インクレディブル・ファミリー

ALLTIME BEST

劇場公開日:

インクレディブル・ファミリー

解説

第77回アカデミー長編アニメ映画賞を受賞したディズニー/ピクサーの大ヒット作「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編。スーパーパワーを持つボブたち家族は平凡な日常を送っていたが、ある出来事をきっかけに、母ヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動をすることに。多忙になった彼女の代わりに家事と育児を任されたボブは、底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘。そんな中、新たな敵が家族の前に立ちはだかる。ブラッド・バード監督が前作に続いて監督・脚本を手がけ、声優陣もボブ役のクレイグ・T・ネルソン、ヘレン役のホリー・ハンターら前作のキャストが続投。日本語吹き替え版もボブ役に三浦友和、ヘレン役に黒木瞳、長女ヴァイオレット役に綾瀬はるか、謎の敵アンダーマイナー役に高田延彦ら前作のメンバーが再集結した。

2018年製作/118分/G/アメリカ
原題:Incredibles 2
配給:ディズニー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5悪人やっつけるより子育てのが大変

2018年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

スーパーヒーロー映画として見た時の本作の特異な点は、日常生活とヒーロー活動が等価に描かれる点だ。前作は、しがないサラリーマンとして苦悩するボブの姿が印象的だったが、今回はボブが家事・育児をしる間、イラスティガールことヘレンがヒーロー活動をすることでさらに日常の大変さが強調されている。

ステレオタイプなアメリカ男なボブは、育児も家事もからっきしである。そんな彼からしたら、ヒーロー活動よりも大変なことである。バード監督は、ここに子育てはヒーローとして平和を維持することと同じくらい重要なことだとメッセージを込めた。
イラスティガールの活躍が多いのも、昨今の女性のエンパワーメント的を支持するハリウッドの潮流も影響あるだろうが、前作で強調できなかったヘレンの元々持っていた一面でもある。

メディアを通じて大衆を洗脳する悪役というのも現代社会を顧みると考えさせられるものがある。スカッとする内容ながら、複雑な社会も反映されている。家族で観て楽しんでからいろいろ議論もできるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

4.0すごいところに踏み込んだものだ。

村山章さん
2018年8月31日
PCから投稿

楽しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
村山章

5.014年の技術進歩を随所で感じる大迫力の続編

2021年12月4日
PCから投稿

前作はピクサーでも指折りでお気に入りでしたが、今作はそれを凌駕する程に
面白い作品でした。

ヒーローが活躍する内容ゆえに戦闘シーンが非常に多く爆発エフェクトや
破壊シーン、各ヒーローの能力の描写などが極めて迫力があり
特に、“一見ダサいスーツのヒーロー達“がいざ動いて戦い始めるとダサさなど
霧散し、実写では難しいアクションを沢山見せてくれてメッチャカッコイイんです。

主人公家族の日々の生活描写も何というか「あ~親ってこうなんか」みたいな
リアルなやり取りをしてまして、この家族の日常とヒーロー活動がうまく混ざり
最後まで楽しめる構成でした。

あと、私イラスティガール(奥さん)がピクサー作品の女性キャラで
一番好きなんですけど(前作で彼女が鏡を見るシーンがとても好き)
本作のあるシーンで華々しいヒーロー活動をして直ぐにでも旦那に話したいけど
子供の世話で疲れてるであろう旦那の手前、何度も家の方は大丈夫?とか
大変じゃなかった?と先に旦那の苦労を気遣い、そして私の事話して良い?
と確認してからとてもハシャギつつ自分の活躍っぷりを話す所が
男の自尊心をよくわかってるええ奥さんって感じがして地味に好きです。

とりあえず、前作好きなら間違いなく面白いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mokusin takatani

4.0理想の続編

2021年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

もちろん面白いし、大満足です。でも、素直に楽しめないとすれば、いつもの考えすぎの虫が頭をよぎること。まぁ理屈なんか忘れて、ひと夏の思い出に、親しい人や家族と、一緒に映画館に出かけましょう。これほどふさわしい映画も他にないと思います。

小さいお子さんと一緒なら、吹き替え版の出来もいいです。まあ、めったにやってないけど、レアな字幕スーパー版を探し当てて見るもよし。前作をたとえ見ていないとしても、まったく問題ありません。

今回、個人的にツボだったのは、スーパー赤ちゃんのジャックジャック。ちゃんとプロの声優さんが声を当てているんですが、どう聞いても自然な赤ちゃんのうわ言のようなセリフばっかりで、これだけでも癒されます。この赤ちゃんのスーパーパワーが、コントロールできないだけにかえってボブを苦しめるトンデモな展開に。これは笑えます。

そしてお母さんのイラスティガールことヘレンが大活躍。クレバーで大胆、鮮やかなアクションは爽快で、見たことのない興奮を味わえます。

さて今回、思い至ったことは、「マイノリティに最大限の配慮をすることが、もはや大作映画には義務付けられる」「ディズニー映画は世界市場を当たり前に意識している」ということです。

パパは育児に専念し、ママがヒーロー活動をすることで一家を支えるという構造は、もはや強いだけのヒーローが必要とされていないことの表れでしょう。ティーンエイジャーのヴァイオレットが持つ悩みは、誰もが感じたことのある痛みで、スーパーヒーローをとても身近な存在に思うことが出来ます。そのほかのヒーロー軍団も、どちらかと言えば、自分のパワーを持て余し、世間からつま弾きにされている「マイノリティ」扱いで、とてもヒーローには見えません。

まるで「X-MEN」を思わせるミュータント軍団のようです。ヒーローが街を救っても、感謝されるどころか、その損害に人々の関心が向くという皮肉は、前作から踏襲されているものの、昨今、ヒーロー映画だらけになってしまった現状では、割と何度でも耳にする話題でもあります。

「スーパーマン」が起源だと思われるミスターインクレディブルも、今では当たり前のキャラクターとして受け入れられ、彼が、結婚してパパになったら?町を破壊して人々から嫌われたら?などと身近な笑いで楽しめましたが、今作ではその路線を拡大しながら、パワーアップし、新キャラの活躍も盛り込んだ、理想的な続編です。

つまり、ヒーロー映画のパロディ作品なのに、そのパロディのレベルをはるかに超えてしまったクオリティの高さに、もはや笑いすら起きずに、ただ「すげー」としか感想の出てこない、お行儀のいい映画になってしまったのです。

唯一不満があるとすれば、前作から続投し、役のイメージに合わなくなった綾瀬はるかさんぐらいですかね。

2018.8.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全271件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「Mr.インクレディブル」シリーズ関連作品

他のユーザーは「インクレディブル・ファミリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。