天才作家の妻 40年目の真実

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
天才作家の妻 40年目の真実
天才作家の妻 40年目の真実
14%
59%
23%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベテラン女優グレン・クローズが、世界的作家の夫を慎ましく支えてきた妻に扮し、夫婦の絆や人生の意味とは何かを描いたヒューマンドラマ。主人公ジョーンを演じたクローズは第91回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、クローズ自身にとって7度目のアカデミー賞候補になった。現代文学の巨匠ジョゼフがノーベル文学賞を授与されることになり、ジョゼフと妻のジョーンは息子を伴い、ノーベル賞の授賞式が行われるストックホルムを訪れる。しかし、そこでジョゼフの経歴に疑いを抱く記者ナサニエルと出会い、夫婦の秘密について問いただされる。実は若い頃から文才に恵まれていたジョーンは、あることがきっかけで作家になることをあきらめた過去があった。そしてジョゼフと結婚後、ジョーンは夫の影となり、世界的作家となる彼の成功を支えてきたのだが……。夫ジョゼフ役は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどに出演するベテラン俳優のジョナサン・プライスが務めた。

2017年製作/101分/G/スウェーデン・アメリカ・イギリス合作
原題:The Wife
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)META FILM LONDON LIMITED 2017

映画レビュー

3.5Lighthearted Melodrama

2020年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

This story of a long, complex romantic relationship between a failed writer and his ghost-writer lover has plenty of love-and-family-gone-wrong agony. It's partly a movie-for-women type tale but it's easy to relate with the husband's weaknesses. For all the tear-jerking disappointments, Glenn Close plays the role with sarcastic fatigue, bringing comedic Roseanne-like edge to the Oscar bait.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.5夫婦の秘密は早々に明かされるが、妻の内面こそが核心

2019年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

邦題の「真実」を、作家とその妻が隠し続けてきた秘密だと考えないほうがいい。観る前から予想がつきそうな隠し事だし、序盤でほのめかされ、中盤でほぼ明示的に描かれるからだ。

本作のすごいところは、授賞式のためストックホルム入りした妻の心の動き、その見えざるダイナミクスを終盤の重心に置いたことだろう。いやむしろ、映画全体の重心かもしれない。40年間守ってきた秘密も、受賞作家の浮かれた言動も、晩餐会の日に妻が何を思い何を決断するかを導くための壮大な伏線と言ってもいい。

そんな主人公の揺れ動く心理を繊細に的確に表現したグレン・クローズ、7度目のオスカー候補だそうで、そろそろ受賞させてあげてもよいのでは。親身な態度で夫婦の秘密に迫るクリスチャン・スレイターの秘めた狡猾さが良いアクセントになっていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉

4.0グレン・クローズに脱帽👏👏👏

Runaさん
2021年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

夫婦ってとんでもなく厄介で、
ある種の「契約」なのだと思う。
そして、どこで爆発するかって本当に誰にもわからない。
結局は日々の積み重ねであり、
だからこそ、たった一言が引き金になったりするのよね。。

グレン・クローズ演じる"作家の妻"と、窓の外に降る雪のシーンはとても印象的。

女性の真の強さを感じられる作品。名作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Runa

4.0ずるい男と、愛した女

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ノーベル文学賞受賞の第一報から、授賞式までの数週間という短い時間を舞台とした作品です。
誰も知らないノーベル賞の受賞後の一連の時間帯を舞台にし、贅沢な追体験を楽しむことができる点が、この作品のひとつの(ただし決して第一番目ではないけれど)魅力でした。

ノーベル賞を受賞した小説家の創作活動が、実は奥さんによるものだったというあらすじの映画です。

文学業界の性差別の問題や、情けなさすぎる男性至上主義の問題や、母性ほか、いろんなテーマをうまく調理して、おいしいシチューに煮込みましたという感じで、もちろん主人公のグレン・クローズの演技がピカいちなのは言うまでもありませんが、見事に溶け込んだ美味を味わうことができると思います。

受賞のあとの晩餐会で指名されたダンナのスピーチは必見。
おそらく男性には「奥様への愛情が山ほどこもったスピーチ」にしか聞こえないはずなのに、なぜその後に「この急展開」に突き進んでしまうのか。
これこそがメインテーマかも知れないと思うほどでした。
ネタバレになるので書きませんが、このスピーチのシーンは一字一句聞き逃すことなく、真剣に聞いてみてくださいね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全100件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る