米ディズニー、3年ぶりに世界総興収70億ドル超え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月9日 > 米ディズニー、3年ぶりに世界総興収70億ドル超え
メニュー

米ディズニー、3年ぶりに世界総興収70億ドル超え

2019年1月9日 15:30

世界総興収70億ドルを達成「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」

世界総興収70億ドルを達成
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」や「インクレディブル・ファミリー」などのヒットを連発した、米ウォルト・ディズニーの2018年の世界累計興行収入が73億3000万ドルに到達したと、米バラエティが報じている。

ディズニーは16年に世界累計興収76億ドルを記録しており、70億ドルの壁を突破するのは2度目の快挙。18年の世界興収トップである「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(20億ドル)をはじめ、「ブラックパンサー」(13億5000万ドル)、「インクレディブル・ファミリー」(12億4000万ドル)と、トップ3を自社作品で独占している。

北米興収は、ウォルト・ディズニーとして史上最高の30億9000万ドルに到達。北米を除いた世界興収は42万3000万ドルで、こちらは同社史上第2位の成績となっている。

同社のアラン・ホーン会長は「特にマーベル・スタジオにとって重要な年でした」と、09年に買収したマーベルの貢献を高く評価。「この偉大なスタジオで、最初の10年の締めくくりに作られた『ブラックパンサー』と『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はさまざまな話題を提供し、記録と予想を破ってくれました」。

19年、同社は「ザ・ライオン・キング(原題)」「アベンジャーズ エンドゲーム」「トイ・ストーリー4」「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」など、強力なラインナップを揃えている。

(映画.com速報)
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,394 マーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。
ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,165 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi