柄本佑&石橋静河&染谷将太の“絆”に終わりの予感「きみの鳥はうたえる」特報入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月2日 > 柄本佑&石橋静河&染谷将太の“絆”に終わりの予感「きみの鳥はうたえる」特報入手
メニュー

柄本佑&石橋静河&染谷将太の“絆”に終わりの予感「きみの鳥はうたえる」特報入手

2018年6月2日 10:00

ティザービジュアルも披露!「きみの鳥はうたえる」

ティザービジュアルも披露!
(C)HAKODATE CINEMA IRIS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]夭折の作家・佐藤泰志さんの初期の代表作を新鋭・三宅唱監督が映画化した「きみの鳥はうたえる」のティザービジュアルと特報映像を、映画.comが先行入手した。主人公の「僕」を演じる柄本佑、共演の石橋静河染谷将太が体現した、常に“終わりの予感”がつきまとう青春の一端を切りとっている。

今作は、郊外の書店で働く「僕」と、友人の静雄(染谷)、2人の男に愛された佐知子(石橋)がつむぐ、悲しくも痛みに満ちたひと夏を描く。佐藤さんの原作の映画化は、熊切和嘉監督作「海炭市叙景」(2010)、呉美保監督作「そこのみにて光輝く」(14)、山下敦弘監督作「オーバー・フェンス」(16)に続き、4度目のこと。メガホンをとった三宅監督が、原作の骨格をそのままに、作品の舞台を東京から函館へ移し、現代の物語として翻案した。

ティザービジュアルは、「僕」と静雄、そして佐知子が函館のクラブで過ごした一夜のシーンを使用している。一方、「1、2、3、4…」とカウントダウンする声が重なる特報映像では、ビリヤードなどに興じる楽しげな3人の様子を活写。やがて「僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした。9月になっても10月になっても、次の季節はやってこないように思える」という「僕」のモノローグが挿入される印象的な構成だ。

映像のバックに流れる音楽を制作したのは、ヒップホップユニット「SIMI LAB」のトラックメーカー・Hi'Spec。三宅監督の「密使と番人」でも音楽を担当しているが、本作では同ユニットメンバー・OMSBとともに出演も果たしている。また、登場人物の心の機微を映し出した撮影は、「Playback」「風に濡れた女」「ミスミソウ」「枝葉のこと」の四宮秀俊が手がけている。

きみの鳥はうたえる」は、足立智充、山本亜依、柴田貴哉水間ロン渡辺真起子萩原聖人も出演。8月25日から北海道・函館シネマアイリスで先行公開され、9月1日より東京・新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

(映画.com速報)
そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,427 何度も芥川賞候補に挙げられながらも賞に恵まれず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志。短い函館の夏を舞台に、生きる目的を見失った男と愛を諦めた女との出会い、そして底辺で生きる家族を慈しむような眼差しで描き、唯一の長編小説にして最高傑作と言われる「そこのみにて光輝く」の、発刊から24年を経て綾野剛を主演に映画化した作品。
オーバー・フェンス 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] オーバー・フェンス 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,545 「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」の原作者・佐藤泰志の芥川賞候補作を、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太ら豪華キャスト競演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi