誰も知らない

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

12歳の長男役を演じた柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。父親が異なる4人の兄妹と母の母子家庭。アパートを追い出されないために、父が海外赴任中で母と息子の2人暮らしだと偽って暮らす彼らは、そのため学校にも通ったことがない。だが母親に新たな恋人が出来て、兄妹に20万円を残して失踪、子供たちはなんとか自分たちで暮らしていこうとする。監督は「ワンダフル・ライフ」「ディスタンス」の是枝裕和。

2004年製作/141分/日本
配給:シネカノン
劇場公開日:2004年8月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

ノミネート

助演女優賞 YOU

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 柳楽優弥

出品

コンペティション部門
出品作品 是枝裕和
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2004 「誰も知らない」製作委員会 All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0子どもたちのパラダイスと過酷な現実

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

世間的には悲惨な事件として認識された巣鴨の子ども置き去り事件。実際にそれは悲惨なものであるのだが、そのレッテルが覆い隠したものにこそ是枝監督は焦点を当てる。

子どもを置き去りにする母親の無責任さを断罪すべきという声が、欧米の観客からもあったという。子どもの人権を考えれば断罪すべきかもしれないが、監督にとって映画は誰かを裁くためのものではない。ここで描かれるのは、子どもたちの幸せだった時間。人間の生活は新聞記事ほどシンプルに切り取れるものではない。残酷な事件だが、されだけで彼らの人生は残酷なものばかりだったわけでもない。

断罪にこだわれば別の真実を見落とすだろう。努めて観察的な監督の視点は社会を見つめる上で重要だ。怒りも忘れてはならないのだが、多面的な視点はもっと重要だ。それが残酷な現実であればなおさらそうだろう。是枝監督の視線のあり方は本当に誠実で貴重なものだと思う。

コメントする 1件)
共感した! 19件)
杉本穂高

4.0苦しかった

2024年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

難しい

これが実際に起こった事件を元にしているなんて信じたくないくらいの悲しすぎる内容でした。
号泣するような悲しさではなくひたすら絶望へと足を進めるしかない救いようのなさが苦しかったです。

誰か児相へ相談してくれれば良いのに、と思っていたけれどもし自分が目撃してもきっと何もできないんだろうな、と思いました。

映画での登場人物が走るシーンがなんだか印象的でした。
苦しみから逃れたくて走っている時、遊んでいて楽しくて走っている時、家族に見捨てられたくなくて走っている時、何か考察があるわけではないのですが撮り方が良いなーと思ってました。

子供達の演技がすごくよかったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ちいかぶ

4.0静かに淡々とした日常の恐ろしさ

2024年5月29日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ニョロ

4.0やっと観た。

2024年4月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

知的

評価が高いのは知っていたので、以前から観ようと思っていたけど今回やっと視聴。ストーリーと実話に基づくという事も知らなくて、衝撃を受けた。
子供の頃の柳楽くんの演技、初めて観た。コレは賞も受賞するな。心に訴えかけてくるものがすごかった。

観ている間中、ずっと胸が痛かった。
健気で素直で、明るい子供達。親は子供を選べないかもしれないけど、子供も親を選んで産まれられない。ダメな親でも親。母親の帰りを今か今かと心待ちにしている。自分を犠牲にしている母親を、家に監禁された状態で。なのに、母親は全く顧みず一向に帰ってこない。

そんな中でも、子供達なりに仲良く生きていて、お兄ちゃんの責任感と子供の純真無垢な輝きに胸が打たれた。

育てる責任を全う出来ない親は、子供を産まないで欲しいと切に願う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きゃな
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る