劇場公開日 2004年8月7日

誰も知らないのレビュー・感想・評価

3.871
28%
54%
14%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全71件中、1~20件目を表示

5.0子どもたちのパラダイスと過酷な現実

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

世間的には悲惨な事件として認識された巣鴨の子ども置き去り事件。実際にそれは悲惨なものであるのだが、そのレッテルが覆い隠したものにこそ是枝監督は焦点を当てる。

子どもを置き去りにする母親の無責任さを断罪すべきという声が、欧米の観客からもあったという。子どもの人権を考えれば断罪すべきかもしれないが、監督にとって映画は誰かを裁くためのものではない。ここで描かれるのは、子どもたちの幸せだった時間。人間の生活は新聞記事ほどシンプルに切り取れるものではない。残酷な事件だが、されだけで彼らの人生は残酷なものばかりだったわけでもない。

断罪にこだわれば別の真実を見落とすだろう。努めて観察的な監督の視点は社会を見つめる上で重要だ。怒りも忘れてはならないのだが、多面的な視点はもっと重要だ。それが残酷な現実であればなおさらそうだろう。是枝監督の視線のあり方は本当に誠実で貴重なものだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
杉本穂高

4.0強いきょうだい

棒人間さん
2020年9月11日
Androidアプリから投稿

悲しい

幸せ

なんでそういう選択をしたんだという感情と、彼らの願いも分かるという感情があり、とても苦しい。苦しい中に垣間見える子どもらしい姿、願いを貫く姿が胸を打つ。
GYAO!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
棒人間

3.0淡々と悲しい

ケイトさん
2020年9月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

ほぼ大人が関わらない子供たちだけの生活。学校にも通ってないことに気づかれず、無関心な人達。肝心な大家さんも、食い下がらずスルーしてしまい、ガクッとしますね。子役たちはリアルすぎて凄いです。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ケイト

3.5事実に基づいたフィクションと言うから…切ない。

tunaさん
2020年8月21日
iPhoneアプリから投稿

事実に基づいたフィクションと言うから…切ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0痛烈な作品。

ケイさん
2020年8月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

劇的なシーンは無くとも、ドキュメンタリーを思わせるような、淡々と進みながらも、恐ろしく、胸が締め付けられるような作品だった。是枝監督の中でも、かなり尖っている作品だと感じる。俳優陣の過度な役作り、台詞などもなく、衣装や映るもの全てがリアリティに溢れ、息づかいや臭いまでもが伝わってくる。周りの社会は彼ら兄弟姉妹のことを誰も知らない、勝手に生きて、死んでいく、無関心。恐ろしくて、これが日本なのかと思うが実話ベース。生んだら生みっぱなしという、母親放棄、責めても仕方ないのかも知れないが、やるせない。この後、どうやって暮らしていくのだろう。遅かれ早かれ、保護されてほしいが、目を瞑ってはいけない日本の現実を見れた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ケイ

5.0問題を知り、何かを感じとり、何かが自分の中で変わる それをやるのは観客たる私達なのだ

あき240さん
2020年6月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こんな怖い映画はなかった
いままで観た中で一番怖くてトラウマになった映画は野村芳太郎監督の名作「鬼畜」だが、それをも上回った
恐ろしく、そして胸糞がわるい

しかし、不思議に涙がでない
明のように心が麻痺してしまった
観終わってしばらく呆然として何も考えれずにいて、寝床に入っても寝付かれない
ゆきちゃんの可愛い見上げる顔と大きな目が消えなかった
その時になってやっと泣いた

鬼畜は1978年の映画
不倫相手に産ませた三人の子供を父がそれぞれ殺したり、捨てたりする物語だった
家族ゲームは1983年の映画
核家族化した日本人の家族は家族の役割を演じるゲームと化しつつあることを描いた
台風クラブは1985年の映画
それでは最早両親すら登場しなかった
ネグレクトされている少年も登場した
核家族は更にすすんで、バラバラの人間が一つの家を共有するだけになり、子供達は子供達だけで台風の夜を過ごすのだ

本作の元になった実際の事件は1988年に起こった
それを予告していたのだ
この事件は台風クラブでの予言を遥かに超えていた
そして本作はその事件を扱って2004年に公開されたのだ

しかし現実は本作をよりも更に超えて来た
2010年大阪2児餓死事件を覚えている人も多いだろう
親と子がバラバラになるだけではない
本作のゆきちゃんと同じ3歳女児と、それより小さな1歳9ヶ月男児の二人をマンションに鍵をかけ閉じ込めて1ヵ月帰らなかったのだ
これは明らかに殺意をもった子供との関係だ
この事件は2013年に「子宮に沈める」とい映画になっているという
恐ろしくてとても観る勇気がない

そして去年2019年には野田小4女児虐待事件が起こった
小4女児が両親の虐待が原因で死亡した事件
女子は反省文をかかされ、子供の字で「許して下さい」と書いてあったという
学校の先生も彼女の虐待の訴えを真面目に取り合わなかったのだ
見殺しにしたのだ

本作では「誰も知らない」だった
無関心でいた
それが最早今では親が子供を殺す、それを先生は「知って」いて、それでも助けない社会にまで来てしまったのだ

これこそ「鬼畜」ではないだろうか?
今私達の社会は鬼畜の社会になり果ててしまった
自分の住む同じ町内、同じマンション、同じ小学校のどこかで同様の事件がまた繰り返されるかもしれないのだ

友人の家はしつけが厳しいが大丈夫なのか?
隣の家から勉強しなさい!との金切り声がするが大丈夫なのか?
余所の家の話だけではない
我が家の小さな子供達もやがて大きくなり独立を果たして、いつしか結婚もして出産もするだろう
果たしてその時娘は、息子は、その子供を虐待をしたりしないだろうか?
いや下手をすると自分がそうなりはしないか?

不安がぐるぐると渦巻く
遠いどこかの異常な事件では無く、いつすぐ近くで、いや自分に直接関わるかも知れない時代なのだ

本作の監督の視線はその現実の行方を見つめる
批判も怒りも主張もない
ただ本当に起こっている、放置出来ない問題を見つめる
目をそらさずみ見つめる
そこには正義を振りかざしたりする姿勢はない
問題を知り、何かを感じとり、何かが自分の中で変わる
それをやるのは観客たる私達なのだ

素晴らしい傑作で、世界的映画賞が与えられて当然だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5みんなが知っている

llさん
2020年6月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

子供4人の周囲には、有名な俳優の人から無名の俳優まで様々な登場人物が登場している。

この映画を観ている、自分や全ての観客がこの周りの大人として当てはまり、心に深く突き刺さる。

監督のコメントでは、善悪を描かず、それぞれの人生に落とし込めればとあるが、
自分であったらどうするか考えざる負えない作りになっている。

主人公の声変わりや反抗期など、子供時代の細かい所まで描かれており、自分の子供の頃の記憶も思い返される。

人ごとではない、大人全員みなくては?と思えた作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ll

4.0観終わった後ずっしり来る

hide1095さん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

観終わった後ずっしり来る映画でした☆

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

3.5これが是枝監督の原点か

2020年5月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なるほど。スター監督になってからこの出世作を観てしまったが、ドキュメンタリー出身のフィルメイカーとして、役者や時代感のリアルさを追求した演出が目に見張るものがある。
どこか本当の日常よりも日常で、それゆえ大きな心の動きは与えられないかもしれないが、ズキズキと心身の奥底に浸透してくる。カンヌ映画祭受賞というのがうなづける。

エンタメの姿をしながら、しっかりと社会問題を切り裂く強さを持った作品をつくっていくのが、是枝監督の最大の魅力ではないであろうか。
ますます一度高みを超えた監督が、次に目指す世界が楽しみで仕方がない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

4.5大人だけが世界ではない

1la4xさん
2020年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

この映画を見てまず思い出したのは、「子宮に沈める」という映画だ。両作品とも、親のネグレクト、帰ってこない母親、兄弟を描いている。
最初から最後まで明るい話ではないが、本当に子供たちの表情がリアルで、楽しめるお話だった。(最も、実際の事件を元にしているため、お話であるからこそだが。)

柳楽優弥の演技が圧巻で、あどけないながらもたくましい長男として生きている姿が印象に残った。
やはり私は親が悪いと思う。母親も各々の父親も、ありえないくらい残忍な行為をしていると思う。

この映画を通して、少しでも社会のそういう裏側に目を向けて、幸せになれる子供たち・家族が増えればいいなと心から願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
1la4x

4.0始まりからどこか普通じゃない家庭。お母さんが近所にちょっと出てくる...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

始まりからどこか普通じゃない家庭。お母さんが近所にちょっと出てくるような気軽さで家出し、長男は兄弟がバラバラにならないよう家計を管理し、幼い兄弟の面倒を見、金策に走るが、置き去りにされた子どもたちだけの生活はやがて経済的にひっ迫し、精神的にも荒廃していく。
母親や、子供の父親であろう男たち、もっと言えばアパートの管理人、コンビニ店員、子どもたちの周囲にいる大人たちの、程度の差はあれど無関心さが一番心をえぐるものがあった。あまりドラマチックに描かない演出がかえって事態の深刻さを際立たせており、見ていてとてもいたたまれなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.5名作

2020年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

『万引き家族』と同じく社会問題を描いた作品だが、俳優陣の優れた演技と、優れた映像に圧倒されるのは、本作も同様だった。
冒頭から描かれる「日常」のリアリティが素晴らしい。
間違いなく「名作」だと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ブースカちゃん

4.5あたり前のことがあたり前でない。

光陽さん
2020年4月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

親と一緒に暮らすこと、友達と遊ぶこと、学校に行くこと、学ぶこと、そんなあたり前のことができない兄弟を描くことによって、そのあたり前のことが当たり前ではなくてとても幸せなことだと気づかせてくれます。
けして楽しい映画ではないけれど、すごくいい映画でした。
子役がみんなすごい上手ですね。
是枝監督のキャスティング力と演出力はさすがです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
光陽

4.0芸術的に美しい柳楽少年達

あつ♪さん
2020年4月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

綺麗でエキゾチックな目が素晴らしい。見終わってから色々と考えさせられた。是枝監督はあの母親をどう思っているんだろうか。私は母親の苦悩も理解できる。子供を4人産んだのは理解できないが、何かしら思うところがあったのだろう。子供達の前では胸を張り、長男には特別に接し、長女には女性扱いをし、小さい子達には楽しく可愛がる接し方は、よく子供達を見ているし、立派だと思う。無責任ではあるが、明るい姿しか見せず、負の姿はこの世から無いものとしている。子供が自分たちのやり方で過酷な現実を必死に乗り越え、胸を張り歩く美しいラストが、目に焼き付いている。
と色々勝手に行間を読んで考えてみたが、監督は一番何を言いたかったのか分かりにくいのと、途中少し長いなと感じたので☆4つ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あつ♪

3.5無関心の恐怖

2020年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

大人の出演は少なく、主に子供たちだけで進んでいくストーリーが斬新!話が本題に入るまでが長くて、是枝監督好きではなかったら挫折していたかも。

ネグレクトの母親、その子供に対するステレオタイプが剥がれました。私のイメージとは違い、母親からの愛情はちゃんと感じるし、暴言や殴るなどの行為は全くない。子供たちも驚くほど、とてもいい子に育っている。家できちんと勉強をし、家事育児をこなしていて、善悪の区別もある素敵な子供…。

初めは隠れるように生きていた子供たちが、オープンな生活を始めても気にかける人が全くいない事に驚愕。と、同時に主人公の明が付き合う「普通の家の子供」も親からの無関心が感じられました。その親たちからの関心があれば明たちの存在に気づけたかもしれないのに…。

コンビニ店員や隣家はどう思ってたのだろう。実際の状況まで想像が及ばなかったのかな。
無知故に、そんな悲惨な状況になってるなんて想像付かなかったのかもしれない。誰かが何かしてるだろう(だから、自分は何かする必要はない)と思ってたのかも。

この映画に限ってはラストが予想が付かず(王道が通用しない)最後は祈るような気持ちでした。
大衆的には好かれないラストだと思いますが、問題提起として満点で、まさにタイトル通りのラストでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

4.0つらい。好きなのか印象が強いだけなのか。

さん
2020年4月13日
スマートフォンから投稿

つらい。好きなのか印象が強いだけなのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鈴

4.5【朗らかな笑顔を湛えつつ、育児放棄の自覚ない母親の姿に戦慄した作品】

NOBUさん
2020年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

 けい子(YOU)の子供達(最初1人、だがトランクから二人出て来て3人)の長男、明(柳楽優弥:誰もが知っている、今作でのカンヌ国際映画祭最優秀男優賞受賞)の気丈で、健気な姿が忘れられない。

 出生届も提出されず、社会的には”存在すら認められていない”3人の子供たちが、いつ帰るか分からない母親を待つ姿。電気も水道も止められた狭いアパートの中で・・。

 悲愴な状況を、遠目の固定アングルを多用した(特に、子供たちの公園での洗濯、洗髪シーンが印象的である。)トーンで淡々と描く是枝監督の斬新なカメラワーク及び秀逸な脚本に圧倒された作品。

<”誰もが知っている” 是枝監督が世界にその名を知らしめた記念碑的作品>

<2004年8月9日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

5.0この子達を守りたい!救いたい!そんな映画でした

2019年11月27日
iPhoneアプリから投稿

なぜ、観たいと思ったのだろう、あたし、、、。
観たことに後悔もないけど、重い。
切なくて切なくて、、、そんな心になる映画でした。

かなり前に観たので、おぼろげではありますが、今でいう、いわゆる虐待の要素もあるのかもと考えてレビュー入れてます。。。

親として、、、子供を守るのは当たり前だと思っていた。。。でも、今の時代ひっきりなしにニュースでは虐待されて亡くなる子供たちの話題は絶えず、、、今、この時間にも傷つけられている子供がいるのかなとも思ったりする。

生きる為に、幼い子供の奮闘や葛藤、母親との会話の中での笑顔は、心に残っています。悲しい。。。

そして、苦しいんだ、あたし。。。
切なくて切なく、心が痛む。

どんな母でも、子供にとって母親。
消して忘れることのできない映画である。。。

あたしは精神病になり、ひと月は保護室にいたので幼い2人と離れた生活を過ごした。
会いたいとか、ひと月はあまり記憶もないのでただ生きていた、、、?生かされていたというか、、そう思う。

退院出来た時心に誓ったのは、偏見の目が家族に向かないように体調が悪くても、身綺麗にして明るく振る舞うことに専念してきた。友達は全て切った。
子供達、家族を守る為必死になって。。。幸せ。

幸せは 守るべき人がいる事で
自分が生きている証でもあると思う!!

上手く言えなくてごめんなさい。。。
ただ、観れば気付くことがあると思います。。。
それだけ、、、伝えたいことは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
のんびりゆっくり

4.0切ない

2019年11月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、試写会、映画館

泣ける

悲しい

こんな家庭が目立つようになってきた様に思う。
昔は無理やり関わりを持たされる村社会的なものがあった為、見つけやすかったのかもしれないが、見つけたからと言ってセイフティネットがある訳じゃない。
誰も知らないはそんな世界にいる子どもたちを乾いた目で見せる。

それにしてもYOU演じる母親がぶん殴ってやりたいくらい腹立たしい。
事情はあるのだろうけど、許し難い。

子どもたちの暮らしは危ういが故にこちらの目を惹き付けるが、崩壊の時が訪れると止まらない。
この展開は辛い。

埋葬する流れは幻想的に装っていたがどうにもできない無力感を感じるのがまた辛い。

私自身が当時は仕事で何度も観る機会があり、未だにBGMを聴くだけで苦しくなる。

作品としては魅せられる作品ではないが、子どもの危うさや結末まで淡々と見せる力(演出力)があると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)

3.0兄弟がすげーうまいな。きっと撮影の前にものすごく時間かけたんだろうなあ。

2019年8月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

兄弟がすげーうまいな。きっと撮影の前にものすごく時間かけたんだろうなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに
「誰も知らない」の作品トップへ