劇場公開日 2004年8月7日

「子どもたちのパラダイスと過酷な現実」誰も知らない ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.855
29%
53%
14%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0子どもたちのパラダイスと過酷な現実

ローチさん
2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

世間的には悲惨な事件として認識された巣鴨の子ども置き去り事件。実際にそれは悲惨なものであるのだが、そのレッテルが覆い隠したものにこそ是枝監督は焦点を当てる。

子どもを置き去りにする母親の無責任さを断罪すべきという声が、欧米の観客からもあったという。子どもの人権を考えれば断罪すべきかもしれないが、監督にとって映画は誰かを裁くためのものではない。ここで描かれるのは、子どもたちの幸せだった時間。人間の生活は新聞記事ほどシンプルに切り取れるものではない。残酷な事件だが、されだけで彼らの人生は残酷なものばかりだったわけでもない。

断罪にこだわれば別の真実を見落とすだろう。努めて観察的な監督の視点は社会を見つめる上で重要だ。怒りも忘れてはならないのだが、多面的な視点はもっと重要だ。それが残酷な現実であればなおさらそうだろう。是枝監督の視線のあり方は本当に誠実で貴重なものだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ローチ
「誰も知らない」のレビューを書く 「誰も知らない」のレビュー一覧へ(全55件)
「誰も知らない」の作品トップへ