大怪獣のあとしまつ

劇場公開日

大怪獣のあとしまつ
8%
19%
28%
20%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドラマ「時効警察」シリーズの三木聡監督が「Hey! Say! JUMP」の山田涼介を主演に迎え、巨大怪獣の死体処理を題材に描いた空想特撮エンタテインメント。人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然死んだ。国民が歓喜に沸く一方で、残された死体は徐々に腐敗・膨張が進んでいく。このままでは爆発し、一大事を招いてしまう。そんな状況下で死体処理を任されたのは、軍でも警察でもなく、3年前に姿を消した特務隊員・帯刀アラタだった。アラタとはかつて特務隊で同僚だった環境大臣秘書・雨音ユキノを土屋太鳳、ユキノの夫で総理秘書官の正彦を濱田岳、爆破処理のプロ・ブルースをオダギリジョー、未曾有の事態に翻弄される総理大臣・西大立目完を西田敏行が演じる。「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズの若狭新一が怪獣造形を担当。

2022年製作/115分/G/日本
配給:松竹、東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

映画レビュー

4.0「時効警察」の三木聡監督が初めて超大作特撮映画に挑む「大怪獣の死後の処理」を描いたシン・ゴ●ラ風の空想特撮エンターテイメント映画。

2022年2月4日
PCから投稿

まず本作は何といっても映画の題材が面白い。これまでの特撮映画では「大怪獣との戦い」を描いてきたのですが、その後の「大怪獣のあとしまつ」については誰も気にもかけていませんでした。
ただ、「この死体、どうする?」というのは、確かに大きな問題です。
その独自性のある企画に松竹と東映が創立以来、初タッグを組んだ、映画界としても歴史的な作品となっています。
この大怪獣が倒れた状態の全高は155mとシン・ゴジラの約1.3倍もの大きさという設定です。
この超巨大な死体は、どの省庁の担当になるのか、も現実問題として出てきます。
そこで政府内の動きが始まるのですが、ここは何といっても「時効警察」の三木聡監督作品です。
三木組には欠かせない(実生活で監督の奥様の)ふせえりは環境大臣役ですが、白いスーツで名前が「れんぶつさゆり」という時点で遊ぶ気満々です。
そう、この作品は文字通りの❝特撮エンターテイメント❞作品なのです。そのため、気をラクにして楽しむ、という姿勢が大事です。
私は三木聡監督映画では「転々」というこじんまりとした作品が最高傑作と思っていますが、本作のような「独自性のある超大作」で思いっきり遊ぶというのもアリだと思います。
そんな世界観の中で、山田涼介と土屋太鳳の真面目な演技の化学反応も良かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 57 件)
細野真宏

4.0三木聡監督らしい特撮エンターテインメントが参上

2022年2月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

Hey! Say!JUMPの山田涼介と土屋太鳳が共演する特撮エンタテインメント。監督、脚本をドラマ「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が務め、大怪獣(最全長380m、最全高155m)の死後の物語を描く。想像を絶する大きさの怪獣と戦うわけではなく、死後の後始末という未知の挑戦は政府と特務隊(首相直属の戦闘部隊)を大いに悩ます。あたかも大きな爆弾が国内に激突したように大怪獣の周りは荒れ果て人が入る余地がない。怪獣とその周りは非常に危険な区域となっている。さらに怪獣は生き物なので日に日に死骸が変化していく。
「倒すよりムズくね?」とモヤモヤしながら政府は何とか国民を混乱させぬよう色々と処理対策を練るが、うまくいかない様は三木監督らしい小ネタがチラチラと見え隠れしていてクスッと笑ってしまう場面もあり、厳しい現場感だけでは終わらないバランスの取れた特撮エンターテインメントになっている。
名前すらない大怪獣は既に亡くなっているにもかかわらず、あえて命名するあたりは絶妙で、お腹を抱えて笑いそうになった。
さまざまな視点で楽しめる映画なので、特撮を大画面で見るためにも映画館がおすすめ。

コメントする
共感した! (共感した人 41 件)
山田晶子

3.0比較するなら「ギララの逆襲」。冒頭でご都合主義とわかったので、自分は楽しめた。

2022年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
GreyWagtail

5.0狙ったのか本気なのか!

2022年5月30日
iPhoneアプリから投稿

٩(🔥ロ🔥)و ̑ある意味すごい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミスター
すべての映画レビューを見る(全434件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る