マネー・ショート 華麗なる大逆転

ALLTIME BEST

劇場公開日:

マネー・ショート 華麗なる大逆転

解説

クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーブ・カレル、ブラッド・ピットという豪華キャストが共演し、リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を描いた。「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスによるノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に、「アントマン」脚本などを手がけてきたアダム・マッケイが監督。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞など主要部門を含む合計5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。05年、ニューヨーク。金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く計画を立てる。そして08年、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れる。

2015年製作/130分/G/アメリカ
原題:The Big Short
配給:東和ピクチャーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) クリスチャン・ベール
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) スティーブ・カレル
最優秀脚本賞 チャールズ・ランドルフ アダム・マッケイ
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

5.0かなりドキドキする映画☆

2022年9月20日
スマートフォンから投稿

2008年のリーマンショックでアメリカの住宅ローンが破綻すると悟った4人のチームのアウトローな方々のドキドキする話でした👀

一般人は危機感を感じながらも購入した証券を持つことしかしてないけれど、CDS(証券)を大量に空売りすることで儲けられると彼らは考えてリスクを背負って賭けに出てました☆

話の規模がおっきくて見入っちゃうけど、サブタイトルに華麗なる逆転とあるけど、アメリカ的には逆転ではないのかなとも考えさせられました🥲

なぜならアメリカは800万人の雇用を失い、600万人住居も失い、銀行や政府の不正が露になったし。。。

大打撃をうけたけどこれによって大きく世界がうごいた背景を知れるとても興味深い作品でした🎞🇺🇸

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
酒井美那

3.5知識がないと難しい

adamsmithさん
2022年5月25日
iPhoneアプリから投稿

サブプライムの話だから、ある程度金融の知識がないと面白くない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
adamsmith

4.0リーマン…

みけさん
2022年4月13日
Androidアプリから投稿

ショック…
これは効いた…

が、ほんの些細なマネーゲーム…

アホではないか!と思うほどのショックの中身…💧

こんな事で俺等は…

腹が立ってしょうがなかった!

欲どおしい金持ちのせいで…
それにタカる亡者のような連中のせいで…

これらが全て事実かどうかはよくわからんが、アウトラインはこれだろう。

バカにでもわかるように人間の欲を表してくれてた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みけ

4.0巧みな解説技法

tabletapさん
2022年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

非常にわかりやすい例えや、演者の反応から難解さは感じなかった
本作の解説技法は卓越している

冒頭のマーク・トウェイン(『トム・ソーヤーの冒険』著者)の名言は無視することになるが
本作を見るには少し肩の力抜いたほうが良いのではないかな
わかったつもりで見る視聴者へ皮肉な気分を味わわせる趣向なら中々面白い

米国住宅バブル崩壊を投資家視点から描いた作品
主人公たちの奔走、その一方センメルヴェイス反射している銀行家たちの様子を面白おかしく映している

全くストーリーに関係ない本当にくだらない雑談で図付きの説明
フィクションはフィクションとして明確に説明
メタ的な表現で入る注釈
急に説明に挟み込まれるシェフ、女優
こうした解説技法や笑いの塩梅がとてもよい

名優たちをつかったコメディとして楽しめた
吹替版もとても良い

ただ住宅バブル崩壊の様子を知りたいなら
『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』を見ればいいかな
あちらはドキュメンタリーとして面白い、多分本作も参考にしているだろう

さて、問題の邦題だが"ショート"の意味が金融用語でそもそも馴染みがないのに
わざわざ原題から変えて意味不明にするとは驚愕する
原作本に『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』というとてもいいタイトルがあるのに
「ビッグショート?何の話か分かんねえな、金の話だろ、"マネー"つけとけつけとけ、うーん、そのままだと客入らないから、そうだな逆転劇ってことにしとくか、そんなに違わないだろ、あとは・・・お、ウォールストリートって言えばそういや最近『ウルフ・オブ・ウォールストリート』主演のレオナルド・ディカプリオの作品で『華麗なるギャッツビー』ってのがあったな、よし副題は華麗なる大逆転にしよう!」
って程度の発想にしか思えないが・・・
この手の作品に手をだす客層を理解していない残念な邦題

そして字幕も"401k"と書いて誰が確定拠出年金だとわかるのか・・・
難解だとすればこうした字幕の不親切さがある

良作

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap
すべての映画レビューを見る(全300件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マネー・ショート 華麗なる大逆転」以外にこんな作品をCheck-inしています。