GG賞作品賞は「グリーンブック」&「ボヘミアン・ラプソディ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月7日 > GG賞作品賞は「グリーンブック」&「ボヘミアン・ラプソディ」
メニュー

GG賞作品賞は「グリーンブック」&「ボヘミアン・ラプソディ」

2019年1月7日 14:32

主演男優賞に輝いたクリスチャン・ ベール(左)とラミ・マレック「バイス」

主演男優賞に輝いたクリスチャン・
ベール(左)とラミ・マレック
(C)HFPA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が主催する第76回ゴールデングローブ賞授賞式が1月6日(現地時間)に開催され、ファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督がメガホンをとった「グリーンブック」が最多3冠を獲得した。

5部門にノミネートされていた「グリーンブック」は1962年、人種差別が残る米南部でコンサートツアーをする黒人ジャズピアニストのドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、粗野で無教養なイタリア系のトニー・リップビゴ・モーテンセン)を用心棒兼運転手として雇い、黒人用旅行ガイド“グリーンブック”を頼りに旅を始める実話を元にしたストーリー。本作は、コメディ/ミュージカル部門の作品賞のほか脚本賞、アリが助演男優賞を受賞した。

ドラマ部門の有力候補だった「アリー スター誕生」を抑えたのは日本でも大ヒット中の「ボヘミアン・ラプソディ」で、同作は作品賞とフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックが主演男優賞をサプライズ受賞。また、Netflixの話題作「ROMA ローマ」も外国語映画賞と、アルフォンソ・キュアロンが監督賞を受賞し、2冠に輝いた。

なお、日本からは是枝裕和監督「万引き家族」が外国語映画賞に、細田守監督「未来のミライ」がアニメーション映画賞にノミネートされていたが、ともに受賞は叶わなかった。

第76回ゴールデングローブ賞映画部門の結果は以下の通り。

▽作品賞(ドラマ)
ボヘミアン・ラプソディ
▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
グリーンブック
▽監督賞
アルフォンソ・キュアロンROMA ローマ
▽主演男優賞(ドラマ)
ラミ・マレックボヘミアン・ラプソディ
▽主演女優賞(ドラマ)
グレン・クローズ天才作家の妻 40年目の真実
▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
クリスチャン・ベールバイス
▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
オリビア・コールマン女王陛下のお気に入り
▽助演男優賞
マハーシャラ・アリグリーンブック
▽助演女優賞
レジーナ・キングビール・ストリートの恋人たち
▽脚本賞
ニック・バレロンガブライアン・カリーピーター・ファレリーグリーンブック
▽アニメーション映画賞
スパイダーマン スパイダーバース
▽外国語映画賞
ROMA ローマ」(メキシコ)
▽作曲賞
ファースト・マン
▽主題歌賞
“Shallow” 「アリー スター誕生

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi