ミスミソウ

劇場公開日:

ミスミソウ

解説

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる押切蓮介の人気サスペンスコミックを、「ライチ☆光クラブ」の内藤瑛亮監督のメガホンにより実写映画化。東京から田舎の中学校に転校してきた野咲春花は、学校で「部外者」扱いされ、陰惨ないじめを受けることに。春花は唯一の味方であるクラスメイトの相場晄を心の支えに、なんとか耐えていたが、いじめはエスカレートしていくばかり。やがて事態は春花の家が激しい炎に包まれ、春花の家族が焼死するまでに発展。春花の心はついに崩壊し、壮絶な復讐が開始される。主人公の春花役を本作が初主演となる「咲 Saki」の山田杏奈が演じる。

2017年製作/114分/R15+/日本
配給:ティ・ジョイ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28

(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

映画レビュー

4.0初主演映画にスプラッター復讐劇を選ぶ山田杏奈の心意気

2018年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

怖い

はかなげな美少女の山田杏奈、本作が映画初主演だという。本人も所属事務所もよく受けたものだと感心する。凄惨なスプラッター描写にばかり目が行きそうなジャンル映画ではあるが、実はこのヒロイン、悲しみや絶望、激しい怒りといったさまざまな感情をあまり表情を変えず繊細に演じることを求められる難しい役だ。しかも雪が降りしきる極寒地での過酷なロケ撮影で、他の若いキャストたちも含めよくぞ演じきったと思う。

内藤瑛亮監督の作品は『パズル』『ライチ☆光クラブ』を観たが、良い意味で「狂気をはらむ映画」の作り手の有望株だ。これからどんどんメジャーになっていくのだろうが、優等生的な作り手の多い商業映画の世界で異彩を放ち続けてほしい。

コメントする (0件)
共感した! 12件)
高森 郁哉

4.0ホラー映画です

2022年11月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

他人に勧めるにはちょっとホラー感が強すぎますが。胸糞映画が好きな方にはおすすめしたいです。
とても胸糞してます。

ハイスコアガールと同じ人が原作というのが驚きです。

雪の映画、個人的に大好きです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きみまろ

5.0胸糞悪いけど面白い

2022年10月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

漫画読んだことなかったのですが面白かったです。
同調圧力やいじめの問題もそうですが承認欲求からくる自分を幸せにする認められる方法を思いつくのが思春期ならではそして残酷。そんな残酷な現実から抜け出そうと必死な姿も心がいたい。
主人公が復讐していくシーンはなんとも見応えありスカッとする大好きな作品です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
だいちゃん

4.0狂気と愛は同じもの?

2022年6月24日
iPhoneアプリから投稿

家族を殺された主人公が復讐をしていくだけの物語だと思っていたが実際は、狂気と愛が入りまじった物語だった。
人間の汚いところ、愛情をうまく伝えられないところばかりではなく、好きな人のためにここまでするかってぐらい人の見たくないものがつまった映画。人は愛のためにここまで狂ってしまうのか狂えるか・・・
いじめはよくない。その人の人生が変わってしまう。
いじめの理由は他人にはつまらないこと、本人には大事なことなのもしれないけれど、それによって人の人生は大きく変わる。出会いを大事にしてほしい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
のぶやん
すべての映画レビューを見る(全121件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る