沖縄スパイ戦史
ホーム > 作品情報 > 映画「沖縄スパイ戦史」
メニュー

沖縄スパイ戦史

劇場公開日

解説

「標的の村」「標的の島 風かたか」など沖縄基地問題を題材にした作品を手がけてきた三上智恵監督とジャーナリスト大矢英代が、沖縄戦の知られざる真実に迫ったドキュメンタリー。第2次世界大戦末期、連合国軍の上陸により、1945年6月に降伏するまでの3カ月の間に民間人を含む24万人余りが命を落とした沖縄戦。しかし、降伏後も沖縄北部ではゲリラ戦、スパイ戦が繰り広げられていた。その裏には、1944年夏に沖縄の地に渡り、身分を隠して沖縄の各地に潜伏していた工作員養成機関「陸軍中野学校」出身者42人の存在があった。

スタッフ

監督
プロデューサー
橋本佳子
木下繁貴
撮影
平田守
編集
鈴尾啓太
音楽
勝井祐二
監督補
比嘉真人

キャスト

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 東風
上映時間 114分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi