9月1日
Androidアプリから投稿

原作からしたら、もっと面白く描けるはずなのになあ。観ててだるかったです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
haluka
「素敵なダイナマイトスキャンダル」の作品トップへ