誰も知らない

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
誰も知らない
28%
53%
15%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

12歳の長男役を演じた柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。父親が異なる4人の兄妹と母の母子家庭。アパートを追い出されないために、父が海外赴任中で母と息子の2人暮らしだと偽って暮らす彼らは、そのため学校にも通ったことがない。だが母親に新たな恋人が出来て、兄妹に20万円を残して失踪、子供たちはなんとか自分たちで暮らしていこうとする。監督は「ワンダフル・ライフ」「ディスタンス」の是枝裕和。

2004年製作/141分/日本
配給:シネカノン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

ノミネート

助演女優賞 YOU

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 柳楽優弥

出品

コンペティション部門
出品作品 是枝裕和
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2004 「誰も知らない」製作委員会 All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0子どもたちのパラダイスと過酷な現実

ローチさん
2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

世間的には悲惨な事件として認識された巣鴨の子ども置き去り事件。実際にそれは悲惨なものであるのだが、そのレッテルが覆い隠したものにこそ是枝監督は焦点を当てる。

子どもを置き去りにする母親の無責任さを断罪すべきという声が、欧米の観客からもあったという。子どもの人権を考えれば断罪すべきかもしれないが、監督にとって映画は誰かを裁くためのものではない。ここで描かれるのは、子どもたちの幸せだった時間。人間の生活は新聞記事ほどシンプルに切り取れるものではない。残酷な事件だが、されだけで彼らの人生は残酷なものばかりだったわけでもない。

断罪にこだわれば別の真実を見落とすだろう。努めて観察的な監督の視点は社会を見つめる上で重要だ。怒りも忘れてはならないのだが、多面的な視点はもっと重要だ。それが残酷な現実であればなおさらそうだろう。是枝監督の視線のあり方は本当に誠実で貴重なものだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ローチ

4.0観終わった後ずっしり来る

hide1095さん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

観終わった後ずっしり来る映画でした☆

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

4.5大人だけが世界ではない

眠井さん
2020年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

この映画を見てまず思い出したのは、「子宮に沈める」という映画だ。両作品とも、親のネグレクト、帰ってこない母親、兄弟を描いている。
最初から最後まで明るい話ではないが、本当に子供たちの表情がリアルで、楽しめるお話だった。(最も、実際の事件を元にしているため、お話であるからこそだが。)

柳楽優弥の演技が圧巻で、あどけないながらもたくましい長男として生きている姿が印象に残った。
やはり私は親が悪いと思う。母親も各々の父親も、ありえないくらい残忍な行為をしていると思う。

この映画を通して、少しでも社会のそういう裏側に目を向けて、幸せになれる子供たち・家族が増えればいいなと心から願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
眠井

4.0始まりからどこか普通じゃない家庭。お母さんが近所にちょっと出てくる...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

始まりからどこか普通じゃない家庭。お母さんが近所にちょっと出てくるような気軽さで家出し、長男は兄弟がバラバラにならないよう家計を管理し、幼い兄弟の面倒を見、金策に走るが、置き去りにされた子どもたちだけの生活はやがて経済的にひっ迫し、精神的にも荒廃していく。
母親や、子供の父親であろう男たち、もっと言えばアパートの管理人、コンビニ店員、子どもたちの周囲にいる大人たちの、程度の差はあれど無関心さが一番心をえぐるものがあった。あまりドラマチックに描かない演出がかえって事態の深刻さを際立たせており、見ていてとてもいたたまれなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お手紙食べるほうのヤギ
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「誰も知らない」以外にこんな作品をCheck-inしています。