誰も知らない

ALLTIME BEST

劇場公開日

28%
54%
14%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

12歳の長男役を演じた柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。父親が異なる4人の兄妹と母の母子家庭。アパートを追い出されないために、父が海外赴任中で母と息子の2人暮らしだと偽って暮らす彼らは、そのため学校にも通ったことがない。だが母親に新たな恋人が出来て、兄妹に20万円を残して失踪、子供たちはなんとか自分たちで暮らしていこうとする。監督は「ワンダフル・ライフ」「ディスタンス」の是枝裕和。

2004年製作/141分/日本
配給:シネカノン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

ノミネート

助演女優賞 YOU

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 柳楽優弥

出品

コンペティション部門
出品作品 是枝裕和
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2004 「誰も知らない」製作委員会 All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0子どもたちのパラダイスと過酷な現実

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

世間的には悲惨な事件として認識された巣鴨の子ども置き去り事件。実際にそれは悲惨なものであるのだが、そのレッテルが覆い隠したものにこそ是枝監督は焦点を当てる。

子どもを置き去りにする母親の無責任さを断罪すべきという声が、欧米の観客からもあったという。子どもの人権を考えれば断罪すべきかもしれないが、監督にとって映画は誰かを裁くためのものではない。ここで描かれるのは、子どもたちの幸せだった時間。人間の生活は新聞記事ほどシンプルに切り取れるものではない。残酷な事件だが、されだけで彼らの人生は残酷なものばかりだったわけでもない。

断罪にこだわれば別の真実を見落とすだろう。努めて観察的な監督の視点は社会を見つめる上で重要だ。怒りも忘れてはならないのだが、多面的な視点はもっと重要だ。それが残酷な現実であればなおさらそうだろう。是枝監督の視線のあり方は本当に誠実で貴重なものだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
杉本穂高

4.5子供たちの素のキラキラ感が眩いくらい切ない

spoonさん
2021年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「泣いたり、叩いたり、血を流したり、それをそのまま撮るのではない
キラキラしていることが切ないような、
そんな残酷さを描きたいと思ってました。---是枝裕和」

是枝監督はテーマ性と、人間描写の撮り方が素敵だな。
長尺の撮り方だからこそ、素の表情が画面を超えて溢れてくる。

悲しく切ないストーリーと、キラキラとした子供たちとの対比が、作品の深みをより一層増す。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
spoon

2.0上から目線

2021年10月22日
iPhoneアプリから投稿

で、いろいろ変えてるけど、これは高評価ではなく低評価つけてもらって話題になってこそなんぼの作品かなって感じ。

それに、社会問題化したいなら変な美化せず、もっと正面からやってほしい。この監督さんはいつもこんな問題提起できますよ目線。

カメラアングルと柳楽優弥さんを発掘したのは良かったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大粒 まろん

3.5子どもたちだけで生きる

2021年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

育児放棄された子どもたちだけで生きる深刻さがテーマ。

テーマが重いが、テーマソングがほのぼのしているだけに最後だけ観れた。
親としての責任の重大さが感じられた。

ゆきちゃんにアポロを大量に買うシーンは悲しかった。
親になってから、再び観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ランニングマン
すべての映画レビューを見る(全88件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る