インクレディブル・ファミリー : 関連ニュース

インクレディブル・ファミリー

劇場公開日 2018年8月1日

関連ニュース:インクレディブル・ファミリー

今夏の北米累計興行収入は前年比14%アップ(2018年9月6日)

9月3日のレイバーデイ(労働者の日)をもって、北米映画興行のサマーシーズンが終わりを告げた。ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、映画館離れが危惧されていたのにも関わらず、今年の北米累計興収は前年比14%以上アップの推定44億ドルに到達した。「ジュラシック・ワールド」「アベンジャーズ」「インクレデ... 続きを読む

【国内映画ランキング】「検察側の罪人」2週連続首位!(2018年9月3日)

9月1~2日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。9月最初の週末は3本の新作がランクインしたが、首位は「検察側の罪人」がキープした。週末2日間で動員28万4000人、興収3億3900万円を稼ぎ出し、累計動員は114万人、興収は14億円を突破している。2位には前週... 続きを読む

【国内映画ランキング】「検察側の罪人」V、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」は7位スタート(2018年8月27日)

8月25日~26日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。8月最後の週末は、「検察側の罪人」が「銀魂2 掟は破るためにこそある」を押さえ、首位デビューした。同作は、原田眞人監督がメガホンをとり、木村拓哉と二宮和也の初共演で、雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化した... 続きを読む

【国内映画ランキング】「銀魂2」V、「七つの大罪」は5位、「ペンギン・ハイウェイ」10位スタート(2018年8月20日)

8月18日~19日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み明けの週末は、3週連続首位だった「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」を押さえ、新作の「銀魂2 掟は破るためにこそある」が初登場首位を獲得した。同作は、空知英秋による人気コミックを小栗旬主演... 続きを読む

所属日本人アニメーターが明かすピクサー流映画作りと「インクレディブル・ファミリー」製作の舞台裏(2018年8月17日)

ヒーロー家族の活躍と日常を描き、全米アニメーション史上歴代No.1ヒットのみならず、全世界でヒットを記録している「インクレディブル・ファミリー」(公開中)。ドリームワークス・アニメーションに約8年在籍したのちピクサーに移籍し、「アーロと少年」「ファインディング・ドリー」「カーズ クロスロード」... 続きを読む

ティーン・チョイス・アワードはMCU&「リバーデイル」が圧勝(2018年8月15日)

米ティーンピープル誌主催「2018ティーン・チョイス・アワード」授賞式が8月12日(現地時間)、ロサンゼルスのザ・フォーラムで開催された。映画部門は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のヒーローたちが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作「アベンジャーズ インフィ... 続きを読む

【国内映画ランキング】「コード・ブルー」V3、上位に変動なく「オーシャンズ8」は5位スタート(2018年8月13日)

8月11~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み前の週末は上位3作品に変動はなく、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が3週連続で首位を堅持した。週末2日間で動員45万5000人、興収6億1300万円をあげ、累計動員は早くも406万人、興... 続きを読む

アカデミー賞「人気映画」部門を新設(2018年8月13日)

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが、「人気映画」部門を新設すると発表した。今年3月に行われた第90回アカデミー賞授賞式中継の全米視聴者数は2650万人と、史上最低を更新。「タイタニック」が11冠に輝いた1998年に歴代最高視聴者数5520万人を記録したものの、その後は下降線を辿って... 続きを読む

「カメラを止めるな!」47都道府県完全制覇!今週末の「バーフバリ」超えも確実に(2018年8月11日)

パンデミックが止まりません。新鋭・上田慎一郎監督がメガホンをとった映画「カメラを止めるな!」の累計上映館数が全国150館にまで拡大することが8月9日に発表され、これで47都道府県の劇場を完全制覇、否、“感染制覇”となりました。観客動員は1日あたり1万人増のペースで推移しており、わずか2館の封切... 続きを読む

サンシャイン池崎、“ヒーロー”斎藤工には「足向けて寝られない」(2018年8月8日)

ディズニー/ピクサー最新作「インクレディブル・ファミリー」の大ヒット御礼舞台挨拶が8月8日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、日本語吹き替え声優を務めた小島瑠璃子、サンシャイン池崎が登壇した。第77回米アカデミー賞で、長編アニメーション賞と音響編集賞に輝いた「Mr.インクレディブル」の続編... 続きを読む

39件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi