劇場公開日 2019年4月5日

バイス : 映画評論・批評

2019年4月2日更新

2019年4月5日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにてロードショー

稀代の悪徳政治家を、変化球の演出で相対化した喜劇監督アダム・マッケイの矜持

まず、タイトルが巧い。「vice」は、「vice president(副大統領)」のように役職の前に付く場合は「副;代理」を意味するが、単独の名詞としては「悪徳;悪玉;欠陥」といったネガティブな意味。本作の主人公、ディック・チェイニーに備わる複数の属性を一語で表している。

酒癖の悪いろくでなしの若者が、のちに妻となる恋人リンから叱責され一念発起、インターンとして政治の世界へ。型破りな共和党議員ラムズフェルドから権力を操る術を学び、妻との二人三脚で出世の階段を登り始める。石油関連企業ハリバートンのCEOを経て、ついにジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領に就任。危機にチャンスを見出す才覚と、無理筋な案を相手に納得させる異能により、影響力を着々と強化していったチェイニーを、クリスチャン・ベールが20キロもの増量と特殊メイク、圧巻の演技力で体現した。ラムズフェルド役のスティーブ・カレル、ブッシュ役のサム・ロックウェル、パウエル国務長官役のタイラー・ペリーなど、他の米首脳に扮する面々も思わず吹き出すほどの再現度だ。

監督・脚本のアダム・マッケイは、「俺たちニュースキャスター」シリーズなどコメディを得意とするが、笑いを通じて報道、金融、政治などの問題を風刺するセンスも元々備えていた。そんなマッケイが近年「世界がメチャクチャになりつつある」と危機感を募らせ、社会派路線に舵を切ったのが前作「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(15)であり、その進路は本作「バイス」も変わらない。ただし筋金入りの喜劇人ゆえ、伝記映画や実録物の定型に時折変化球の演出を投げ込み、観客をニヤリとさせる。ニクソン辞任後にラムズフェルドと一緒にホワイトハウスへ意気揚々と復帰する場面は、軽快なカメラワークとBGMも相まってピカレスクロマンのよう。チェイニーが政界を離れ家族と田舎で過ごす中盤の牧歌的シーンでは、「めでたしめでたし」とばかりにフェイクのエンドクレジットが流れる。レストランで悪だくみをするチェイニーらに、ウエイター姿のアルフレッド・モリーナが“法改悪”のメニューを提案するシュールな寸劇も。

本作は、ブッシュを影で操りイラク権益で私腹を肥やしたチェイニーを、憎むべき絶対悪として糾弾する映画ではない。むしろベールの熱演とマッケイの自在な演出により、複雑で繊細で好感さえ覚えてしまうキャラクターになっているのが皮肉でもある。稀代の悪徳政治家を喜劇の手法で相対化する試みは、物事の見方が一面的になりがちな現代への問題提起であり、怒りや憎しみではなく知性とユーモアで真っ当な世界を取り戻す戦いなのだ。

高森郁哉

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「バイス」の作品トップへ